黒部ダムの観光放水は大迫力!服装とアクセスに気をつけてダムカレーも味わおう【11月21日追記】

2018年11月21日追記情報

黒部ダムは、日本一のアーチ式ダム!建設は、映画の舞台にもなったほど困難を極めた

富山県の東部にある「黒部ダム」

日本各地にダムは存在しますが、この「黒部ダム」は言わずと知れた、観光名所でもありますよね。

その歴史は古く、1963年にはすでに黒部ダムは完成していたんです。

第二次世界大戦後、関西地方では深刻な電力不足が社会問題となっていました。

その打開策として、黒部峡谷での水力発電が「関西の消費電力を賄うことができる」唯一の方法として黒部ダムの建設に至りました。

しかし当時は、人が黒部峡谷に行くこと自体が困難で、命がけでもありました。

ツイートでもご紹介されていますが、転落などの事故によって171人が命を落としています。

このような犠牲があった上で、私たちが生活できているという背景も、黒部ダムを訪れる際に知っておきたいですね。

黒部ダムの放水が見られるのは、6月下旬~10月中旬の間だけ!

黒部ダムは、年中放水しているというわけではありません。

その期間は毎年決められていて、2018年度は6月26日(火)~10月15日(月)となっています。

時期によっては放水時間が異なっているので、こちらの表を参考にしてください。

6/26~7/31 6:00 ~ 17:30
8/1~9/10 6:30 ~ 17:00
9/11~10/15 7:00 ~ 16:30

また、黒部ダムを観光できる期間も2018年4月15日(日)~11月30日(金)と決まっていますので、注意してくださいね。

この期間は、年によって変わることもあるので、詳しくは公式サイトをチェックしてくださいね!

黒部ダム 放水

また、黒部ダムの放水はいろいろな地点から見ることができます。

見える景色の印象も違うので、さまざまな角度から黒部ダムを楽しんでみてくださいね!

黒部ダム放水期間:
2018年6月26日(火)~10月15日(月)

6/26~7/31 6:00 ~ 17:30
8/1~9/10 6:30 ~ 17:00
9/11~10/15 7:00 ~ 16:30
黒部ダム観光期間:
2018年4月15日(日)~11月30日(金)

放水していない期間の黒部ダムも◎!

先ほども少しご紹介しましたが、黒部ダムの放水は6月26日に始まり、10月15日で終了してしまうので、この期間以外は放水していない期間となっています。

放水していない期間は静かな黒部ダムを楽しむことができ、雄大な景色を一望することができますよ。

放水していないのにも関わらず、壮大な景色に衝撃を受けたという方も多いのだとか。

黒部ダムでは、ライブカメラを導入しているので混雑状況や、放水状況を確認することができますよ!

60秒ごとに映像が更新されるので、リアルタイムの黒部ダムをチェックすることが可能です!

ライブカメラの映像はこちらから確認してください。

黒部ダムの気温は夏でも平均10℃前後!服装や靴に気をつけて出掛けましょう

ツイートでも触れられていますが、黒部ダムは標高が高いため、地上で暮らしている気温とはかなりの差があります

気象庁の過去の気象データ検索で、黒部ダム付近の過去データを検索しましたが、欠測か観測を行っていないため、過去の気温データを調べることができませんでした。

ですが、黒部ダムは標高1400メートル以上の場所にあるため、夏でも上着が必要な場合があります。

着脱がしやすい上着が1枚あると便利ですね。

晴れている日は日差しが強く、紫外線もあるので、帽子は必須。

また、黒部ダムはトレッキングコースなどもあり、歩きながら楽しめる場所もあるので、お出かけの際は履き慣れたスニーカーが安心です。

黒部ダムの気温は?4月でもまだ雪が残っている!

4月といえど、やはりまだまだ寒い様子。

4月でも雪が残っているので、やはりすこし暖かめの長袖がいいかもしれませんね。

ただ、日差しが強い日だと暑くなることもあるので、暖かい服1枚で行くというよりは、脱いだり着たりできるような上着が良さそうです。

黒部ダムの気温は?夏でも10℃台!雨だとさらに寒い!

猛暑といわれ、40℃もたたき出すレベルだった2018年夏。

同じ時期でも、黒部ダムでは10℃台の気温なんです。

同じ本州なのに、こんなに気温が違うとは驚きですね・・・!

もはやここまで来ると、黒部ダムに来る際は、長袖のみでOKというような感じもします。

公式サイトにもありますが、日差しが強いので日焼け対策のためにも、夏でも長袖の方がいいかもしれませんね!

黒部ダムの気温は?10月はもう冬の寒さ!

10月といえば、秋の紅葉が美しく、暑くもなく寒くもない過ごしやすい季節のはず。

ですが、黒部ダムではこの考えがまったく通用しないんです!

ツイートでも紹介されていますが、10月下旬の時点ですでに2℃

北海道の寒さ対策をするのと同じような感じですので、秋に行かれる方は、しっかりと防寒対策をしてお出かけください。

黒部ダムの公式サイトには、現在の気温と天気を確認することができるので、お出かけ前にぜひチェックしてみてくださいね!

また、公式サイトには、基本的な服装や持ち物も掲載されています。

黒部ダム 服装 持ち物

こちらもぜひ参考にしながら、黒部ダムを楽しんでくださいね!

そのほかにも、手荷物安全対策についても注意事項がありますので、公式サイトを要チェックです!

立山駅からは5つの乗り物を乗り継がなければならず、アクセスが大変!時間もお金もかかる模様!

黒部ダムへは、扇沢(おうぎざわ)駅側(長野)から行くパターンと、立山駅側(富山)から向かうことができます。

黒部ダム アクセス

※タップで拡大表示ができます。

このように、扇沢駅側と立山駅側から行くことができますが、立山駅側から行くと、5つの乗り物を乗り継ぐ必要があるんです。

5つも乗り継ぎをして立山駅側から黒部ダムへ向かうと、交通費もかさみます。

また、黒部ダム付近には、車では行くことができません

最寄り駅の扇沢駅と立山駅までは車で行くことができますが、そこからはバスなどで黒部ダムへ向かいます。

どちらの駅にも駐車場が完備されているので、最寄り駅までは車で行くのがオススメですよ。

どちらの方向から来ても大丈夫ですが、扇沢駅側からの方が乗り継ぎが少なく、ラクに到着できますね!

扇沢駅から乗る「関東トンネルトロリーバス」は聞きなれない名前ですが、それもそのはず。

このバスは、日本で唯一電気で走るバスなんです。

日本で乗れるのはここだけしかないので、どんな感じの乗り心地なのかワクワクしますね!

扇沢駅から黒部ダム駅までは1時間に2本程度運行しています。

時刻表は、こちらのページを確認してくださいね!

余裕のある方は、立山駅(富山側)から景色を楽しみながら黒部ダムに向かうのもいいでしょう。

黒部ダムまでの5つの乗り継ぎの合計が大人料金で片道6,750円かかるのため、往復だと1万を越える計算になります。

しかし、値段以上に素晴らしい景色を見ることができるので、立山駅側からのルートも捨てがたいんです・・・!

立山駅~扇沢駅までは、立山黒部アルペンルートと呼ばれ、各乗り物にのりながら、雄大な景色を眺めることができますよ!

ここは異国なのでは・・・?と思わずにはいられない景色に、しばし見入ってしまいますね・・・。

好きなルートで黒部ダムに足を運んでみてくださいね!

立山黒部アルペンルートの時刻表が一覧にまとまった便利なページがあるので、ぜひご活用ください!

立山黒部アルペンルートの時刻表
長野(扇沢駅)→富山(立山駅)時刻表はこちら
富山(立山駅)→長野(扇沢駅)時刻表はこちら

関電トンネルトロリーバスが廃止される・・・2018年11月30日まで!

先ほどアクセスでもご紹介した「関電トンネルトロリーバス」は、2018年11月30日で廃止されると公式サイトで発表されています。

ラストランには多くの方が来場する可能性があるため、トロリーバスの最終便の乗車には整理券が必要となっています。

整理券の配布については、こちらのページから確認することができますので、チェックしてみてくださいね。

また、これ以降の黒部ダムへのアクセスについては、トロリーバスから、充電式の電気バスに変更される予定です。

名残惜しいですが、新たに走行する電気バスがどんな感じになるのか楽しみでもあります。

11月30日まであとわずかですが、30日の最終便までトロリーバスが元気に走行できるよう、見守りたいですね!

昼食には黒部ダムカレーがおすすめ!デザートには黒部ダムカレーソフトも

黒部ダムカレー

黒部ダムカレーとは2009年に長野県側の大手町市の取り組みとして考案され、黒部ダムの特徴を散りばめたオリジナルのカレーのこと。

ダム湖面:ほうれん草ペーストで色合いを表現したルー。
ダム(えん堤):ライスは地元大町産のひとめぼれを使用。
放水:ポテトサラダ。
放水の水しぶき:キャベツの千切り。
コンクリート壁:らっきょう。
流木とガルベ:ヒレカツ。
対岸の木々:パセリ。

というモチーフとなり、他店でもこの形が取り入れられるようになりました。

※ガルベについては、日本一高い場所にある遊覧船「ガルベ」に乗って黒部湖のクルーズを満喫!で詳しくご紹介しています。

各店様々な種類がありますが、黒部ダムのアーチ型をイメージしたご飯の形は面白いですよね。

黒部ダム駅のすぐ近くにある「黒部ダムレストハウス」で頂くことができるカレーは、ダム湖をイメージしたグリーンカレーで、再現率も高く、美味しいと人気ですよ!

グリーンカレーはほうれん草ペーストとなっているので、苦手な方は注意してくださいね!

また、新たにお子様用の黒部ダムカレーもメニューに追加されました。

じゃがいもや唐揚げがトッピングされた普通のカレーなので、野菜が苦手なお子様でも食べられるのではないでしょうか?

こちらは扇沢駅の2階にある「扇沢レストハウス」

こちらはグリーンカレーではなく、万人受けする味がこだわりのビーフカレーの黒部ダムカレー。

程よい辛さとなっていて、子供でも食べることのできるように配慮されていますよ。

メニューの中にはグリーンカレーもありますが、「黒部ダムレストハウス」のグリーンカレーとは違い、ホワイトカレーがベースとなっていて、ほうれん草のピューレで色づけされています。

グリーンカレーにも挑戦してみたい!という方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

こちらのお店にもお子様用の黒部ダムカレーがあるので、家族連れでも安心してご利用いただけますよ。

黒部ダムに1番近いホテルでもある「くろよんロイヤルホテル」「レストランりんどう」で頂くことのできる黒部ダムカレーは、白米ではなく、長野県産の紫米と、長野県産のコシヒカリをブレンドしたものとなっています。

カレーのルーも4日間も寝かせて熟成しているというこだわりぶり。

コンテストでは全国からの出展で3位に入賞したほどの実力のあるお店なんです!。

見た目も今までの「黒部ダムレストハウス」や「扇沢レストハウス」のカレーとは違いますよね。

見た目だけでなく、味にもこだわり抜いている「くろよんロイヤルホテル」の黒部ダムカレーをぜひご堪能ください!

ソフトクリーム

黒部ダムカレーでもご紹介した、「黒部ダムレストハウス」では、「黒部ダムカレーソフト」をいただくこともできます。

見た目の色は抹茶ですが、味はまさかのカレー味!!

しかもお好みでカレーの粉末をトッピングできるという仕様になっているんです。

ソフトクリーム=甘いという概念なので、なかなか勇気がいりますが、食べてみると意外といけるようで美味しいという口コミも多く見られます。

味の美味しさに好みはありますが、黒部ダムに行った記念にぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

同様の「黒部ダムレストハウス」では、木苺ソフトクリームも注文することができます。

カレー味とは違い、こちらは濃厚ないちご味なので美味しさは抜群ですよ!

カレーソフトを食べる勇気がない・・・という方は、木苺ソフトクリームをご賞味ください!

黒部ダムでは、午前中に日が差すと、きれいな虹が見えることもある

黒部ダムは、毎秒10トンもの水が霧状となり放水されています。

運が良ければ、放水にかかる綺麗な虹を見ることができますよ!

虹を見ることのできる条件は、午前中に日が差すこと

天気がいい日でないと、綺麗な虹を見ることができません。

また、虹が見られるのは午前中なので、天気のいい日の午前中に黒部ダムに向かいましょう!

日本一高い場所にある遊覧船「ガルベ」に乗って黒部湖のクルーズを満喫!

黒部湖では遊覧船「ガルベ」に乗ることができます。

満水時では湖面の標高が1,448mと日本一の高さを誇っているので、日本一の高さで遊覧船に乗ることができるんです!

黒部峡谷を30分かけて一周し、黒部湖に広がる自然を間近に感じることができ、黒部ダムを心地よくクルーズできますよ!

料金は大人1,080円小人540円となっています。

運行期間は6月1日~11月10日となっているので、これ以外の期間にお越しの方は注意してくださいね!

また、6月1日~11月4日11月5日~11月10日では「ガルベ」の運行時間が異なるので、時刻表は必ず確認してくださいね!

「ガルベ」の時刻表はこちら

黒部ダムの思い出に、ふぉっとダムで記念写真を撮れる

通常では絶対撮れないような角度から、黒部ダムと一緒に撮影することができます!

自分では撮ることのできないド迫力な写真を撮影することができるので、思い出にもなりますね!

2つ折り台紙に写真を入れてもらえ、A4サイズでプリントしてもらえますよ。

黒部ダム ふぉっとダム 設置場所

黒部ダムの2箇所に設置されているので、ぜひ記念に「ふぉっとダム」を利用してみてくださいね!

売店にはお土産も豊富!黒部ダム限定アイテムは必見

黒部ダムでは、オリジナルグッズや黒部ダムでしか味わうことのできないお土産を購入することができます。

扇沢駅や黒部ダム駅、黒部ダムレストハウスなどで購入することができますよ!

食べ物をはじめ、Tシャツやタオル、マグカップ、ストラップなど小物類も充実しています。

「黒部ダムカレー」レトルトになった商品も販売されているので、ご自宅でも黒部ダムカレーを味わうことができますよ!

黒部ダムに行ったら、ダムカードをゲットしよう

観光客にも意外と知られていない「ダムカード」をご存知ですか?

テレフォンカードのような、写真のような、黒部ダムの絶景がカードになったものを記念にもらうことができるんです!

しかも、関電トンネルトロリーバスの乗車券か、立山黒部アルペンルート乗車券を提示するだけでもらうことができます!

料金も無料なので、ぜひ記念に1枚もらっておきたいカードですね!

配布場所は、扇沢駅売店か、黒部ダムレストハウス売店でもらうことができますよ。

配布期間は4月15日~11月30日と決まっているので注意してくださいね!

※在庫切れの場合もございます。

ダムカード配布期間
4月15日~11月30日

配布場所
黒部ダムレストハウス売店
7:30~16:50
(11月4日以降は8:30~15:50)

扇沢売店
8:30~18:00
(11月4日以降は9:30~17:00)

黒部ダムの基本情報

黒部ダム

  • 住所
  • 〒930-1406
    富山県中新川郡立山町芦峅寺

  • アクセス方法
  • 【富山県側から】
    立山駅
    ↓立山ケーブルカー 約7分
    美女平
    ↓高原バス 約50分
    室堂
    ↓立山トンネルトロリーバス 約10分
    大観峰
    ↓立山ロープウェイ 約7分
    黒部平
    ↓黒部ケーブルカー 約5分
    黒部ダム

    【長野県側から】
    扇沢駅
    ↓関電トンネルトロリーバス 16分
    黒部ダム

  • 交通費
  • 【立山ケーブルカー】
    大人720円(往復1,290円)
    子供360円(往復650円)

    【高原バス】
    大人1,710円(往復3,020円)
    子供860円(往復1,510円)

    【立山トンネルトロリーバス】
    大人2,160円(往復3,240円)
    子供1,080円(往復1,620円)

    【立山ロープウェイ】
    大人1,300円(往復1,940円)
    子供650円(往復970円)

    【黒部ケーブルカー】
    大人860円(往復1,300円)
    子供430円(往復650円)

    【関電トンネルトロリーバス】
    大人1,540円(往復 2,570円)
    小人770円(往復1,290円)

  • 観光期間
  • 4月中旬~11月下旬
    年によって変わります。

    黒部ダムは、シーズンオフの冬は閉鎖されていて観光することができません。

    見に行くことができる期間が限られていて、行くのに時間もお金も掛かることから、簡単には行けませんが、誰でも一度行ってみたいですよね。

    無料観光スポットランキング3年連続1位にも輝き、周辺にもたくさんの見所がある黒部ダムは、一見の価値あり!

    詳しくは、黒部ダム公式サイトにて、ご確認ください。

    画像参照元:黒部ダム公式サイト

    本ページの内容は、2018年11月21日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。