グランピング【北海道】ニセコの「ボンゴ広場」で大自然をオールシーズン楽しもう!

旅行

ニセコでグランピングするなら「ニセココテージボンゴ広場」

北海道ニセコ町のニセココテージボンゴ広場では、羊蹄山とニセコ連峰が一望できる絶景スポットで、グランピングが楽しめます。

グランピングテントはとってもおしゃれ。

都会の喧騒を忘れて、非日常空間で1日過ごすと、心と体がリフレッシュ出来そうですね。

キャンプといえば、夏のイメージがありますが、「ニセココテージボンゴ広場」は、雪が降る真冬でもグランピングができるんです。

ニセコで冬グランピングしよう

夏とはまったく赴きが違う冬キャンプもおすすめですよ。

丈夫なグランピングテントを使用しているので、雪が積もっていても、テントが倒れたりしませんし、テント内にはストーブがあるので真冬でも快適に過ごせます。

とはいうものの、ストーブで暖かくできるとはいえ、ここは極寒北海道。

防寒着を準備するなどして、防寒対策を怠らないでくださいね。

また、室内でストーブを利用しても、ベンチレーションシステム(換気)がしっかりしているので安心して過ごすことができます。

冬場は、コンテナハウスに炊事場、リビングスペース、トイレを設けています。

ここまで設備がしっかりしていたら、北海道の冬キャンプはこわくないですよね。

無料で貸し出してくれるアイテムって何?

気軽にアウトドアができるのもグランピングの魅力のひとつ。

「ニセココテージボンゴ広場」では、キャンプやBBQに必要な道具を無料で貸し出してくれるんです。

無料で貸し出してくれるアイテムは以下の通りです。

ベルテント、テントの内装、ベッド、照明、石油ストーブ(冬)、一酸化炭素警報機(冬)、
BBQコンロ、タープ、テーブル、イス、簡易炊事スペース、調理器具、クーラーボックス、保冷剤、
網(新品ではない)、鉄板、トング
など

※夏期間(6~9月)に石油ストーブを利用する場合は、1,000円かかります。
※BBQをする方は炭と網を持参する必要があります。
※食器・コップの衛生面が気になる方は、持参することをおすすめします。

テント、タープは事前に設営してくれるので、キャンプ初心者の方や女子グループも安心です。

荷物が少なくて済みますし、毎回苦労する、テントやバーベキューセットの片付けを考えながら帰らなくてもいいのが嬉しいですね。

気になる設備は?

大自然の中であっても、快適に便利に過ごせるのがグランピング。

グランピングテントは、寝室とリビングスペースの構造になっていて、大人2人ならゆったりと過ごすことができる広さです。

タープには、専用の炊事場とBBQコーナーがあり、人の目を気にせず、のんびりできますよ。

気になるトイレやお風呂ですが、トイレはテントの横に環境にやさしいコンポストトイレ(バイオトイレ)が設置されています。

お風呂はありませんが、共有のシャワー室が1室あります。

シャワー室画像

※画像1

ゆっくり体の疲れを癒したい方や大人数のグループは、ニセコ町周辺には数多くの温泉がありますので、そちらを利用することをおすすめします。

数件の温泉施設の割引券がもらえるようなので、温泉を利用する方は、「コテージボンゴ広場」に問い合わせてみてくださいね。

近くにある温泉施設が以下の通りです。

ニセコグランドホテル、ヒルトンニセコビレッジ、ニセコアンヌプリ温泉湯心亭、
ニセコ綺羅の湯、ホテルニセコいこいの村、鯉川温泉、昆布川温泉 幽泉閣、
甘露の森、五色温泉、ニセコ湯本温泉雪秩父

そして忘れてはいけない、アウトドアをより楽しくしてくれる設備といえば・・・そう石釜です!

パンやピザが焼ける石釜が復活しました!

薪代金込みで2,000円で利用できます。

食事や食材の提供はありません

「ニセココテージボンゴ広場」では、食事や食材の提供がありませんので、各自で用意してくださいね。

車で15分くらいの場所に、大型スーパー(Max Value, A-COOP, Lucky)がありますので、買出しはこちらでできます。

スポンサーリンク

「ニセココテージボンゴ広場」の基本情報

【公式HP】公式HP
【住所】〒048-1522 北海道虻田郡ニセコ町字曽我863-12
【電話番号】0136-44-2098
【利用時間】
チェックイン:15時~20時
チェックアウト:11時
【駐車場】あり(駐車スペースには限りがあります)

グランピングの利用料金

グランピングの利用料金は以下の通りです。

■春~秋料金(6月~10月)

  • 2名利用:12,000円
  • 3名利用:16,000円
  • 4名利用:20,000円
■冬料金(12月~5月)

  • 2名利用:14,000円
  • 3名利用:18,000円
  • 4名利用:22,000円

※表示価格はすべて税込み価格です。
※小学生は一人2,000円、幼児は一人1,000円です。
※中学生は大人料金となります。

コテージ宿泊もできる

「ニセココテージボンゴ広場」では、コテージ宿泊も可能です。

この投稿をInstagramで見る

今回、ボンゴ広場の4名用である「ヘムロック」に宿泊されたお2人。 米国メイン州のポートランドから来た、とても気さくで感じの良い御夫婦。 今回はニセコのパウダースノーと日本食を楽しみに来たそうです。 ある日の午前中に僕が彼らを @nisekograndhirafu に連れて行きアテンドしました。最高のパウダーを滑ってもらう事が出来て僕もとても嬉しいです。 彼らはとても良いタイミングで来て、毎日パウダーを楽しむ事が出来たそうです。 朝一は間違いないですね。(笑笑 皆様のお越しも心からお待ちしています!😁 #bongo #cottagebongo #cottagebongoniseko #niseko #hokkaido #japan #japow #cottage #ボンゴ広場 #コテージボンゴ広場 #ニセコ #北海道 #コテージ #冬

Gen Sasakiさん(@freeskier_gen_sasaki)がシェアした投稿 –

▼コテージの宿泊案内はこちら▼
→宿泊案内 – ニセココテージボンゴ広場

▼コテージに宿泊する場合の宿泊料金はこちら▼
→料金 – ニセココテージボンゴ広場

「ニセココテージボンゴ広場」へのアクセス

【バス】
千歳空港よりヒルトンニセコビレッジまで運行(12月1日~3月下旬までの冬期間)
乗り合いバス「にこっとバス」が町内のみ200円で送迎。(ボンゴ広場にて予約)
【JR】
新千歳空港より3時間、ニセコ駅下車。(途中乗り換えあり)

スポンサーリンク

北海道ニセコ町ってどういうところ?

スキーリゾートとして有名な北海道ニセコ町は、北海道西部に位置し、東に国立公園羊蹄山、北に国定公園ニセコアンヌプリの山岳に囲まれています。

北海道の大自然の中で、冬はスキー、春・夏・秋にはゴルフやラフティングなど多彩なアクティビティーを楽しむことができるので、国内外から多くの観光客が足を運んでいるんです。

「双子のさくらんぼの木」は、雄大な羊蹄山と広大な畑に包まれていて、ニセコを代表する景観のひとつです。

スポンサーリンク

「ニセココテージボンゴ広場」の周辺情報

「ニセココテージボンゴ広場」は、周辺にグルメやレジャーが楽しめるスポットがあるので、アウトドアだけで終わらないのも魅力的です。

地元のミルクを使用したアイスクリームやチーズを提供するお店があるなど、ニセコグルメを堪能できますよ。

最高のロケーションでいただくお茶は、さぞかし美味しいでしょうね。

人気のラフティングは一度は試してみたいアクティビティーですが、なかなかハードですね。

スポンサーリンク

まとめ

グランピング企画、北海道ニセコ編をお伝えしました。

GOTTAでは、グランピング特集を組み、全国の魅力あるオススメのグランピング施設を紹介しています。

地域別やテーマごとにグランピング情報を紹介していますので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

グランピング特集

グランピング関東

グランピング関西

グランピング東海

グランピング九州

Airbnbでグランピング

本ページは2019年5月24日時点での情報です
タイトルとURLをコピーしました