キャッシングの自動審査(お試し診断)って?

キャッシングの自動審査って何?

自動審査・お試し診断・借入診断・3秒診断・1秒診断・簡易審査・仮審査など、呼び方は様々ですが、これらは、貸金業者のサイト上で、コンピューターが、「借入れができるか?」「いくらくらい借りられるか?」ということを判定してくれるシステムです。

名前や住所などの細かい個人情報を入力する必要はありませんし、だいたい3~5項目程を入力するだけなので、申込みをする前に、試してみることをオススメします。

何を基準に判定しているの?

自動審査の仕組みはというと、フォームに入力する「生年月日」「年収」「職業(雇用形態)」「他社からの借入件数(金額)」などから、自動で点数化して、貸せるか貸せないかを決めているようです。

例えば、公務員なら10点、大手企業の正社員なら5点、パート・アルバイトなら3点といったように、加点していき、採点します。

これは、人間の手で行う本審査も同じ仕組みで、行われています。

自動審査(お試し診断)を利用するメリットとは?

1.すぐに結果が出る

申し込んだはいいけれど、何時間も何日も結果がわからないとなると、不安ですよね。
そこで、自動審査の出番です!
自動審査なら、必要項目を入力してボタンを押せば、即座に審査結果が表示されるので、結果が出るまで待ちぼうけ…ということはありません。

2.同時に複数社の審査を受けてもいい

通常の本審査であれば、同時にいくつもの申込みをすると、「申し込みブラック」とみなされ、審査落ちの原因になります。
しかし、自動審査であれば、同時に複数社の審査を受けたり、何度も同じ業者の審査を受けたりしても、申込みブラックにはなりません。

3.借りられるかどうか、調べるだけでもOK

本審査は、申込み後となりますので、審査だけ受けて「やっぱりやめた」というのは、考えられませんが、自動審査なら、調べるだけでも構いません。
また、自動審査で融資NGになっても、信用情報に傷がつくということはありませんので、ご安心ください。
まずは審査に通るかどうかを確認した後で、申込み後の見通しを立てるのも、うまく活用する1つの方法です。

ただし!自動審査は、あくまでも仮の審査です

忘れてはいけないのは、自動審査は、コンピューターがデータ上だけで判定している、仮の審査であるということです。

また、「勤続年数」や「居住年数」など、自動審査では入力しなかった項目で、融資NGとなる可能性もあり、自動審査に通ったからといって、絶対にキャッシングできるわけではありませんので、注意が必要です。

つまり、申し込んだ後には、人の手で行われる「本審査」が待っています。この最終的な審査に通って初めて、お金を借りることができます。

自動審査は、あくまでも目安であることを、覚えておいてください。

プロミスなら3項目入力するだけ!

ほとんどの金融会社で、お借入診断を設けています。どこの審査でも、やり方はそれほど変わりませんので、下記では、プロミスを例に、ご説明します。
 
1.「3項目入力で簡単3秒診断!」をクリックしてください。

3項目入力で簡単3秒診断

 
 
2.生年月日・年収・現在のお借入金額を入力します。
最後に「診断する」ボタンをクリックしてください。

 
 
3.お借入診断の結果が、下記のように表示されます。

 

 
このように、お借入診断で「融資可能」と表示されたからといって、必ず借りられるわけではありませんが、まずは、仮の審査で確認するところから始めてください。

プロミスの公式サイトはこちら

本ページは2016年3月20日時点での情報です。

GOTTAのLINE@ができました!!

最新情報や、
人気の記事をお届け中!

友だち追加よろしくお願いします!

LINE@はこちら

※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。