雨だから遊びたい!雨でも遊べる場所特集!

もうすぐ梅雨の季節。
雨だからって、せっかくのお出かけを諦めていませんか?
そんな時は、雨でもしっかり遊べる
屋内施設をオススメします♪
もちろんお子様も楽しめる場所がいっぱいです!

記事はこちら

携帯料金を滞納すると、キャッシングの審査に影響する?

お金のコラム

携帯料金の滞納・遅延が、審査に影響する場合としない場合

いろいろな返済や、支払いがキツく、携帯料金をついつい後回しにしていませんか?

携帯料金を何ヶ月も滞納し続けると、携帯の利用を停止されてしまいます。

そのことはご存知の方も多いかもしれませんが、実は、それだけではありません。

キャッシングやカードローンを利用しようとした時に、審査に落ちてしまうケースがあるのです。

あなたが毎月支払っている携帯料金の内訳には、本体の端末代は、含まれていますか?

含まれておらず、通話料・通信費等だけという方は、滞納しても、キャッシングの審査には、特に影響しません。

反対に、通話料・通信費等に加えて、本体代も含まれているという方は、滞納すると、キャッシングの審査に、影響してしまいます。

スポンサーリンク

本体分割払いの滞納が、なぜキャッシングの審査落ち原因になるのか?

最近は、スマホが広く普及していますが、これらは1台10万円前後と、大変高価です。

そこで、多いのが、本体の料金を分割払いで契約し、毎月の料金と一緒に支払っているというケースです。

意外かもしれませんが、分割払いは、いわゆるローンと同じ扱いです。

つまり、キャッシングや各ローンを利用した時と同様に、信用情報機関に登録されるというわけです。

そして、一般的に、2~3ヶ月程度滞納すると、その信用情報に事故情報(俗にいうブラックリスト)として登録されます。

事故情報があると、融資の際の審査が通りにくくなりますので、携帯料金の滞納は、「キャッシング・カードローンの審査に影響がある」と言えます。

なお、一度ブラックリストに載ってしまうと、5年程度は、事故情報が消えないので、その間ずっと、審査に影響を与え続けることになります。

また、影響を受けるのは、キャッシングやカードローンの時だけではなく、住宅ローンや、自動車ローンなど様々なローンに及びます。

たかが携帯代とあなどることなく、しっかりと支払いをして、個人情報に傷をつけないようにしてください。

本ページは2016年6月5日時点での情報です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました