カードローン審査で嘘をつくとどうなる?きちんと正直に申告しよう

カードローンやキャッシングを利用する際には、必ず年収・勤務先・勤続年数・居住年数・他社からの借入件数などの情報を元に、審査が行われます

この審査申し込みにおいて「嘘の申告をするとどうなるのだろう?」と考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

はじめに結論を言うと、審査申し込みの際に嘘の申告をした場合、ほぼ100%バレます。

ここでは、カードローンの審査でついてしまいがちな嘘のパターンや、嘘がバレる理由、嘘がバレたらどうなるのかについて詳しくご説明していきます。

カードローンの審査で、嘘をついてしまいがちな「よくある嘘パターン」

カードローンを申し込む際に、申込用紙を記入していたり、入力していたりするうちに「正直に書くと、お金を借りられないかもしれない・・・」と不安に感じるのは誰しも同じです。

審査でついつい嘘をついてしまいがちな、よくある嘘のパターンは以下の通りです。

年収を多めに申告する

自分の年収が少ない場合に、バレないだろうと思ったり見栄を張りたかったりという理由で、年収を多めに申告してしまう方がいます。

カードローンの審査申し込みでは、収入証明書類として源泉徴収票や確定申告書、給与明細書、賞与明細書などの提出が求められることが大半です。

年収を多めに申告しても、収入証明書類の提出によってすぐに嘘がバレてしまうことが多いため、正直にありのままの年収を申告しましょう。

カードローン業者によっては、収入証明書類の提出は不要というところもありますが、雇用形態や勤続年数などから年収の目安を業者側はだいたいわかっているので、年収を多めに申告してもバレてしまうでしょう。

他社からの借入件数や借入額を少なく申告する

他社からも借り入れしている場合、借入件数や借入額を実際よりも少なく申告した方が、審査に通りやすくなると考える気持ちもわかります。

しかし他社の借り入れ状況に関する情報は、すべてJICC(日本信用情報機構)やCIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)などの指定信用情報機関に登録されており、この信用情報機関への確認ですぐにバレてしまいます

信用情報機関とは、消費者金融などの加盟会社から登録される個人の信用情報を、管理や提供する機関です。

カードローン会社は審査の申し込みを受けると、この信用情報機関に問い合わせて消費者の信用情報を確認することで、融資しても大丈夫か判断します

このように他社からの借り入れ状況について嘘の申告をしても、必ずバレてしまうので、正直に申告しましょう。

架空の勤務先で申告したり、勤続年数を長く申告したりする

カードローンの審査では在籍確認として、勤務先に電話がかかってくることがあります

会社にお金を借りようとしていることを知られてしまうことを恐れて、架空の勤務先で申告しようとする方がいます。

また転職したばかりという場合、前の勤務先を書いてしまったり、転職先の勤続年数を増やして書いてしまったりする方もいます。

架空の勤務先や前の勤務先で申告した場合、申告した会社に在籍確認の電話がかかってきて「○○さんはいらっしゃいますか?」と聞かれて、いないと答えられればすぐに嘘であることが発覚しますよね。

前述したようにカードローンの審査申し込みでは、収入証明書類として源泉徴収票や確定申告書、給与明細書、賞与明細書などの提出が求められることが大半で、提出書類からも嘘が発覚しやすいです。

勤務先や勤続年数についても、嘘の申告をすることはやめましょう。


カードローンの審査の際に、上記で紹介したような嘘をつくと、どうなると思いますか?

次の見出しで、審査で嘘の申告をした場合にどうなってしまうのかについて、詳しくご説明していきます。

カードローンの審査で嘘をついたら、必ずバレます!

カードローンの審査で嘘の申告をした場合、ほぼ100%バレるといって間違いありません。

「審査に通らないのでは・・・」という不安があるのはわかりますが、必ず、すべて正直に申告してください。

なぜなら、申し込み内容や提出書類、信用情報機関の登録情報を照らし合わせて、間違いがないかをカードローン会社側が厳しくチェックするからです。

お金を借りるには身分証明書や、収入証明書(金額によっては、不要の場合あり)の提出が必須になり、勤務先への在籍確認も行われるため、ごまかしはききません。

また、他社からの借り入れについては、信用情報機関によってしっかり管理されています

その中で、事故情報があれば審査に響くので、身分証明書を偽造して偽名を使ったり、他人名義を使ったり、いわゆる名義貸しでお金を借りようとする人がいますが、そんなことをすれば、逮捕される可能性もありますので、絶対にやめてください。

カードローンの審査で嘘の申告をしてバレた場合どうなる?

ばれた

どうしてもお金を借りたいという一心で、カードローンの審査申し込みの際に嘘の申告をしてバレた場合、審査は即落ちします

また万が一、審査が通ったとしても後からバレてしまうと、借りたお金の一括返済を求められたり、利用停止になったりすることがあります

何よりも、カードローンやキャッシングは無担保で、個人の信用を担保にお金を貸す「信用貸し」をしています。

そのため虚偽の申告をしていたことが後から発覚し、その信用がなくなれば、二度と利用できなくなる可能性も考えられます。

信用情報機関に、嘘をついたことが「事故情報」として登録されてしまうと、今後他社からの借り入れも難しくなってしまいます

またそれだけではなく、住宅ローンや車のローンを組む際にも影響しますので、偽ることなくありのままの情報を、正確に申告してくださいね。

カードローンの審査に通るには、嘘をつかないことが大切です

審査でごまかそうと思っているということは、自分の情報に自信がなく、不安要素があるということだと思います。

でも、少し想像してみてください。

もしあなたが、普段から嘘ばかりついている知人にお金を貸してほしいと頼まれたら、どうしますか?

「この人は信用できない」「もしかしたらお金を返してもらえないのでは?」と思い、貸すことをためらいますよね。

それと同じことなのです。

個人間であっても、カードローン業者やキャッシング業者であっても、嘘をつくような人にはお金を貸せないということです。

お金を貸す方はとても慎重になり、厳しい審査をしますので、そう簡単に審査をすり抜けることはできません。

しかし正直に書くとどこも通らないからといって、くれぐれも、誰にでも貸してくれるようなヤミ金に申し込むようなことは、絶対にやめましょう

街の電柱や看板にある聞いたことがないような会社はヤミ金であることが多く、低金利や即日融資可などと謳い、後に法外な利息を要求してくることが多いです。

後々大変なことにならないためにも、大手消費者金融や銀行のカードローンを選んで、審査申し込みでは嘘はつかず正直に申告しましょう

おすすめキャッシング・カードローンを厳選紹介

プロミス

プロミスについての調査結果!審査や金利などまとめ

プロミスについての調査結果!審査や金利などまとめ

アイフル

アイフルについての調査結果!審査や返済などまとめ

アイフルについての調査結果!審査や返済などまとめ

SMBCモビット

SMBCモビットについての調査結果!返済や金利などまとめ

SMBCモビットについての調査結果!返済や金利などまとめ

本ページは、2017年7月12日時点での情報です。

GOTTAのLINE@ができました!!

最新情報や、
人気の記事をお届け中!

友だち追加よろしくお願いします!

LINE@はこちら

※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。