1万円借りる方法をご紹介!利息・必要書類・おすすめ金融業者まとめ

数十万円単位の大金ではなく、あと1万円だけが足りない!というような状況に陥ることは、意外と多いものです。

しかも、1万円・2万円・3万円の少額が足らないという場合、すぐに現金を調達する必要がある可能性も高いですよね。

ここでは、1万円を借りる方法や知っておくと役立つ情報、おすすめカードローン業者を徹底解説していきます。

1万円だけ借りたい理由は何? 冠婚葬祭・カードの引き落とし・生活費など、緊急の場合がほとんど

1万円だけ借りたいという状況になる理由は、一般的に以下のようなものが挙げられます。

  • 給料日前に出費が重なって、生活費があと1万円だけ足りない
  • 冠婚葬祭でお金が足りない
  • 急に決まった飲み会に行くお金が足りない
  • 公共料金や携帯料金の支払いで1万円だけ必要
  • クレジットカードの引落し前なのにあと1万円足らない
  • 大切な恋人への誕生日プレゼント代が足らない
  • このように、1万円が必要になる理由は人それぞれですが、どのような理由であっても、緊急性が高かったり、なんとかしてお金を調達しなければならなかったりする場合が多いですよね。

    特に、冠婚葬祭はお金が足らないことを理由に欠席できるようなものでもないですし、職場の歓送迎会でお金が足りないことを理由に断ると、今後の人間関係が不安になる方も多いでしょう。

    次の項目から、実際に1万円を借りる方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

    どうしてもあと一万円が必要!カードローンで1万円借りる方法

    どうしてもあと一万円が必要という場合には、カードローンを利用してお金を調達する方法が、最も早く手元にお金を用意することができて便利です。

    カードローンと聞くと、「借金だし、怖い・・・」というイメージもありますが、しっかりと利用方法や内容を知れば何も怖いことはなく、緊急時の救世主にもなり得るのです。

    実際、借入をすることは珍しくなく、給料日までの一時的なつなぎとして利用している方も多いんですよ。

    また、カードローンで1万円から借りることなんてできるの?と疑問に思われることも多いですが、1万円だけ借りたいというニーズが意外にも高いため、基本的に大手消費者金融は少額キャッシングとして、1万円からでも問題なく融資してくれます。

    無利息期間サービスのある業者を利用するとお得

    カードローンを利用する際の懸念点として、必ずと言っていいほど「利息(金利)の高さ」が挙げられます。

    しかし、この懸念を払拭できるサービスとして、一部の大手消費者金融では、初めてカードローンを利用する方限定で「無利息期間サービス」を実施しています。

    この無利息期間サービスを利用すれば、1万円の借入をしたとしても一定期間利息がかからず、さらに、無利息期間内に借り入れた1万円を完済することができれば、何の利息もかからないというメリットがあります。

    1万円~3万円という少額なら給料日前に借り入れて、後日、給料が支払われた際に一括返済できるというケースも多いでしょう。

    初めてカードローンを利用する際に、一定期間利息がかからないのはかなり嬉しいサービスですね。

    ただし、利用するカードローン業者を既に契約したことがある方は、無利息期間サービスの適用外になるので、注意が必要です。

    クレジットカードのキャッシング機能を使う方法もある

     
    1万円が必要な状況においては、カードローンを利用する方法以外に、クレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りる方法もあります。

    今お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯していれば、提携している銀行ATMやコンビニATMなどから、すぐにお金を借り入れることができます。

    クレジットカード会社によっては、消費者金融のカードローンのように、初めてキャッシング機能を使用した人限定で「無利息期間サービス」がある場合があります。

    無利息期間を設けているクレジットカード会社の例としては、セディナやエポスカードなどがあります。

    注意点は、今お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設定されていない場合は、クレジットカード会社に新たにキャッシング枠の追加を申込み、審査を受ける必要があるところです。

    キャッシング機能を追加申込みする場合には、審査に時間がかかるため、急いでいる場合には向かないでしょう。

    クレジットカードのキャッシングを利用した際に適用される利息は、クレジットカード会社によっては大手消費者金融よりも高い可能性もあるため、損をしないように事前にしっかりと比較することが重要です。

    1万借りたい!2万借りたい!3万借りたい!そんな時にカードローンの利用でかかる利息はいくら?

    1万円借りたい場合や2万円借りたい場合、そして3万円借りたい場合、実際の利息がいくらになるのか、調べてみましょう。

    まず、利息の額は次のような式で、計算することができます。

    利息額=借入金額×実質年率÷365×借入日数

    これに、消費者金融の金利相場である実質年率18.0%を当てはめて、計算してみます。

    借入金額1万円の場合
    借入期間1ヶ月間(30日)なら、
    10,000円(借入金額)×0.18(実質年率)÷365×30日(借入日数)=約148円(利息額)

    借入期間6ヶ月間(180日)なら、
    10,000円(借入金額)×0.18(実質年率)÷365×180日(借入日数)=約888円(利息額)

    借入金額2万円の場合
    借入期間1ヶ月間(30日)なら、
    20,000円(借入金額)×0.18(実質年率)÷365×30日(借入日数)=約296円(利息額)

    借入期間6ヶ月間(180日)なら、
    20,000円(借入金額)×0.18(実質年率)÷365×180日(借入日数)=約1,775円(利息額)

    借入金額3万円の場合
    借入期間1ヶ月間(30日)なら、
    30,000円(借入金額)×0.18(実質年率)÷365×30日(借入日数)=約444円(利息額)

    借入期間6ヶ月間(180日)なら、
    30,000円(借入金額)×0.18(実質年率)÷365×180日(借入日数)=約2,663円(利息額)

    多額のお金を借りると、当然その分、利息も増えますが、1万円~3万円程度なら、想像より、利息額が少なくて済むような印象ではないでしょうか。

    少額であればすぐに借りられることが多いのですが、借りすぎて無駄な利息を支払わないためにも、くれぐれも、必要最低限だけを借りるようにしましょう。

    カードローンやキャッシングで1万・2万・3万借りる時に必要な書類

    消費者金融で少額融資を受けるためには、本人確認のできる書類が必要になります。

    本人確認書類
    ・運転免許証
    顔写真も載っているので、1番信用が高く、基本的には、免許証の提示を求められます。

    ・パスポート
    運転免許証がない場合は、顔写真があるパスポートも、信用度は高いです。

    ・健康保険証
    運転免許証もパスポートも持っていない場合、健康保険証が身分証明となりますが、顔写真がないので、住民票などの他の書類をあわせて提出することになります。

    ・住民票のコピーや公共料金の領収書、納税証明書
    書類の住所が現住所と異なる場合には、住民票・公共料金(電気・ガス・水道・固定電話・NHKなど)の領収書・納税証明書を、あわせて提示する必要があります。

    ・マイナンバーカード(個人番号カード)
    マイナンバーカードも、顔写真入りなので、提出書類として認められることが多いです。(通知カードは本人確認書類の対象とはなりません。)

    ・外国人登録証・特別永住者証明書・在留カード
    外国籍の場合には、外国人登録証・特別永住者証明書・在留カードをあわせて用意する必要があります。

    利用限度額によっては、本人確認書類の他に、収入証明書類が必要になる場合もあります。

    収入証明書類とは、その名の通り、収入がわかる書類のことを指し、源泉徴収票(直近)・所得証明書(直近)・給与明細書(直近3ヶ月以内の連続2ヶ月分)などを用意しなくてはなりません。

    なお、ウェブ申し込みの場合、携帯やスマホのカメラで各書類を撮影して送信するだけなので、簡単に提出できます。

    契約時に必要な書類は、業者によって異なりますので、各サイトでご確認ください。

    キャッシング・カードローンは、1万円以下・1,000円単位で借りられる?

    お金が全然足りないわけではないけど、ほんの数千円程度足りないという状況もありますよね。

    たくさん借りれば借りるほど、利息がついてしまうので、借りる時は、なるべく必要最低限に抑えたいものです。

    そんな時、業者によっては、千円単位で融資をしてくれるところもあります。

    もしも、ギリギリ必要な分だけを借りて、少しでも利息を節約したいとお考えなら、そういった消費者金融・銀行を探すといいでしょう。

    ただ、多くの金融業者が、1万円からという条件をつけています。

    理由は、1,000円から借りられてしまうと、月々の利息がほんの少ししか儲からないためです。

    そのため、1万円以上のみ千円単位で借りられるという金融業者が多いです。

    一万借りたい時のおすすめカードローン3選

    1万円を借りたいと思っている方は、初回のみ30日間無利息期間があることや、ネット上で契約が完結すること、最短即日融資が受けられることなどを基準に、キャッシング・カードローン業者を選ぶといいでしょう。

    特に、無利息期間があれば、元金だけを返すことになるので、とても手軽です。

    GOTTAがおすすめする、プロミス・アイフル・SMBCモビットの詳しい利用方法や金利、返済方法などの特徴については、以下のリンクよりご覧ください。

    徹底解説をした記事がご覧いただけます。

    プロミス

    プロミスについての調査結果!審査や金利などまとめ

    プロミスについての調査結果!審査や金利などまとめ

    アイフル

    アイフルについての調査結果!審査や返済などまとめ

    アイフルについての調査結果!審査や返済などまとめ

    SMBCモビット

    SMBCモビットについての調査結果!返済や金利などまとめ

    SMBCモビットについての調査結果!返済や金利などまとめ

    本ページは、2018年1月18日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。