風水で見直す!金運アップ効果が期待できる食べ物・部屋・財布

財布をなくした!給料が減った!自販機でお釣りが出てこなかった!など、「最近、お金に関する運がない!」と感じていませんか?

今回は、すぐに取り入れられる金運アップの風水をご紹介します。

会社の社長など、成功している人たちは、こういったことを意識している人が多いんですよ。

日常で金運を上げたい時にはもちろん、宝くじを買う時にも実践してみてくださいね。
 

風水で金運が上がる食べ物

鶏肉・牛肉

風水では、肉類が最も金運パワーがあると言われており、中でもお金を生み出す力がある「鶏肉」と、お金を貯める力がある「牛肉」がおすすめです。
調理法は、こんがり黄金色になるように焼くのが、いいでしょう。
 

カレー

カレーに入っているスパイスが黄色で、お金を連想させることから、カレー=金運アップフードの代名詞となっています。
同時に、辛いものも金運に効果があると言われているので、ダブルで期待できます。
 

たまご

たまごは、ポコポコと産まれ、生気に満ち溢れていることから、お金も産まれる縁起のいい食べ物と言われています。
主菜としても、副菜としても、応用が利くので、最も献立に取り入れやすい食材と言えるでしょう。
 

デザート・フルーツ

食後のデザート・スイーツ類の甘いものは、金運アップにつながると言われています。
健康やダイエットのために、食べることが難しいという方は、柑橘類の果物を取り入れることをおすすめします。
 

旬の魚や野菜

旬のものは、健康にもよい強いパワーを持っているので、金運にも強い効果を期待できます。春ならキャベツやカツオ、秋ならさつまいもやサンマなど、積極的に取り入れるようにしてください。
 

乳製品

お金を生み出す力のある牛に関係する、牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品は、金運を上げるために欠かせません。
鶏肉のヨーグルトソースソテーや、食後のチーズケーキなど、他の金運アップ食材と合わせるのもおすすめです。
 

大豆

豆腐や納豆、大豆食品は、風水的にとてもパワーが強いと言われています。
蓄財の力があり、栄養価も抜群、そして値段も安いので、一石二鳥どころか一石三鳥の、パワーフードですね。
 

根菜

人参やゴボウ、大根などの根菜類は、土に埋まっていることから、大地からもらったパワーがみなぎっていると同時に、お金に関するパワーも蓄えているとされています。
お正月に根菜が多く入った筑前煮を食べるのには、そのようなワケがあります。
 

風水で金運が上がる家・部屋づくり

観葉植物を置く

風水で、観葉植物は大きな役割を持ちます。
特にパキラ・モンステラ・カジュマル・ミリオンバンブーなどが、金運が上がるとされる植物です。
 

リビング

金運パワーが強いのは、西の方角と考えられています。そのため、西側にリビングがある間取りだと吉ですが、そうでない場合でも、西側に金運効果のある黄色いものを置くと良いでしょう。
また、汚れたカーテンや破れたソファーは、金運を逃しますので、ご注意ください。
 

玄関

風水において、「気」の入口となる玄関は重要な場所です。したがって、ごちゃごちゃと物を置いたり、靴を出しっぱなしにしておくのはNGです。
下駄箱や観葉植物を置く場合は、玄関の入口から見て左側に置くと良いとされています。もしも、下駄箱が右側に備え付けられている場合は、左側に何か物を置くと良いでしょう。
また、鏡も左側に置くと、金運アップに繋がります。
玄関マットは、悪い気を家の中に入れないようにしてくれる効果があります。
 

トイレ

風水的に、金運と密接な関係にある場所です。
そのため、常にトイレをきれいにしておくことで、運気が上がると言われています。
また、照明を明るくしておく、便器の蓋を閉じる、換気扇を稼動しておくことで、さらに金運アップが望めます。
 

風水で金運が上がる財布の選び方・使い方・買い替え時

色はブラウン系

金運=黄色と思われる方も多いかもしれませんが、実は鮮やかな黄色は散財の意味もあるので、黄色を選ぶ場合は、淡い色のパステルイエローを選ぶといいでしょう。
おすすめなのは、茶色・黄土色・橙色・キャメル・ベージュなど、ブラウン系です。
そして、避けるべき色は、赤色と青色です。
理由は、赤は火のイメージで「お金を燃やす」、青は水のイメージで「お金を流す」と言われているためです。
 

形は長財布

形は、二つ折りより、断然、長財布です。
お金が貯まる財布にするには、お金たちの居心地がいい財布にしてあげることです。
そこで、二つ折り財布だと、お金が折られてしまい、窮屈に感じるので、そのようなことがないように、長財布がおすすめというわけなんです。
また、デザインは、ごちゃごちゃせずに、シンプルなものを選んでください。
 

素材は本皮

革財布がおすすめです。中でも、より金運アップにつながるとされているのは、蓄財や豊かさの意味がある「牛革」や、財を増やすとされている「蛇革」、大きな口で噛んだら離さないという特徴からお金も離さないと言われている「ワニ革(クロコダイル)」です。
 

お札の向きを揃える・不要なものは入れない

お札は、向きを揃え、常に一定方向になるように入れてください。入れる順番は、手前から1万円札→五千円札→千円札という順で入れると、風水的にいいと言われています。
また、レシートやポイントカードなどを入れっぱなしにしておくのはNGです。
常に、スッキリした状態を保てるようにしましょう。
できるなら、小銭も別にして、小銭入れなどに入れておくといいです。
 

買い替え時は2~3年

使い古した財布は、金運を維持できないので、長くても2~3年で、買い替えましょう。2~3年以内でも、もしもボロボロになってしまったら、金運が逃げないうちに、新調することをおすすめします。
なお、何十万円もする高級なブランドの財布を使っていて、そんなにすぐに処分できないという方は、使った年数分だけ財布を寝かせると、運気が復活するので、しばらくの間、別のものを使って、寝かせた後に、また使うということもできます。
 

買い替える時期は春

「春財布」という言葉をご存知ですか?これは、春に財布を買うと、財布がお金でいっぱいに張る(春)という言われからできた言葉です。
つまり、春に財布を新しくすると、金運が上がるということです。
購入日や使い始める日については、大安・寅の日・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)・天赦日(てんしゃにち)など、縁起のいい日に合わせると良いでしょう。
なお、買い替えたら、最初に大金を入れておくと、財布がその大金を記憶して、以降も大金を呼び込むと言われています。
最低でも3日程、数十万円~百万円を入れて置いておくといいですよ。

本ページは、2016年12月8日時点での情報です。

GOTTAのLINE@ができました!!

最新情報や、
人気の記事をお届け中!

友だち追加よろしくお願いします!

LINE@はこちら

※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。