Webライターの仕事内容とは?働き方や年収、求められるスキルをご紹介

多くの人がパソコンやスマホからネットを利用できるようになった今、Webライターの仕事が人気を集めています。

これまで、ライターという職業は、雑誌や新聞などの出版物を取り扱っている会社など、どこかの企業に就職して文章を書く事がほとんどでした。

しかし、Webライターは特定の企業に就職せず、ネットを使って自宅で仕事の受注から報酬の受け取りまで済ませる事ができます。

自宅で仕事ができるため、主婦の内職としてはもちろん、サラリーマンの副業としても注目されており、未経験者でもできる仕事が豊富な事もあって、多くの人がWebライターとして活躍しています。

そんなWebライターが実際にどのように仕事をしているのか、報酬はどのくらいなのかを詳しくご紹介します!

Webライターとは?具体的な仕事内容をご紹介

まず、Webライターは、「依頼された文章を書いて、報酬をもらう」という職業です。

お金がもらえる文章と言うと、かなり立派な文章を書かなくてはいけない印象を受けてしまうかも知れません。

確かに文章を書く事が苦手という人には難しいかも知れませんが、文章を書く事が好きな人ならちょっとしたコツを掴めば、初心者でも報酬がもらえます。

仕事自体は、依頼をもらって文章を書くというシンプルな内容ですが、文章のジャンルによって仕事の仕方はかなり変わります。

主なWebライターの仕事は、以下の通りです。

Webライターの仕事の種類

  • コラム・エッセイ
  • 取材・レポート
  • ニュース・まとめ記事
  • 広告・宣伝
  • 企業記事
  • アフィリエイト

コラムを書く人はコラムニストに、エッセイを書くエッセイストになるので、Webライターとは違う職業だという意見もありますが、今回は「ウェブ上に出して報酬がもらえる文章」という分類として、仕事の一つという事でご紹介します。

Webライターの年収はいくら?

Webライターの平均年収

Webライターは、個人のスキルによって年収に大きく差が出ます。

企業に就職した場合ですと、だいたい月給20万円からスタートして、企業が年齢・経験・能力を考慮して給料が決まります。

勤めている企業の規模や業種にもよりますが、年収にすると、だいたい240万~480万円ほどで働いている人が多いです。

フリーランスの場合では、仕事をした分がそのまま収入になるため、はっきりとした数字は出せませんが、例えば、毎日3000文字の記事を3本書ける人が居たとしたら、1文字1円とした時、単純計算で毎日9000円稼げる事になります。

1ヶ月(31日)間、毎日9000円稼いだとすれば、月の収入は27万9千円で、年収だと9000円×365日で328万5千円という事になります。

フリーランスで働く場合、仕事が無ければ当然稼げないため、だいたい年収300万円程度と考えておくといいでしょう。

もちろん、フリーランスのWebライターは働けばその分返ってくるので、年収500万を稼いでいる人もいます。

要チェック!Webライターに必要なスキル

Webライターとして働くにあたって、特別な資格は必要ありません。

例えば、ネット上のブログやSNSなどに自分が書いた文章をアップした事があるから、自分はWebライターだ!と名乗ったとしても問題はありません。

ただ、職業として名乗るのであれば、生活ができるくらいの収入を得る事が目標になるかと思います。

そこで、職業としてはもちろん、副業として安定して収入を得るために、Webライダーに必要な4つのスキルをご紹介します。

分かりやすい文章を書く技術

ライターは文章を売る仕事ですので、一番重要なのは読者にとって分かりやすい文章を書く技術があるかどうかです。

企業などがライターに仕事を依頼するのは、読者に伝えたい物やPRしたい事を正確に届ける事が目的ですので、分かりやすい文章が書けなくてはいけません。

分かりやすい文章と言われても、どうしたらいいの?という人もいるかも知れませんが、難しく考える必要はありません。

文法の間違いが無く、誤字脱字がなければ最低限のラインはクリアしています。

求められる文章の質は、その依頼ごとに全く違っていて、企業の公式ページに使うため、言い回しの一つ一つまで配慮する案件もあれば、若い女性がブログで書くような砕けた言い回しを求められる案件もあります。

最初は何度も修正を求められたり、仕事として受ける前のテストの段階で審査落ちする場合も珍しくありません。

文章の質や文章を書くスピードは、仕事をしていく内にだんだんと向上していきます。

最初から難しくて高単価な案件に挑むのではなく、自分が出来そうな依頼から一つ一つ丁寧にこなしていきましょう。

依頼者と打ち合わせをするコミュニケーション能力

特にクラウドソーシングで仕事をする際に必要なのが、依頼者としっかり打ち合わせをするコミュニケーション能力です。

文章を書く仕事と聞くと、他人とあまり関わらずに一人で仕事するイメージがあるかも知れませんが、Webライターとして稼ぐのであれば、依頼主との綿密な連絡は必須となります。

なぜなら、顔を合わせずに仕事をする為、クラウドソーシングでは連絡がいい加減になりがちなのです。

疑問や質問はすぐに聞く、という事は常に意識しておきましょう。

例えば、「1000文字程度」という案件なら「何文字以下」なのかをしっかり質問しないと、自分は「多くても1100文字」のつもりでも、依頼主は「1500文字欲しい」と思っていたという、感覚の違いでトラブルに繋がる可能性があります。

そして、勘違いや確認不足などのトラブルを防ぐのはもちろん、相手が悪質な業者じゃないのかを見極める為にも、担当者との連絡は大切です。

依頼主が全員、誠実な相手とは限りません。

たくさんある依頼の中には、犯罪に関わるサイトに使う案件や、作業の指示が曖昧で何度も修正させられてしまう案件もあります。

そんなトラブルを防ぐために、どんなサイトでどんな形で使われるのか、どんな文章を書けばいいのか、納期や報酬などの募集内容に書かれていた事も再確認するなど、細かいところまでじっくり丁寧に打ち合わせをしましょう。

連絡を無視する事だけは、絶対に止めておきましょう。

依頼を受けたものの、自分には難しいと感じたら、すぐにクライアントへお詫びの言葉を添えて辞退の連絡をして、もしトラブルになりそうなら、クラウドソーシングの運営元にも連絡を入れましょう。

連絡手段がメールだけだと実感があまり無いかも知れませんが、人と人とのやり取りになるので、丁寧な対応を心がけると、気持ちよく仕事を進めやすくなります。

正しい情報を取捨選択できる情報収集能力

Webライターでガッツリ稼いでいる人は、今まで知らなかった内容の文章を書く事もたくさんあります。

その時に必要なのが、必要な情報を集めて正しく取り扱う能力です。

ネットに溢れているたくさんの情報の中には、間違った情報も混じっています。

間違った情報を記事に書いてしまうと、記事への信頼が下がりますし、記事を載せたサイト全体の評価も落ちてしまいます。

もちろん間違った情報を含んだ文章をクライアントに提出すれば、報酬はもらえませんし、Webライターとしての評価がかなり悪くなります。

正直なところ、情報の収集だけでも大変ですし、さらに間違いが無いのか確認をするとかなり手間がかかります。

しかし情報の選別をせずに間違った内容の記事を出すと、その記事を読んで情報を信じた人が思わぬ被害を受ける可能性もあります。

記事を書く時は、厚生労働省消費者庁などの国の行政機関からの情報が信頼できる参考元となります。

その他にも、実名を出している弁護士や医師などの専門家の公式ホームページなども参考元としてよく使われています。

また、情報の取り扱いにおいて、もう一つ、注意しなければいけない事があります。

他人が書いた文章をそのままコピーする行為は絶対にやってはいけません。

無断で文章を使う事は「盗用」という、違法行為になります。

言い回しを少し変えた程度では必ずバレてしまいますし、見つかれば大問題となりますので、軽い気持ちでコピーするのは止めておきましょう。

グーグル検索などで表示されやすくなるSEOの知識

紙媒体のライターと、ネットのライターの一番の違いが、SEO(検索エンジン最適化)対策の部分です。

SEOとは、簡単に説明すると「ネットで検索している人に見つけてもらう技術」です。

例えば、東京都でケーキを売っているお店の記事を書いた時、ネットで「東京のおいしいケーキ」という検索をした人に、記事を見つけてもらいやすくする事が、SEOです。

クライアントがお金を出してWebライターに記事を依頼する場合、基本的には「記事に来てもらいたい人」のイメージが決まっています。

クライアントとしては、狙っているターゲットに見てもらえる技術が欲しいので、最近ではSEOの知識が求められる案件も増えてきています。

SEOの知識はWebライターとして働く上で必須の技術ではありませんが、意外とSEOの知識があるWebライターはまだまだ少ないので、ガッツリ稼ぎたい人はぜひ覚えておくべきスキルです。

記事を見つけてもらいやすくする技術、と聞くと、SEOについて知らない人にとっては、ハードルが高そうに感じるかも知れません。

しかし、Webライターが覚えておくべきSEO対策は、簡単に言うと、文章の書く時のコツです。

難しいプログラミングの知識などを必要としている訳ではありません。

文章を書く事に慣れてきたら、SEOの勉強にチャレンジしてみる事をオススメします。

また、ネット上に文章をアップする時、HTMLという技術を使って文字の色を変えたり太字にするなどの装飾をします。

文字の装飾については、少々専門的な分野になるので、もし余裕があって覚える事ができれば、クライアントにアピールできる強みの一つになります。

Webライターの仕事の探し方

元々雑誌や新聞などでライターをしていた人であれば、Webライターとして働く時、ネットで文章を書く仕事のコネを持っている場合があるので、そこからウェブ上での仕事を増やしていく事になります。

しかし、ウェブ上の仕事のツテが無い人は、自分で人脈作りをしなくてはいけません。

企業に電話やメールをして直接仕事をもらう事も出来ますが、手間隙がかかる割りに安定した収入に繋がりにくいため、最初からこの方法だけでやっていくのはなかなか難しいかと思います。

そんな時に活用できるのが、クラウドソーシングサービスです。

初心者の多い世界になるので報酬の金額は低いですが、仕事をすると依頼者から評価がもらえるので、良い評価が集まれば、徐々に単価の高い仕事へと繋がっていく仕組みになっています。

ここで気をつけて欲しいのが、クラウドソーシングサービス内で依頼された仕事の依頼主と直接やり取りしようとしない事です。

仕事をしていると「手数料が取られてしまうので、メールアドレスを交換して次は直接仕事をしませんか?」というお誘いを受ける場合もあります。

確かに、手数料を取られない事は大きな魅力ですが、多くの大手クラウドソーシングサービスの規約で直接のやり取りを禁止しています。

規約で禁止されているにも関わらず直接やり取りをした事がバレてしまうと、高額な罰金を取られてしまいます。

しかも、直接やり取りをしていくとなると、相手との契約書や請求書を自分で用意したり、郵送でのやり取りが必要になったりと、かなりの手間がかなりかかるようになります。

面倒だからといって契約関係の事をサボってしまうと、ちゃんと納品したのに報酬が支払われない!なんて事もあります。

直接やり取りはライター側のリスクが大きいので、クライアントから甘い言葉や強い口調で直接やり取りを求められても、応じないように気をつけましょう。

その他、注意しておくべきクライアントの特徴として、質問の返信が無かったり、返信があったとしてもかなり遅い相手の場合は要注意です。

仕事を始める前に納期や連絡について確認しよう

Webライターとして仕事を受注する時、まずクライアントに確認すべきなのが納期についてです。

募集時の内容と、実際に仕事する事になった時に聞いた内容が、大きく違っていたという案件は珍しくありません。

仕事に慣れてきて、同時に複数の案件に関わる場合、納期には余裕を持っておきましょう。

自分の体調不良やパソコンの不調など、突然のトラブルの対応はもちろん、魅力的な仕事のチャンスが巡ってきた時にチャレンジできるように、仕事には余裕を残しておく事が重要です。

また、締め切りギリギリに提出されるよりも、残り日数に余裕がある状態で提出された方が、クライアントからの印象が良くなるというメリットもあります。

締め切りがいつなのかを確認できたら、担当者と連絡がとれるのはいつなのかを聞いておきましょう。

長期休暇と被ってしまい、担当者と長期間連絡がとれなかった影響で納期が守れなかったという可能性もあるのです。

Webライターはいつでもどこでも仕事ができるため、祝祭日や曜日感覚が無くなる事がありますが、依頼主は夜や土日、年末年始やお盆といった大型連休などは一切連絡が取れなくなる場合があります。

「重要な事は教えてもらえるだろう」と思っていたら、クライアント側としては「分かっていて当然だろう」という認識で伝えられない事があります。

そのため、クラウドソーシングサービスを利用してフリーランスとして仕事に着手する前に、重要な事は自分から必ず聞き出す姿勢が大切です。

Webライターの仕事の始め方・求められている人物像

いざ仕事を始めようと思っても、クラウドソーシングサービスの中にはたくさんの案件があるので、どの案件を受けたらいいのか分からない人は多いかと思います。

最初に受ける仕事に最適なのは、タスク形式自分にとって興味がある内容の仕事です。

依頼案件の中には、お菓子についての文章や映画のネタについての文章など、様々なジャンルの記事が募集されています。

その中でもタスク形式という案件は、一度にたくさんの人に仕事をお願いする案件です。

もらえる報酬は少ないものの、数十分で作業が終わるものなど、簡単な内容が多い仕事になります。

ただし、効率よく稼げる仕事ではないですし、怪しげなクライアントも多いので、ライティングの作業に慣れてきたら、タスク形式以外の仕事にもチャレンジする事をおすすめします。

色々なジャンルの文章が書けると仕事の幅が広がる

自分の得意なジャンルを伸ばすのももちろん大切ですが、まだやった事のないジャンルにも挑戦する事も重要です。

例えば、自動車が好きだからといって自動車の仕事ばかりを受けていると、ほとんどの場合、だんだんと文章のネタが無くなって稼ぐ事が難しくなってしまいます。

安定した収入があったとしても、書いているジャンルを一つに限定していると、ある日突然仕事が無くなる危険性があります。

そんな時に、違うジャンルで文章が書けるのであれば、お金が全く入ってこなくなるという最悪の事態は避けられます。

ただし、書くのにどうしても時間がかかる、苦手なジャンルは人それぞれあるものですので、どうしても苦手なジャンルをいつまでも無理にやり続ける必要はありません。

求められているWebライターの人物像とは

Webライターに求められているのは、クライアントが欲しい文章を書く能力です。

その為には、文章を書く事が好きである事はもちろん、クライアントの指示に沿った文章を書ける事が重要になります。

たくさん文章を書いているうちに、自分なりの書き方が見つかるかと思いますが、よほど名前が売れていない限り、Webライターの文章に個性は求められません。

クライアントから要望があれば、自分のやり方とは違っていても、対応する柔軟性が必要です。

柔軟性の他にも、メールなどの連絡に対しての返答が早いとクライアントからの印象が良くなるので、心がけておきましょう。

また、色々な事に興味を持って調べる癖があると、書ける文章のジャンルを増やすきっかけになります。

Webライターのここが大変!最初はなかなか稼げない

誰でもWebライターとして活躍できるようになった今、たくさんの人が文章を書いて報酬をもらっています。

クラウドソーシングのお陰で、多くの人がお金を稼ぐチャンスを掴めるようになった一方で、Webライターの報酬の単価が安くなるという悪い影響も出てしまいました。

仕事を始めるハードルが下がった事により、初心者がたくさん増えてしまい、簡単な内容であれば多少安くても仕事をしてくれる人がいる為、だんだんと単価が低くなってしまったのです。

かつては1文字1円以下だと安すぎると言われていたライターの仕事ですが、クラウドソーシングで探してみると、1文字0.3円という案件がたくさん出ています。

正直、始めたばかりの人が、クラウドソーシングで最初から1文字1円の仕事ばかりを狙うのはあまりオススメできません。

なぜなら、単価が高い案件は、基本的に過去の実績がある人向けの物になるので、クラウドソーシングで仕事を始めたばかりの人はクライアントに断られてしまう可能性が高いからです。

クラウドソーシングで最初から1文字1円の仕事ができるのは、ライターの仕事の経験があって働き方を知っている人や、Webライターとしてアピールできる材料を持っている人がほとんどです。

全く初めての人がWebライターとして稼ぐには、最初の内は、どんな依頼主がいるのかや、どんな風に仕事をしたら良いのかを勉強しつつ、自分ができそうな案件の中でも単価が高い案件を狙うといいでしょう。

できれば自分の名前を載せてもらえる案件があれば、自分が書いた物としてクライアントにアピールできるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

また、ツイッターやブログを活用して、自分をアピールする事もできます。

ブログは記事を書き溜めておけば、自分が書けるジャンルと文章力をアピールしたい時、サンプルとして先方へすぐに渡す事ができます。

例えば、FXに関する記事の案件があった時、メールで自分のFXに関する知識を伝えるのも良いですが、自分のブログでFXについて書いた記事があれば、何個か記事のURLを送るだけで、簡単に自分の知識と文章力をアピールできる、という事です。

ツイッターでは、自分のフォロワーが多ければ、自分が文章を書いてツイッターで宣伝すると、フォロワーが見てくれるので、記事に多くのアクセスが見込める事をアピールできます。

ブログやツイッターで、日ごろからコツコツと文章を書いていると、文章を書くスピードを上げる訓練にもなります。

Webライターの働き方とは?フリーランスか、就職か

これまでWebライターとして働く方法はクラウドソーシングに絞って紹介しましたが、それ以外にも企業に就職する方法もあります。

様々な企業がネットでの集客をするようになった為、Webライターの募集をしている企業が増えつつあります。

企業に就職すると、フリーランスに比べて好きな時間に働く事が難しくなりますが、仕事を探す手間や税金関係の計算など、文章を書く以外の時間がかなり減ります。

さらに、就職していれば、病気や怪我の時でも、傷病手当金を受給して収入を得る事ができますが、フリーランスの場合ですと仕事が出来なければ収入は無くなってしまいます。

もしも正社員のWebライターとして就職するのであれば、自分の文章を書く能力を企業に伝えなくてはいけないので、アピールできる過去の実績を提示するか、アルバイトとして働いてから社員になるケースが多いです。

また、サイトの管理ができれば、アフィリエイトを利用して報酬を得る事もできます。

アフィリエイトとは、企業が売りたい商品を自分のサイトで宣伝して、条件が達成できたら、企業からお金がもらえるビジネスの一つです。

自分のサイトを通して、売れた商品の数だけ報酬がもらえる事になります。

この場合、文章を書くだけではなくサイトの運営なども関わってくるので、正確にはWebライターでは無くアフィリエイターという事になります。

自分でジャンルを選んで好きに文章を書きたい、という人にはおすすめの働き方です。

ただしフリーランスと同じく、文章を書く以外の時間が必要だったり、病気や怪我の時の福利厚生が無い働き方になります。

まとめ

文章を書く事が好きだという人にオススメのWebライターですが、決して楽して稼げる職業という訳ではありません。

クライアントとの信頼関係を築く必要があったり、過去の実績を積み上げるため、地道な努力が必要となります。

コツコツと仕事をしなければいけないため、一獲千金を狙う人には向かない職業となっています。

誰でもWebライターとして働く事ができるようになった反面、報酬が低くなっている事が問題視されていますが、SEOの知識などの特別なスキルがあれば、一気に収入アップする可能性もあります。

興味がある方は、まずはクラウドソーシングサービスを利用して、簡単な案件から仕事を始めてみましょう。

本ページの内容は、2018年2月5日時点での情報です。

GOTTAのLINE@ができました!!

最新情報や、
人気の記事をお届け中!

友だち追加よろしくお願いします!

LINE@はこちら

※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。