紙の通帳廃止!三菱UFJ銀行が原則デジタル通帳にするとの方針を固める

お金のコラム

紙の通帳廃止を三菱UFJ銀行が発表

三菱UFJ銀行は、2019年6月10日(月)より、新規に口座を開設する場合、原則、紙の通帳は発行せず、デジタル通帳を使ってもらうようにすることがわかりました。

デジタル通帳とは、紙の通帳の代わりに、自分の口座の入出金履歴や残高がパソコンやスマートフォンなどのインターネット上で、閲覧できるサービスです。

紙の通帳「見直し」が行われた狙いとは?

紙の通帳を廃止し、デジタル化をする1番の狙いは、銀行による、印紙税の負担の軽減です。

銀行は、紙の通帳を発行するのに、1口座あたり年200円の印紙税を、国税庁に納める必要があります。

言い換えれば、通帳の発行をしなければ、1口座あたり年200円の出費を抑えられるというわけです。

たかが200円と思うかもしれませんが、三菱UFJ銀行が抱える個人口座は、約4,000万口座(2015年現在※①)で、この中から、通帳を利用していないネットバンキング利用者を除いたとしても、印紙税だけで、毎年70億円以上負担していることになります。

金融業界では、厳しい収益環境が続き、経営の難しさを増す一方で、通帳のデジタル化によって、コスト削減を進める狙いがあるというわけです。

(※①)データ参照元:MUFGの概要|MUFGレポート2015|三菱UFJフィナンシャル・グループ

スポンサーリンク

紙の通帳も有料ではありません

紙の通帳廃止というルールはあくまでも「原則」であり、希望者は従来通り、通帳を利用できます。

紙の通帳を発行するのが有料なのでは?という懸念もありましたが、今回、紙の通帳廃止を決めた三菱UFJ銀行では、無料で発行してもらえます。

ただし、もし今後、他の銀行が紙の通帳を廃止した場合は、有料での発行となる銀行も出てくる可能性も否めません。

平成28年には三井住友銀行が通帳レスの先陣を切り、今回の三菱UFJ銀行の発表は、それに追随する形となりました。

おそらく、今後、他の大手銀行や地方銀行も、通帳をデジタル化する流れがますます進むと思われます。

自分の場合は、デジタル通帳と紙の通帳、どちらの方が運用しやすいのかをじっくり考慮して、選んでください。

紙の通帳には手数料がかかる?

紙の通帳廃止の議論が高まり始めた当初、三菱UFJ銀行では、紙の通帳を利用する際に、前述の印紙税200円を預金者負担にするという案が出ていました。

しかし、2019年5月30日(木)現在、これについても、導入されないとしています。

したがって、たとえ、紙の通帳にしたからといって、余分にお金を取られるというデメリットはなく、デジタル通帳への切り替えも必須ではありません。

そのため、現時点では、「絶対にデジタル通帳にしなければならない理由はない」と考えていいでしょう。

紙の通帳のメリットとは?

デジタル通帳にすれば、「わざわざ銀行に行き、ATMに並ぶ必要もない」「いつでもどこでも口座情報を閲覧することができる」「通帳記帳や通帳繰越が不要」というメリットがあります。

しかし通帳のデジタル化が進む一方、やはり「紙の通帳を使いたい」という方も多いでしょう。

その理由は、紙の通帳にも多くのメリットが存在するからだと思います。

紙の通帳のメリット
  • お金の流れを一目で見られるため、家計管理がしやすい
  • 情報漏えいやデータ消失などのリスクが少ない
  • お年寄りや、スマホやPCに弱い人でも使える
  • 預金者が死亡した場合に残された人が口座を把握しやすい
  • 若い世代にとっては、スマホ・PC上のサービスは、あまり抵抗がないかもしれませんが、それでもやはり、ネット上にも「紙の通帳廃止」には、賛否の声が・・・。

    ネット上の意見

    紙の通帳廃止に賛成派

  • すぐに口座明細がチェックできるから便利
  • いつも混雑しているATMに並ばなくて済む
  • 紙の通帳を持つことのメリットを感じない
  • 履歴と残高さえわかればいい
  • 家で通帳をなくした時に再発行する手間が省ける
  • 紙の通帳廃止に反対派

  • なんとなく信用できず、危険そうで不安
  • スマホを持っていない、使いこなせない
  • 給料日にATMで通帳記帳をするのが楽しみなのに・・・
  • 現物があった方が安心感がある
  • スマホが壊れた時や機種変更をする時の引継ぎが面倒くさそう
  • 確かに、デジタル通帳には、多少のデメリットも存在するかもしれません。

    しかし、三菱UFJ銀行では、紙の通帳を廃止したからといって、利便性の低下などはなく、むしろ、機能の強化を進めていくとしています。

    スポンサーリンク

    eco通帳にしたら、紙の通帳との併用はできない

    三菱UFJ銀行では、2012年からネットバンキングのサービスで、web上で入出金明細が見られる「Eco通帳」という機能があります。

    今回、紙の通帳の廃止によって、このEco通帳を使うことになります。

    この機能では、PCやスマホで、最長10年分の明細を閲覧できるというのが最大の特長です。

    既に口座を持っていて、紙の通帳を持っている人は今まで通り、紙の通帳を使い続けることができますが、もしも、通帳を紛失してしまった場合には、このEco通帳への切り替えが推奨されます。

    また、Eco通帳に切り替えをした場合には、紙の通帳は使用できなくなるため、デジタル通帳(Eco通帳)とアナログの通帳(紙の通帳)の併用はできません。

    Eco通帳の詳細については、三菱UFJ銀行の公式サイトをご覧ください。

    本ページの内容は、2019年5月31日時点での情報です。
    タイトルとURLをコピーしました