雨だから遊びたい!雨でも遊べる場所特集!

もうすぐ梅雨の季節。
雨だからって、せっかくのお出かけを諦めていませんか?
そんな時は、雨でもしっかり遊べる
屋内施設をオススメします♪
もちろんお子様も楽しめる場所がいっぱいです!

記事はこちら

目指せ1億円貯金!まずは100万円貯めるところから始めよう

お金のコラム

唐突ですが、1億円貯める方法があったら知りたいですよね!

とは言っても、宝くじでも当てない限り、1億円を手にするのは、難しいものです。

まずは、100万円を貯金するところから始めて、1億円を貯金するための最短ルートを考えてみましょう。

100万円の積み重ねが、1,000万円、1億円の貯金へと繋がります。
 

固定費を見直し、削れるところは全て削る

光熱費や携帯代、保険料など、毎月あるいは毎年、絶対に必要な出費がありますよね。

これをゼロにすることは難しいと思いますが、できる限り減らすことで、毎月コンスタントに節約・貯金ができます。

地道なので、そんな方法じゃお金は貯まらないと思う方もいるかもしれませんが、貯金の基本は、「チリも積もれば山となる」ですよ!
 
例えば・・・

スマホ料金
毎月7,000円~10,000円ほどかかっているスマホを、格安スマホに変えると、毎月2,000円程度に減らせます。

スマホ月額サービス
契約時に自動的に加入したオプションがいくつもついたままになっていることがあり、意外と高い金額を払っている場合もあります。使っていないものは外すと、毎月数百円~数千円の節約になるでしょう。

生命保険・医療保険・自動車保険料
あれもこれもと、たくさんの保証を付けていると、大きな出費になります。自分にはいらないと思う保証はカットすることで、毎月数千円節約することができます。

新聞代
今は、スマホやタブレットで、気軽にニュースを見ることができるので、なんとなく購読しているという方は、思い切って新聞をやめてみましょう。毎月3,000~4,000円程度の節約になります。

 
これらを全て実践すれば、月々1万円前後の節約になり、1年で12万円以上も浮かせられるケースも考えられます!

主婦だけのものじゃない!しっかり家計簿をつけよう

貯金をするには、家計簿をつけることが、とても重要です。

なぜかというと、家計簿をつけることによって、収支状況が一目でわかり、お金を使いすぎている原因、お金が貯まらない原因を究明できるからです。

お金を管理することは、貯金に大きく繋がるというわけです。

本当は、昔ながらの方法で、手書きの家計簿が、よりわかりやすくておすすめですが、今はPCやスマホで、家計簿のソフトやアプリがあるので、それでつけていくと、簡単です。

1つ注意したいのは、すべてを細かく書き過ぎないことです。

項目を、食費・日用品・飲み代・洋服代くらいに絞ってざっくり管理することで、途中で挫折することなく、長く続けることができるでしょう。

それでも毎日やる時間はないという方は、レシートを取っておいて、1週間に1回、家計簿をつけるだけでもOKです。

スポンサーリンク

毎月、給料日に決まった額を、別口座に移しておく

会社によっては、申請すると、給与の中の決まった額だけ、自動的に別の口座に振り込んでくれる場合があります。

そのようなことが可能であれば、初めに、貯金専用の口座を作っておき、「毎月○万円は、貯金用口座に入れる」という手続きをしておきましょう。

また、ボーナスも使わずに貯金しておけば、より早く貯まりますよ!

もちろん、貯金専用の口座は、手をつけないようにしなければなりません。

貯金にまわす金額は、給料の4分の1が理想ですが、まずは6分の1程度から始めてみましょう。

今、あなたは、給料の何割を貯金できていますか・・・?

財布には、必要最低限のお金しか入れておかない

「財布には多めにお金を入れておかないと不安」という理由で大金を入れておき、そのせいで、無駄遣いをしているという方はいませんか?

このままでは、浪費を繰り返してしまう可能性があります!

そのため、必要な時以外は、財布に大金を入れないようにしましょう。

最初から、財布にお金が入っていなければ、使いようがありませんよね。

お金を持ち合わせていないことで、衝動買いを防ぐことができますよ。

すぐに買わないことで、それが本当に欲しいかどうかを見極めることができるんです。

特に、大学生やフリーター、主婦のように、毎月の収入が少ない方は、出費の割合に気をつけることが重要です。

1億円を貯めるような人は、お金の使い方に、こういった賢い習慣があるものです。

無駄な支出を全て削れたら、次は収入を増やすことを検討しよう

支出において、これ以上削るところがない!というところまで削ったら、次は、収入を増やすことを考えてみましょう。

収入を増やす=ギャンブルや投資での資金運用と考えられることが多いのですが、100万円貯金するなら、急がば回れです。

GOTTAがおすすめするのは、副業をして、コツコツお金を貯める方法なんです。

副業には、ハンドメイド雑貨を売ったり、メールレディをしたり、頑張り次第で、月に数十万円を稼ぐことができる仕事もあります。

「たくさん貯めたいから、一攫千金を狙おう」という考えは一旦捨て、少しずつ着実に収入を増やすことが、100万貯めるコツであり、大きなカギとなります。

お金を稼ぎたい女性必見!専業主婦の空き時間だけでもできる仕事

お金を稼ぎたい女性必見!専業主婦の空き時間だけでもできる仕事
専業主婦になると育児などに奮闘し、外に出て働くことができなくなってしまいます。それでも、お金を稼ぎたいと思っている女性は多いはず。家事や育児で時間が拘束されていても、簡単にできる仕事や副業をご紹介します。

100万円貯めるには、どれくらいの期間がかかる?

あなたは、どれくらいの期間をかけて、100万円を貯めたいとお考えでしょうか。
半年?1年?あるいはそれ以上?

そして、その期間中に100万円貯めるには、毎月いくら貯める必要があるのでしょうか。

ずばり、1年で100万円貯めるには、月に84,000円程度貯金する必要があります。

つまり、例えば、月々の収入が35万円の方であれば、給与の約4分の1を貯金にまわさなければならないというわけです。

少しキツイかな?と思われた方は、2年で100万円を目指してみてはいかがですか?

2年なら、月々40,000円強の貯金で、100万円が貯まりますよ。

もちろん、ボーナスがある方は、もう少し容易に貯められますし、逆にもう少し給与が少ない方は、やはり副業で、収入を増やすことを検討するといいかもしれません。

1億円貯めるには、だいぶ長い目で見ていく必要がありそうですね・・・。

スポンサーリンク

知っておきたい!100万円を銀行で貯金したら、利子はいくら?

どうせお金を貯めるなら、利息がつくように、銀行に預けたいという方も多いはずです。

ただ、今、大手銀行の金利は、0.001%程度という時代です。

つまり、100万円を1年間預けても、10円しか利子がつかないんです。

1億円貯金しても、利息は、1,000万円という計算になります。

少しでも、利子で得をしたいなら、定期預金に預けるか、キャンペーンをしている銀行に預けることをおすすめします。

1億円を目指して、貯金100万円から始める際のまとめ

主婦のブログでも、100万の貯金方法を紹介していることがありますよね。

あなたなら、100万円あったら、何か買いたいものはありますか?

貯まった時点で何かに使うのもよし、そのまま1,000万円、1億円を目指して貯め続けるもよし。

まずは、コツコツ節約することによって、お金に対する意識を強く持ち、貯金に繋げましょう。

本ページは、2017年1月5日時点での情報です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました