川越の食べ歩きの場所はどこ?おすすめ店とルートをまとめました!

旅行

川越の食べ歩きの場所はどこ?おすすめ店とルートをまとめました!

埼玉県にある「川越」は、東京駅から電車で約1時間ほどの場所で、小江戸とも呼ばれています。

情緒溢れる街並みが大人気となっていて、いたるところで食べ歩きができますよ♪

また、最近はフォトジェニックな食べ物も多く、若者にもとても人気のエリアなんです!

都心からのアクセスも良好なので、日帰り旅行にもばっちりですよ!

気になるお店があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね!

川越エリアは近年とても人気の観光スポットです。人通りが多く、食べながら歩く行為はとても危険です。他の方の迷惑にもなりますので、道の端に寄って止まって食べることをおすすめします。

川越の食べ歩きのおすすめ6選

それでは、川越に来たら絶対行ったほうがいい!というお店を6店ご紹介していきます!

川越はさつまいもが名産ということもあり、さつまいもを使った食べ歩きが充実しています。

さつまいも好きのみなさん、要チェックです…!

「菓匠右門」のいも恋

こちらのお写真は「hungry_days365さん」にお借りしています!
ありがとうございます!

大人から子供まで大人気のまんじゅう「いも恋」は、菓匠右門さんで頂くことができます。

中は輪切りになったさつまいも(ペーストでなくそのまま!)と、つぶ餡の二層になっていて、モチモチの生地でふんわりと包み込まれています。

ひとつひとつ手作りで作られていて、しっとりとした味わいが人気の秘密です♪

お土産にも大人気の商品で、温めて食べるのがおすすめですよ!

菓匠右門の基本情報

公式サイト

【住所】
〒350-0063
埼玉県川越市幸町15‐13
【電話番号】
049-226-5663
【営業時間】
9:00~18:00
【定休日】
年末年始

スポンサーリンク

「中市本店」のねこまんまおにぎり

こちらのお写真は「gtrhetaさん」にお借りしています!
ありがとうございます!

かつお節を中心に取り扱っている中市本店では、店頭にて「ねこまんまおにぎり」という焼きおにぎりを販売しています。

かつお節と昆布でだしをとった自家製だし醤油を塗り、最後にかつお節かいわし節をまぶしているんです。

これが美味しくないわけないですよね…!

ねこまんまおにぎりは、12:00からの販売で、売切れ次第終了となりますので、確実に食べたいという方は、早めの来店がオススメです!

中市本店の基本情報

公式サイト

【住所】
〒350-0063
埼玉県川越市幸町5-2
【電話番号】
049-222-0126
【営業時間】
10:00~19:00
※ねこまんまおにぎりは、12:00~売切れ次第終了
【定休日】
水曜日
※ねこまんまおにぎりは火曜、水曜

「小江戸おさつ庵」のおさつチップ

こちらのお写真は「yoko0828yokoさん」にお借りしています!
ありがとうございます!

インパクトが抜群の「おさつチップ」をいただけるのは、小江戸おさつ庵

さつまいものそのままの長さを生かし、顔が隠れてしまうほどの長さがありますよ。

薄揚げのパリパリ食感で、土日は行列ができる人気のお店となっています。

お持ち帰り用に袋にも入れてくれるので、一度に食べ切れなかった場合も安心です。

お店にはアイスにおさつチップがついているメニューなどもありますよ♪

見た目も味も、バッチリなおさつチップ、おやつや小腹が空いたときにどうでしょうか?

小江戸おさつ庵の基本情報

公式Instagram

【住所】
〒350-0063
埼玉県川越市幸町15−21
【電話番号】
049-226-3297
【営業時間】
11:00~17:00
【定休日】
不定休
※公式Instagramには記載がないため、おでかけの際はお問い合わせするのが確実です。

「楽楽」のパン

こちらのお写真は「u_pa_fuさん」にお借りしています!
ありがとうございます!

川越食べ歩きエリアで人気のベーカリー楽楽

平日は朝8:00、土日は7:30から営業をしているので、朝ごはんにもピッタリなんです♪

上記画像にもある人気メニューの味噌パンは、埼玉県秩父の味噌を使用し、表面のクッキー生地も味噌風味になっているんです。

なんだか懐かしい味に、リピーターが続出していますよ!

また、「川越ベーカリー楽楽」の目の前にはサンドイッチパーラー楽楽という姉妹店も。

こちらでは、サンドイッチに特化したメニューをいただくことができます。

こちらも同様に人気店ですので、ぜひ足を運んでみてくださいね♪

楽楽の基本情報

公式サイト

【住所】
〒350-0062
川越市元町2-10-13
【電話番号】
049-257-7200
【営業時間】
平日:8:00~17:00
土日祝:7:30~17:00
※売切れ次第閉店
【定休日】
不定休
基本的に無休。年末年始、社員研修(6月)、夏休み(9月)など年に数回

スポンサーリンク

「亀屋(龜屋)」のいもシュー

こちらのお写真は「noa___foodさん」にお借りしています!
ありがとうございます!

亀屋は、1783年に創業された歴史ある和菓子屋さんで、埼玉県を中心に14店舗を展開しています。

お菓子や生菓子をはじめ、ご慶事・ご弔事用のお菓子も販売していますよ。

そんな亀屋の食べ歩きグルメとして人気なのが、「川越いもシュー」。

シューに紫芋パウダーを使用し、芋の形をしたシュークリームなんです。

要冷蔵のため、持ち帰りには適していませんが、食べ歩くぶんには問題ありません。

1個160円なので、買いやすい値段も魅力のひとつですね!

亀屋(龜屋)の基本情報

公式サイト

【住所】
〒350-0062
埼玉県川越市元町2丁目1−6
【電話番号】
049-225-7451
【営業時間】
10:00~18:00
【定休日】
不定休

「川越いわた」のアイス

こちらのお写真は「lottattaさん」にお借りしています!
ありがとうございます!

「川越いわた」は、大学いもの専門店として、さつまいもを使った様々なメニューがあります。

もちろん大学いもは人気の商品ですが、暑い夏におすすめしたいのが「自家製アイスキャンディー」!

大学いもの専門店が、アイス?と思うかもしれませんが、季節のフルーツがたっぷりと入ったアイスは、食べ歩きにも最高なんです!

アイスは通年販売していますが、時期によってメニューが変わる可能性があります。

アイス以外にも、さつまいもをつかったパフェなど、写真映えもバッチリなスイーツがたくさん!

暑い夏は、ぜひ「川越いわた」のアイスキャンディーをご賞味ください♪

川越いわた(本店)の基本情報

公式サイト

【住所】
〒350-0043
埼玉県川越市新富町1-8-17
【電話番号】
049-298-5164
【営業時間】
10:00~19:00
【定休日】
水曜日

川越食べ歩きルートまとめ

実は、川越には「川越市駅」、「川越駅」、「本川越駅」の3つの駅が付近にあります。

今回ご紹介しているお店は、どこも「本川越駅」からのアクセスが最も近い駅です。

本川越駅から「川越いわた」までは徒歩約6分となっていますよ!

今回ご紹介したお店を、上記のマップでまとめています。

緑色のピンをタップすると、お店の詳細が出ますので、ぜひチェックしてください!

どの駅からも主要食べ歩きエリアまでは少し距離がありますが、バスがたくさん出ているので、歩きが嫌だという人はバスを利用してみてくださいね。

川越の食べ歩き、予算はいくらくらい?

川越で食べ歩きをする際の予算ですが、食べ歩きはその場でさっと食べられるくらいの量という点が特徴でもあるので、ひとつあたりの値段が安く、そこまで大きな値段を用意する必要はないと思います。

それぞれ行くお店の数も違えば、何を食べるかも異なるので、一概にいくらとは断言できませんが、個人的には~2,000円か3,000円くらいだと感じます。

もちろんお土産を購入したりすることもあるので、余分にお金を持っておいたほうが安心ですね!

今回は、GOTTAがおすすめする6店舗をご紹介していますが、川越は本当に食べ歩きがたくさんできる場所です。

他にもこんな場所がおすすめ!というお店があれば、ぜひコメントで教えてくださいね!

スポンサーリンク

記事内の情報をInstagramでまとめています

GOTTAのInstagramでは、記事内の情報を画像でまとめています。

こちらもぜひチェックしてくださいね!

GOTTAのInstagramはこちら

フォローもお気軽にどうぞ!

本ページは2019年8月6日時点での情報です。施設・お店・記事内でご紹介している内容の最新情報については、必ず公式サイト等で、ご確認をお願いいたします。
タイトルとURLをコピーしました