あしかがフラワーパークの藤が美しすぎる!開花情報や見頃をお届け!

あしかがフラワーパークは、藤の名所!映画アバターの一場面にそっくり!?


栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」は、季節ごとの8つの庭で、たくさんの花木が彩る、花のテーマパークです。

1年中、花を楽しむことができますが、1番のシンボルは、樹齢約150年の600畳敷の大藤、80mに渡って続く白藤・きばな藤のトンネルなど、350本以上の藤です。

1996年2月、大藤棚の4本がこの場所に移植され、当時72㎡だった藤棚も、10倍以上の1,000㎡にも拡がり、今では世界一美しい藤と称賛されています。

そして毎年、「ふじのはな物語」と称され、様々な種類の藤色が移りゆく姿を見ることができるのです。

また、あしかがフラワーパークは、2014年、アメリカのCNNが選出した「世界の夢の旅行先9ヵ所」に、日本で唯一ランクインしたこともあって、国内外からたくさんの観光客が訪れる観光地となりました。

ちなみに、ライトアップされた藤棚が、映画アバターの魂の木に似ていることでも、話題にもなりました。

いかがですか?

とても幻想的な光景で、まるでアバターの世界に入り込んだようですよね!

あしかがフラワーパークにある藤の種類は?例年の見頃はいつまで?開花状況は?

藤の花の満開時期は、その年の気温や天候によって異なります。

ただ、あしかがフラワーパークにはたくさんの品種があり、花の色ごとに時期をずらして順番に咲くため、1ヶ月以上に渡って藤を楽しむことができます。

藤の種類 例年の見頃
うす紅藤 4月中旬~4月下旬
大藤 4月下旬~5月上旬
白藤 5月上旬
きばな藤 5月上旬~5月中旬

メインは大藤ですが、日本国内では珍しい白藤やきばな藤も必見ですよ!

満開の時期を見計らって、お出掛けくださいね。

藤やその他の花について、開花状況を知る方法は?

あしかがフラワーパーク 公式サイト

 
【現在の花の状況】

 
あしかがフラワーパークで見頃を迎えている花について、週1ペースで更新されています。

藤の時期には、ほぼ毎日、更新されるので、ベストシーズンを見逃しません!

 
【スタッフ日記】

 
あしかがフラワーパークの花について、スタッフ目線で、ブログのように書かれており、お花のプチ情報・豆知識も載っています。

もちろん、藤の見頃についても、細かく書かれていますよ。

 

あしかがフラワーパークのFacebook


フェイスブックでは、藤の状況や、園内で行われるイベントなど、リアルタイムで情報が発信されています。

 

あしかがフラワーパークのtwitter

開花状況の他、混雑状況やお得情報も確認できます。

ツイッターをうまく利用すると、園内にいる人しか知ることができないような情報を知られて便利ですよ!

足利フラワーパークの藤の画像が見たい!2018年の写真はこちら

昼の部

昼間に見る藤は、言うまでもなく圧倒的な存在感があり、真下から見上げると、空の青さとのコントラストも素敵です。

晴れている日は太陽の光に照らされ、華やか且つ妖艶で、迫力満点ですよ。

明るい時間帯は、すごい混雑ぶりですが、一見の価値ありです!

夜の部<ライトアップ>

17:30~21:00には、約300基の照明によって藤の花がライトアップされる、夜の部が始まります。

昼間の姿とは一味違う表情となり、独特の雰囲気が醸し出され、この姿は「日本夜景遺産」に認定されています。

ちなみに、ライトアップ以降の入園は、入園料が300円安くなるので、お得ですよ。

もちろん、明るいうちに入園し、昼の姿と夜の姿、両方楽しむのもいいですね。

天然記念物の白藤トンネル・日本唯一の長さ80mのきばな藤トンネルは圧巻!

名前の通り、真っ白な花を咲かせる「白藤」のトンネルは、大藤と並び、栃木県指定天然記念物になっています。

23本の古木が絡み合うことでできている長さ80mの白藤のトンネルをくぐると、自然と「きれい!」という言葉が出てしまいます。

もう1つのトンネルである「きばな藤」は、日本では育てるのが難しいと言われているため、大変珍しい品種です。

長さ80mの規模で、これほどまでに手入れが行き届いているというのは、貴重です。

甘い香りに包まれながらトンネルの下をゆっくりと歩き、藤を鑑賞できるので、何度でも通りたくなってしまいますね。

入園料は、花の咲き具合によって変動する!安く入れる割引券はある?

あしかがフラワーパークの入園料は、花の咲き具合によって変動します。

藤のシーズンは、【昼の部】大人900~1,800円/子供500~900円、【夜の部】大人600~1,500円/子供300~800円となっていて、その日の当日に決まるというわけです。

最高価格の場合、大人が1,800円なので、ちょっと高めですよね。

そこで、割引料金で入園する方法がいくつかあります。

まず、1番手っ取り早いのが、公式サイトから入会できる「メール会員」です。

入会金・年会費無料で、ふじのはな物語の入園料が、昼100円・夜200円引きされるので、とてもお得です。

マイページにログインして表示される割引クーポンを、スマホなどの場合は画面の提示、パソコンの場合は印刷して提示するだけなので、お手軽です。

その他に、JAF割引・コンビニの前売り券などでも、安く入ることができます。

あしかがフラワーパークの混雑状況は?渋滞を回避するコツはある?

あしかがフラワーパークは、年間150万人以上の来園者が訪れ、特に藤のシーズンは、毎年、園内や入口、周辺道路が大混雑します。

入園チケットを買うだけでも、この行列・・・。

コンビニなどで買える前売り券を買っておけば、チケット売場に並ばず、直接入園することができるのでオススメです!

もしも前売り券がなく、チケット売り場にも並びたくないという方は、15:00以降に行くとスムーズに入れます。

ただ、入園すると、藤棚の下は人・人・人・・・!

昼間やライトアップの時間は、前に進めないくらい混雑しています。

そのため、藤のシーズンは開園30分前の6時半頃までに到着しておくといいですよ。

園内を見るための所要時間は、2~3時間ですので、開園と同時に入って、大混雑する昼前後を避けて出てくるというのも、1つの手段かもしれません。

車で行くと渋滞がひどい!電車など公共交通機関を利用しよう

例年、ふじのはな物語期間中の混雑はすさまじく、車で、たった1kmを進むのに1時間かかったということもある程です。

藤のシーズンには、交通規制がかかり、普段できる場所も右折・左折ができなかったり、点滅信号に変わったりして、なかなか現地に辿り着けないということもあります。

そのため、渋滞の心配もなく、交通規制もない電車がとても便利です。

2018年4月に、園内から徒歩約1分の場所に、JR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」が誕生し、交通アクセスが抜群によくなりましたよ。

渋滞を回避するコツ1

車で東北自動車道を通って行く場合、ナビを設定すると、最寄のインターチェンジである「佐野藤岡I.C.」で降りるように設定されると思いますが、ここは1番の混雑ポイントとなりますので、通らない方が無難です。

佐野藤岡I.C.は避け、1つ手前の「館林I.C.」で降りて、下道を走ってください。

下道の時間が少し長くなる分、時間がかかるのでは?と思われるかもしれませんが、佐野藤岡I.C.の渋滞を避けることができるので、結果的に早く到着できる可能性が高くなります。

渋滞を回避するコツ2

あしかがフラワーパークの駐車場まで行かず、JR両毛線の「佐野駅」や「足利駅」に車を停め、「あしかがフラワーパーク駅」まで電車で向う、いわゆるパークアンドライドも一つの手です。

佐野駅、足利駅周辺にはいくつかの駐車場があり、電車に乗る時間も少なくて済みます。

渋滞知らずで、移動もラクチンなので、おすすめですよ。

渋滞を回避するコツ3

東武伊勢崎線「足利市駅」から出ているシャトルバスに乗れば、インターチェンジの渋滞に巻き込まれることがありません。

片道30分、ふじのはな物語期間中は、片道400円で毎日運行しています。

ただし、周辺道路が渋滞していると、シャトルバスも同じようにのろのろ運転になってしまう点、本数が少ない点などがネックです。

あしかがフラワーパーク内で食べられるランチ

ソースカツ丼

トリ子さん(@torikotori)がシェアした投稿 –

あしかがフラワーパークには、レストランから、テイクアウト方式のお店・カフェまで、たくさんのお店があります。

ランチには、藤をイメージした四色蕎麦や、栃木名物のイモフライ、佐野ラーメン、ポテト入り焼きそば、ソースカツ丼、贅沢丼などがおすすめです!

足利フラワーパーク名物の藤ソフト&とちおとめソフト

あしかがフラワーパークで人気No.1グルメと言えば、この藤ソフト!

その人気っぷりは、「あしかがフラワーパークに行ったら、ほとんどの人が食べる」と言っても過言ではないほどです。

見た目の鮮やかな紫色もきれいで、本物の藤の香りが再現されているので、食べてみてくださいね。

そして、藤ソフトに並び、人気があるのが、とちおとめソフトです。

とちおとめは栃木名物ですので、ついつい味わってみたくなりますよね。

どちらのソフトクリームも、400円(税込)で買えますよ。

あしかがフラワーパーク限定のコールドストーン💐🎀✨ ローズフレーバーの「フォーリンローズ」🌹と藤フレーバーの「フジクリーマリー」💜✨ あまりに可愛すぎてどっちにしようか選べず、、両方にしました😭💕✨ #asikagaflowerpark #あしかがフラワーパーク #栃木 #栃木旅行 #coldstone #コールドストーン #薔薇 #rose #rosegarden #フォーリンローズ #フジクリーマリー #lolitafashion #ロリータファッション #jfashion #カフェ巡り #hairarrange #uranaru #毎日の可愛いをあなたに#babythestarsshinebright #リボン #ゆめかわいい #kawaii #오오티디 #데일리룩 #셀카 #셀피 #셀스타그램 #かわ育カフェ #icecream #ハッピークリーマリー体験

胡桃咲姫さん(@kurumisaki0315)がシェアした投稿 –

こちらは、コールドストーンとコラボしたアイスで、藤をイメージした「フジクリーマリー」とバラをイメージした「フォーリンローズ」です。

とても可愛く、目でも舌でも楽しめる、まさしくインスタ映えスイーツですよね。

1本580円と少し値段は張りますが、あしかがフラワーパークでしか食べられない限定商品ですし、花に囲まれながら食べるアイスは格別です!

足利フラワーパークのお土産は藤まんじゅうに決まり!

あしかがフラワーパークのお土産、人気ナンバーワンは、「藤まんじゅう」です。

しっとりとしたカステラ生地の中で、甘さ控えめのこしあんを包み、表面には藤の花がかたどられています。

8個入り:650円、12個入り:980円というお手頃価格なので、自宅用と配る用、両方に購入してもいいですね!

その他にも、藤に関するお土産がたくさん売っています。

藤以外にも季節によってたくさんの花が楽しめる

あしかがフラワーパークは、藤だけではありません!

1年中いつ行っても、その季節に応じた、たくさんのきれいな花に囲まれます。

藤の季節以外だと、混雑が少ないので、ゆったり花を観賞することができ、癒されること間違いなし!

さらに、入園料も安いので、お得に楽しめますよ。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、数々の称号を受賞している

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、夜景鑑賞士が選ぶイルミネーションランキングで、2016・2017年の2年連続全国1位を受賞し、日本三大イルミネーションと言われています。

毎年10月末~2月上旬頃に行われるこのイルミネーションは、藤のライトアップと共に、日本夜景遺産にも指定されているんですよ。

花房をイメージした電飾を付けられた大藤や、光の壁画など、ここでしか見ることのできないイルミネーションの数々は必見です!

あしかがフラワーパークの基本情報

・あしかがフラワーパーク

  • 住所
  • 〒329-4216
    栃木県足利市迫間町607

  • 電話番号
  • 0284-91-4939

  • アクセス
  • JRあしかがフラワーパーク駅より徒歩約1分

  • 時間
  • 通常期
    9:00~PM6:00 ※ふじのはな期間を除く

    夏季・冬季 
    10:00~PM5:00 ※イルミネーション期間を除く
    ※開園時間は季節により変更になりますので、お出掛けの前にご確認ください。

  • 料金
  • 花の咲き具合により料金が変動

  • 駐車場
  • 大型駐車場300台(無料)
    臨時駐車場6,000台(無料)
    ※場所については、

  • 公式サイト
  • https://www.ashikaga.co.jp/

    あしかがフラワーパークは、東京からの場合、電車で2時間以内で到着します。

    世界一と言われる藤の花はもちろん、季節の花や、イルミネーションなど、年間を通して楽しめるので、一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

    画像出典元:あしかがフラワーパーク

    本ページの内容は、2018年7月10日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。