多摩動物公園にいるフラミンゴの衝撃的な水の飲み方が話題!とってもダルそう

旅行

多摩動物公園にいるフラミンゴの衝撃的な水の飲み方が話題!とってもダルそう!?

多摩動物公園で暮らしているこちらのフラミンゴ

ツイート主「こんぶ煮たらこ」さんが激写された衝撃的なフラミンゴの水の飲み方が、SNS上では、

「しんどい時の私じゃん」
「衝撃的すぎる!」
「声出して笑った!」

などと大きな反響を呼びました。

今回は、多摩動物公園の話題のフラミンゴやその他の動物について特集していきます!

衝撃的な脱力系フラミンゴにSNS上での反応続々・・・!

横になりながら(寝ながら?)水を飲む衝撃的なフラミンゴのツイートには、リツイート1万2,900件以上・いいね2万9,700件以上がつくなど、大反響を巻き起こしました。

脱力系フラミンゴのツイートは瞬く間にツイッター上で拡散され、下記のようなコメントがつきました。

やはり、横になりながら水を飲むフラミンゴの姿に驚きを隠せない方が大勢いらっしゃいますね・・・!

なぜ横になりながら水を飲んでいるのかの真相は、フラミンゴにしかわかりませんが、フラミンゴも最近の暑さにバテているのでしょうか・・・?

よく動物園にてフラミンゴを見ていらっしゃるツイート主のこんぶ煮たらこさんも、今回話題になったような衝撃的なフラミンゴの姿を見たのは初めてなんだそう・・・!

とっても貴重な瞬間を、カメラに収められたということになりますね!

今回話題になったフラミンゴの姿を一目見に、多摩動物公園に行ってみたくなった!という声も。

あれほどまでにフラミンゴがリラックスしながら水を飲むのは、安全な動物園だからこそのスタイルなのかもしれませんね・・・!

スポンサーリンク

多摩動物公園には他の可愛い動物もいっぱい!

多摩動物公園には、今回話題になったフラミンゴ以外にも、たくさん可愛い動物が暮らしています!

さまざまな動物たちのゆったりくつろいでいる可愛らしい表情には、見ているこちらが癒されますね・・・!

多摩動物公園では、300種を超える動物が飼育されていて、できる限り自由にのびのびと動物が生活できるように、檻(おり)ではなく壕(ほり)で仕切った放養形式で展示しています。

多摩動物公園こだわりの展示方法によって自由に生活する動物の姿を、ぜひ観察しに行ってみてくださいね!

スポンサーリンク

多摩動物公園の詳細情報

多摩動物公園の詳しい施設情報は、下記の通りです。

【住所】
〒191-0041
東京都日野市程久保7丁目1−1
【電話番号】
042-591-1611
【開園時間】
動物園 9:30~17:00(入園および入園券・年間パスポートの販売は16:00まで)
※開園時間は変更される可能性があります
※動物の健康管理上16:00を過ぎると見られなくなる動物がいます
【休園日】
毎週水曜日(祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)
12月29日~1月1日
※一部の水曜日が開園される場合があります
【動物園入園料】

  個人 団体(20名以上)
一般 600円 480円
中学生 200円 160円
65歳以上 300円 240円
【アクセス】
■電車の場合
京王線 多摩モノレール「多摩動物公園駅」下車後、徒歩1分

■お車の場合
中央自動車道「国立府中IC」から約20分

【駐車場】
無料の一般駐車場はありません。
※正門周辺に複数の有料駐車場があります(→多摩動物園周辺の有料駐車場
【公式サイト】
多摩動物公園

本ページは2019年5月27日時点での情報です。
タイトルとURLをコピーしました