びわ湖バレイのカフェ・びわ湖テラスが話題!CAFE360は予約席がおすすめ

びわ湖バレイ・びわ湖テラスとは?

びわ湖バレイは、琵琶湖の西側、滋賀県大津市にある、標高1,108mの打見山から1,174mの蓬莱山にかけて広がるリゾート施設です。

また、びわ湖テラスとはいうのは、そのびわ湖バレイの山頂に位置するカフェを併設したテラスで、今、インスタなどのSNSで大人気のスポットなんです。

びわ湖バレイの営業日は?空いている時間はある?

冬はスキー場として使われているので、びわ湖バレイの営業は、4月上旬~11月下旬のみとなります。

2016年7月にびわ湖テラスがオープンして以来、全国からたくさんの人が訪れるようになり、特に土日のお昼時は、人でごった返しています。

そのため、「落ち着いて絶景を見たい」「人が写らない写真を撮りたい」という方は、平日の午前中、できれば朝一がおすすめです。

びわ湖バレイは涼しい!?街中との気温差に注意!

びわ湖バレイの山頂は、街と比べて、気温が5~7℃低くなっています。

また、風も強く吹く日が多いため、体感気温がかなり下がり、真夏を除き、肌寒いと感じる日も多いのです。

春や秋には、1枚羽織れる上着を持っていくのが無難ですよ。

「びわ湖テラス」からの絶景

山頂の琵琶湖テラスからは、視界を遮る物がないので、琵琶湖を端から端まで見渡せる絶景を見ることができます。

特に晴れている日は、空の青さと琵琶湖の水面の青さが一体化して見え、目の前に青色の世界が広がります。

ただ、曇りで霧が出ている時は、景色が何も見えないということもあるようですね…。

びわ湖テラスから少し歩くと、「恋人の聖地・湖空の鐘」もありますよ。

カップルや好きな人と行けば、今よりきっと愛が深まるはず…!

びわ湖テラスに併設するカフェTHE MAIN


画像出典元:びわ湖バレイTHE MAIN

びわ湖テラスは、第1~第3テラスまであり、第1テラスと第2テラスのソファ席は、THE MAINのカフェ利用者のみの席となります。

特におすすめなのは、第1テラスで、ゆったりとしたイスに座り、琵琶湖を一望できるのです。

THE MAINの店内はラグジュアリーな雰囲気で、とても贅沢な時間が過ごせますよ。


画像出典元:びわ湖バレイTHE MAINテラスカフェ

メニューは、滋賀県産にこだわった料理やドリンクなどがあります。

ジェラートやポテトフライなども人気があり、中でもテラス特製のカレーパンは絶品です!

THE MAIN テラスカフェ営業期間・時間
期 間:2018年4月14日~12月2日
平日  9:40~16:00 (MENU 9:40~15:30)
土日祝・8月  9:10~16:00 (MENU 9:10~15:30)

午後からは混みあうので、絶景が見える特等席を確保するには、オープンと同時に入るのがベストです。

ランチビュッフェがおすすめのレストラン

びわ湖テラスには、「ダイニングレイクビュー」というビュッフェスタイルのレストランと、エキナカキッチンというカフェスタイルのレストランがあります。

特に、ダイニングレイクビューのランチは、さまざまな種類のメニューがあり、年齢を問わず、人気があります。


画像出典元:びわ湖バレイ Lake View

窓際の席なら、琵琶湖を望みながら、ランチをすることができますよ!

料金は、大人:2,000円、小学生:1,000円、幼児:700円(※フリードリンク 別途300円)で、席の予約はできませんので、早めの時間に入ることをおすすめします。

アクティビティー

ジップライン

ジップラインとは、ワイヤーロープを、滑車につられてターザンのように滑り降りるアトラクションです。

びわ湖バレイのジップラインは、2時間かけて全7コースを巡るように作られていて、最長コースは長さ169m、高さ25mでスリル満点です。

2人同時に飛べるダブルラインは、カップルで行くと、最高の思い出になること間違いなし。

料金は1人3,800円で、申し込みは前日の15時までにWEB予約をしておく必要があります。

スカイウォーカー

スカイウォーカーとは、不安定なロープや丸太などの上を進む、絶叫アクティビティです。

地上約5mの「チャレンジコース(中級・上級)」または、約2mの「ちびっ子コース」のどちらかを選び、進んでいきます。

標高1,100m、関西最高地のアスレチックをしながら、見下ろす琵琶湖は、まさに絶景そのもの。

料金は、チャレンジコースが3,200円、ちびっ子コースが1,600円で、こちらも前日の15時までにWEBで予約しておきます。

ブランコなどの遊具で遊べたり、なぞ解きができるスペースもある!

びわ湖バレイには、その他に、ブランコ・ボルダリングなど、子どもから大人まで楽しめる数十種類の遊具で遊べる広場もあります。

また、サマーランドは、そり遊び(そりレンタル1時間500円)やなぞ解き(1枚500円)が楽しめるスペースになっています。

小さなお子さまでも安心して遊べる場所ですよ。

びわ湖バレイのお土産は、びわ湖ストリートで買おう


画像出典元:びわ湖バレイ ショップ

ロープウェイ山麓駅には、県内最大級の「びわ湖ストリート」というお土産ショップがあります。

フィナンシェやバームクーヘン、えび煎餅などの商品が並びます。

滋賀県やびわ湖バレイのオリジナル商品が、お菓子・食品から地酒まで、たくさん揃っているので、きっとお気に入りが見つかることでしょう。

びわ湖バレイやびわ湖テラスを観光した思い出に、お土産を選んでくださいね!

琵琶湖バレイのカフェCAFE360は席が予約できる


画像出典元:びわ湖バレイ CAFE360

びわ湖テラスなどがある打見山の山頂からさらに約70m高い蓬莱山の山頂に上ると、大パノラマを望むことができるCAFE360(カフェサンロクマル)というお店があります。

CAFE360に行くには、打見山から、「打見リフト」「ホーライリフト」と、片道約20分、2つのリフトを乗り継いでいきます。

このカフェは、物販ブースで食べ物や飲み物を買い、屋外の360度パノラマのゆったりとしたウッドデッキやカウチ席で、飲食をするというスタイルです。


画像出典元:びわ湖バレイ CAFE360

非日常の開放感で唯一無二の絶景は、ここでしか味わえません!

足を伸ばして座ることのできる卵型のカウチ席は、予約専用のプレミアムシートになっていて、当日受付で予約をすると、45分3,000円で利用することができます。


画像出典元:びわ湖バレイ CAFE360

混雑していても、ランチやお茶をしながら、ゆったりとくつろぐことができるので、とても贅沢な気持ちになれますよ。

びわ湖バレイのアクセス・行き方は?


画像出典元:びわ湖バレイ アクセス・駐車場

電車の場合

JR湖西線「志賀駅」を降り、路線バス(江若交通)で約10分ほどで、ロープウェイ乗り場の前に到着します。

JRなら大阪から約1時間20分、京都からなら約50分なので、日帰りでも気軽に楽しめますね。

路線バスの運賃は、片道330円(+冬季は板の持込料100円)です。

車の場合

湖西道路(無料)を北上し、志賀I.C.で降ります。そこから1つ目の信号を右折し、「びわ湖バレイ口」という信号を右折します。

駐車場

びわ湖バレイには、駐車場が15箇所もあります。

入口で、平日1,000円/1日・土日祝2,000円/1日の料金を払えば、近いところから遠いところまで、どこに停めてもOKです。

駐車場の1番上が、「ロープウェイ山麓駅」乗り場です。

ロープウェイで打見山の山頂を目指そう!

びわ湖テラス・レストラン、アトラクションも全て山頂にあるため、ロープウェイで登って行く必要があります。

定員121名の大型ロープウェイは、4面ガラス張りで、パノラマビューが楽しめます。

全長1,783mありますが、速度は日本一の秒速12m(4~11月は秒速7m)なので、たったの4分で、打見山の山頂「ロープウェイ山頂駅」まで到着します。

びわ湖バレイの料金は?少しでも安く行ける割引情報をご案内

ロープウェイ料金
大人 小学生 幼児(3才~)
往復料金 2,500円 1,000円 600円

※ペット1頭500円

リフト料金
大人 小学生・幼児
片道
400円
1日券(ホーライリフトのみ運行時)
700円
1日券(両リフト運行時) 1,200円 800円

※公式サイトには、徒歩40分程で蓬莱山まで上がれると記載されていますが、リフトに乗っていくことをおすすめします。

びわ湖バレイにあるロープウェイの割引はある?

「絶景が見たい!でもロープウェイの値段がちょっと高くて躊躇している」という方も少なくないはず。

少しでも安く乗るために、割引特典を使うといいですよ。

「JAFカード」や「タイムズカード」など、いろいろな割引方法がありますが、最も割引率が高いのは、平和堂の「HOPカード」です。

このカードを持っていると、なんと5名まで、往復通常料金より大人500円引き・小学生200円引き・幼児100円引きで、ロープウェイに乗れちゃうんです。

すでにHOPカードを持っている方は、とてもラッキーですね!

持っていない方は、びわ湖バレイから車で10分程の、平和堂和迩(わに)店で作ってから行くと役立ちますよ。

カードの発行・案内を受けるには、1階のサービスカウンターで、無料で作ることができます。

平和堂和迩店の営業時間:9:30~21:00

びわ湖バレイに実際に行った方の口コミ・感想

やはり、1番多い口コミは、その絶景に感動する声です!

思った以上にキレイな景色だった、来た甲斐があったという意見が多いですね。

絶景だけでなく、グルメやアスレチックなどが充実しているのも、満足できる理由の1つです。

ただ、次に多い意見として、人が多すぎて、思っていたのと違うという声もあります。

実際に、土日や大型連休などは、ロープウェイ乗り場や、カフェ・レストランエリアにも列ができてしまうこともしばしば・・・。

いろいろな意見もありますが、行ってみる価値は十分にありますよ。

基本情報

・びわ湖バレイ(びわ湖テラス)

  • 住所
  • 〒520-0514
    滋賀県大津市木戸1547-1

  • 電話
  • 077-592-1155

  • 車でのアクセス
  • 西大津バイパス、湖西道路「志賀I.C.」下車、約5分
    ※ナビの目的地は「びわ湖バレイ口」経由で「ロープウェイ山麓駅」にすると、スムーズに駐車場に到着できます。
    Google mapの方は「びわ湖テラス駐車場 入口」または「びわ湖バレイ 入口」を目的地に設定してください。

  • 電車でのアクセス
  • JR京都駅から湖西線で約50分

  • ロープウェイ営業時間
  • 9:30~17:00(土日祝・8月は9:00~)
    ※15分間隔運行(毎時00・15・30・45分)
    上り最終16:30/下り最終17:00

  • ロープウェイ料金
  • 往復券
    大人2,500円
    小学生1,000円
    幼児(3才~)600円
    その他、リフトの利用やアクティビティーをする場合には、別途料金がかかります。
    詳しくは、びわ湖バレイのアクティビティーのページをご覧ください。

  • 駐車場
  • 1,700台
    平日1,000円/1日
    土日祝2,000円/1日

  • 公式サイト
  • http://www.biwako-valley.com/

    びわ湖バレイは、春には桜、5月頃にはスイセン、秋には紅葉が楽しめる絶景スポットです!

    カップルや家族、女子旅にもおすすめの場所ですよ。

    本ページの内容は、2018年7月6日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。