@soho?sohoビレッジ?sohoで働く方法や仕事の探し方をご紹介

会社の人間関係にストレスを感じて、疲れてしまった・・・
毎日、行き帰りの満員電車がつらい・・・
拘束時間が長すぎる、好きな時間に働きたい・・・

会社勤めのサラリーマンの場合、このような悩みが定年まで続くと言っても、過言ではありません。

そんな思いから、あなたは、「在宅で自分のペースで仕事ができたらな」と、思ったことはありませんか?

一度でも、そう思ったことがある方に、今回はSOHOという働き方を、ご紹介します。
 

SOHO・SOHOサイトとは? 在宅ワークとの違いは何?

そもそも、SOHOとは、「パソコン・インターネットを利用して、自宅や小さなオフィスで仕事をする小規模な事業(者・所)」のことを言い、small office home office(スモールオフィス・ホームオフィス)の頭文字を取って、SOHO(ソーホー)と略されています。

そして、SOHOサイトとは、クラウドソーシングサイトとも呼ばれ、ネット上で、「依頼主」が仕事の募集をかけ、「受注者」がやりたい仕事に応募をする、いわば仲介のためのサイトです。

似たような名前で、在宅ワーク・内職・フリーランス・ノマドという言葉がありますが、これらは全て、法人ではなく、個人でやっている「自由業」という形に該当します。

SOHOで働く方法は? 求人情報はどこから探せばいい?

では、実際にSOHOとして働くには、どうすればいいのでしょうか。

SOHOサイトの登録から、報酬を得るまでの手順を解説します。

  1. SOHOサイトに登録する。
  2. サイトの中で、自分に合った案件を探して、応募をする。
  3. 依頼の内容通りに、作業を行う。
  4. 作業が完了したら、納品をする。
  5. 銀行振込にて、報酬が支払われる。

一般的に、このような流れになります。

なお、登録をすると、詳しい仕事の内容を見ることができるSOHOサイトがほとんどですので、まずは登録をしてみて、案件を探してみましょう。

登録料や利用料などは発生せず、無料で始められます。

SOHOの仕事はここで探そう! トラブルや詐欺に遭わないために、サイト選びは慎重に!


SOHOでも、発注者側と応募者側の認識のズレからトラブルになったり、納品後いつまでも経っても報酬が振り込まれなかったり、金銭を求められたりする詐欺も存在します。

そういったトラブルに巻き込まれないように、じっくりSOHOサイトを選びましょう。

ここでは、体験談などを元に、GOTTAがおすすめするSOHOサイト(クラウドソーシングサイト)をご紹介します。

@SOHO(アットソーホー/at soho)

@SOHOには、様々なサービスがあるので、初心者にもおすすめです。

特に、月額500円のプレミアムメンバーになると、トラブル発生時の無料弁護士相談を受けることができたり、お問い合わせ窓口で24時間365日、@SOHOユーザーサポートを受けることができるので、安心です。

@SOHOでは、仲介手数料が掛からないということが他社と大きく違うポイントです。

クラウドワークス(crowdworks)

クラウドワークスは、テレビや新聞など、様々なメディアでも取り上げられている話題沸騰中のサイトです。

会員数が多いということや、政府9府省・40以上の地方自治体が活用する業界唯一のサイトということが、高い信頼の証拠です。

データ入力やライティングなど、スキルや経験が不問、且つ、完全在宅でできる案件も多数あります。

ランサーズ(Lancers)

クラウドワークスと並ぶ日本最大級のクラウドソーシングサイトで、仕事依頼総額は1100億円超えとなっています。

ランサーズでは、AI(人工知能)によって悪質行為を自動検出したり、カスタマーサポートが不審なユーザーを監視するなど、トラブルを未然に防ぐ体制が取られています。

また、ヘルプページも充実しているので、安心して働くことができます。

シュフティ(shufti)

シュフティは、専門的な案件より、データ入力や文章作成・リサーチなどの事務系作業がメインで、誰でも手軽にできる仕事が多いことが特徴です。

シュフティという名前ですが、主婦だけではなく、幅広い年齢層の方が登録されています。

なお、評判がいい理由の1つは、クライアント側が支払うシステム手数料が、報酬の10%で、他社よりとても安いところです。

sohoビレッジ

1996年から運営しており、開始20年以上が経つ、老舗SOHOサイトです。

特徴は、村の会議室と呼ばれる、利用者同士で交流できる掲示板が用意されており、情報交換や情報共有ができるようになっている点です。

クラウドワークスやランサーズに比べると、利用者は多くありませんが、それは言い換えれば、ライバルが少ないということにもなります。

 
その他にも、ジョブチャンネル@SOHO、クラウダ、Bizseekなど、たくさんのSOHOサイトが存在します。

SOHOの働き方とは? 実際にどんな仕事をして収入を得ているのか?

実際にSOHOでは、どんな仕事があるのか、ご紹介します。

主に、以下のような、案件の種類があります。

データ入力・収集/テープ起こし/ライティング(アフィリエイト記事作成)・リライト/サイト作成・運営/ロゴ作成・画像製作・写真加工/アプリ制作/システム開発/翻訳・通訳/アンケート調査

これはほんの一部で、実際には、何百もの種類があり、こういった仕事をこなすことで、収入を得ているというわけです。

それぞれの金額相場は、もちろん依頼者によって異なりますが、アンケート調査やデータ入力などは、どうしても単価が低くなります。

逆に、比較的、高い報酬が得られるのは、キャラクターデザインやロゴ作成、翻訳、システム開発などです。

一例ですが、ランサーズでは、次のような仕事の受注もあります。

 
自分ができそうな案件、あるいは、得意分野の仕事を探し、応募するといいでしょう。

@sohoの口コミ・評判から見る注意点

事前の打ち合わせを入念にする

SOHOで働くメリットの1つは、職場の人間関係の煩わしさから解放されることです。

とは言え、全く人と関わらずに仕事をしようとすることは、トラブルに繋がります。

なぜなら、トラブル回避のために、事前にメールやチャットで入念な打ち合わせをしておく必要があるからです。

それを怠ると、食い違いが生まれ、「依頼していた物と違う」と、報酬を支払ってもらえないこともあります。

メールの返信は、早めにちゃんと送る

基本的に、サイト上でのメールでやり取りをすることになりますので、返信を後回しにする、あるいは、返さないということは御法度です。

その際、もちろん、敬語を使い、失礼のない文面を送るように心掛けましょう。

SOHOでの仕事は、メールが「肝」になります。

「次も仕事をお願いしよう!」と思われるよう、早くて、丁寧なメールを送りましょう。

決められた納期は、絶対に守る

SOHOに限らず、どんな仕事にも言えるのが、「納期を守ることが絶対」ということです。

これがどれくらい重要なことかというと、実績や信頼にも関わってきて、今後の活動にも影響が出るレベルです。

どれだけいい物を納品できたとしても、少しでも納期が遅れてしまえば、次からはもう依頼されないでしょう。

万が一、間に合わない場合には、早めに連絡をすることで、納期を調整してもらえるかもしれませんので、くれぐれも途中で放棄するのはやめましょう。

案件のルールを守る

案件には、それぞれルールが定められており、それを守らず納品すると、依頼者側に拒否され、採用されない場合もあります。

例えば、ライターの仕事なら、

  • 文体は「です・ます調」か「だ・である調」どちらで書くのか
  • 改行は入れるか入れないか
  • 指定のキーワードがある場合、きちんと入っているか
  • 指定文字数に達しているか
  • など、相手側が求めている記事でなければ、報酬が得られない可能性もありますので、注意が必要です。

    もしものために、契約書を交わしておく

    SOHOの場合、多くがメールやチャットなどによる契約ですが、作業内容や報酬額、支払額、納期日などを書面にすることが、理想的です。

    見積書を元に、契約書を交わすことで、「言った言わない」のトラブルを、未然に防ぐことができるというわけです。

    もしも契約書にすることが難しければ、何かあった時のために、メールで証拠を残すようにしましょう。

    SOHOは、どんな人に向いている? 必要な能力やスキルはある?

    自己管理ができる人

    SOHOの場合、自宅、あるいは、職場兼自宅にして作業を行うため、自分で「作業時間」「プライベート時間」をきっちり区別しなければ、なあなあになりがちです。

    人と一緒にやらないという自由である故に、自己管理をしなければ、納期を守れないという事態にもなりかねないのです。

    きちんとメリハリをつけ、「今日はここまでやろう」と目標を立てるなどをして、仕事に向き合うようにしましょう。

    高収入を求めすぎない人

    SOHOの仕事は、どうしても収入が不安定になりがちです。

    そのため、「絶対に毎月○十万円以上は稼がないといけない」などと考えている人は、向いていないでしょう。

    仕事がたくさん回ってくる月もあれば、全然ない月もあります。

    極端に言えば、今月はゼロでもいいというくらいの覚悟がないと、できない働き方かもしれません。

    こういったことから、どちらかと言うと、SOHOをメインに働くというより、副業として稼いでいる人の方が多いのが現状です。

    ただし、もちろん、たくさんの案件をこなした月は、高収入となり得ることもあります。

    空いた時間やスキマ時間を有効に使いたいと考えている人

    バイトやパートなど、外には働きに行けないけれど、家で少しでもお金を稼げたら、と思っていませんか?

    子育て中のママや、主婦には、まとまった時間はなくても、意外とスキマ時間があったりします。

    SOHOは、そういった時間を有効活用したいと考えている方に、おすすめのビジネスです。

    資格やスキル、経験がなくてもできる仕事もありますので、手軽に始められます。

    悪徳SOHOサイトもある? 内職詐欺に注意


    SOHOサイトは、グーグルなどで検索しただけでも、数多くあることがわかり、依頼者もたくさんいます。

    しかし、その全てが、必ず信頼できるサイト・人ばかりだとは限らないのです。

    中には、内職詐欺と呼ばれ、詐欺あるいは詐欺まがいのものもあるということを忘れてはいけません。

    特に、機材やソフト、資料等の代金として、先にお金が必要と言われる場合には、詐欺だと疑う必要があります。

    また、「初心者でも、必ず月30万円保証」というようなうまい話にも、簡単には乗らず、まずは疑うということを忘れないでください。

    もしも、依頼主が法人であれば、企業名を検索し、企業の実態を調べておくといいでしょう。

    今すぐお金が必要なら、SOHOで稼ぐよりキャッシング・カードローンがおすすめ

    SOHOは、「気楽に稼げる」「ストレスフリーで楽しそう」なんて言葉も聞きますが、決して楽な道ではありません。

    他の仕事と同様に、一生懸命働き、たくさんの案件をこなすことで、初めてまとまった報酬が得られるのです。

    もしも、もっと簡単にお金を手に入れたい!と思っている方は、SOHOより、キャッシング・カードローンがおすすめです。

    もちろん、借りるという形になりますが、今すぐにお金が必要という場合には、最短即日融資がある業者を選ぶと便利です。

    詳細は、下のバナーをクリックし、ご確認ください。

    プロミス

    プロミスについての調査結果!審査や金利などまとめ

    プロミスについての調査結果!審査や金利などまとめ

    アイフル

    アイフルについての調査結果!審査や返済などまとめ

    アイフルについての調査結果!審査や返済などまとめ

    SMBCモビット

    SMBCモビットについての調査結果!返済や金利などまとめ

    SMBCモビットについての調査結果!返済や金利などまとめ

    本ページは、2017年12月14日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。