南紀白浜温泉は日帰りでも大満足!観光スポットやグルメも充実♪

白浜温泉とは?


南紀白浜温泉は、和歌山県の南部にある白浜町にあり、愛媛県の道後温泉、兵庫県の有馬温泉と並んで日本三古湯(にほんさんことう)とされています。

飛鳥・奈良時代から「牟婁の温湯(むろのゆ、むろのおんゆ)」や「紀の温湯(きのおんゆ)」などの名前で知られていて、1350年もの歴史がある温泉観光地なのです。

ホテルや旅館などのほとんどの宿泊施設で温泉が引かれているのに加えて、外湯(公衆浴場・日帰り入浴施設)も充実しています。

湯めぐり札でお得に温泉を楽しもう

南紀白浜温泉には、観光客向けに湯めぐり札というお得に温泉を楽しめるものが販売されています。

1800円(税込)でパンダのシールが5枚付いてきて、このシールを使えば加盟しているホテルや旅館、外湯の17施設から好きな温泉に入ることができます(ただし、施設によって必要なシールの枚数が異なるのでご注意を!)。

南紀白浜温泉 湯めぐり札
問い合わせ先:0739-42-2215(白浜温泉旅館協同組合)
販売場所:ホテル・旅館フロント、観光案内所など
公式サイト:http://www.shirahama-ryokan.jp/yumeguri/index.html

おすすめの日帰り温泉5選

崎の湯(さきのゆ)

海のすぐ近くにある露天風呂で、打ち寄せる波を間近に感じることができます。

崎の湯の泉質は、リュウマチ性疾患、運動器障害、更年期障害、婦人病などの効能があるとされています。

売店では温泉卵も販売されていて、入浴後のお楽しみにおすすめ!

崎の湯(さきのゆ)
電話:0739-42-3016
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668
営業時間:【4月1日~6月30日・9月1日~9月30日】8:00~18:00
     【7月1日~8月31日】7:00~19:00
     【10月1日~3月31日】8:00~17:00
     (最終入場は終業時間の30分前まで)
アクセス:白浜駅から明光バス新湯崎行きで約15分、湯崎下車、徒歩約5分。
公式サイト:http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332738546

癒しの宿 クアハウス白浜

Takechan7さん(@takechanseven)がシェアした投稿

Takechan7さん(@takechanseven)がシェアした投稿

昼食つきの日帰り温泉プランがあるので、温泉と一緒に厳選された食材で料理された食事も楽しむことができます。

露天風呂はもちろん、ジャグジーや打たせ湯など、15種類ものバラエティに富んだ浴槽も魅力のひとつです。

リラックス効果のあるアロマ浴や、温泉の蒸気を使った箱むし、天然ラジウム温泉などがあり、美容効果があるので女性におすすめの温泉です。

癒しの宿 クアハウス白浜
電話:0739-42-4175
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3102
営業時間:10:00~20:30(閉館22:00)
アクセス:JRきのくに線白浜駅から明光バス新湯崎行きで14分、白良浜下車、徒歩5分
公式サイト:http://kurhouse-shirahama.or.jp/

白良湯(しららゆ)

tomoaki shimaさん(@kishu518)がシェアした投稿

真っ白なビーチが美しい白良浜からすぐ近くの場所にある白良湯は、夏は海水浴客でにぎわいます。

昔ながらの番台があり、外観もノスタルジックで地元の人々にも愛される温泉です。

浴場は2階にあるので、白い砂浜と青い海の絶景の中入る温泉は格別!

泉質は塩分を含んでいるので、海水浴帰りで日焼けした肌だと少しヒリヒリするかもしれないので注意してくださいね。

白良湯(しららゆ)
電話:0739-43-2614
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町白浜3313-1
営業時間:7:00~22:00 ※最終入場は終業時間の30分前まで
アクセス:JR白浜駅よりバス15分
公式サイト:http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332744752

浜千鳥の湯 海舟「大湯屋 浜千鳥の湯」

Suetさん(@suetbianca)がシェアした投稿

🐑さん(@i_am_zhaoyy)がシェアした投稿

白浜温泉の中でも人気が高く、なかなか宿泊予約の取れない浜千鳥の湯 海舟では、通常は温泉は宿泊者限定なので、日帰り入浴はできません。

でも、湯めぐり札を利用すれば日帰りで温泉を楽しむことができます。

貸切の温泉もあるので、家族やカップルで人目を気にせずゆっくりと温泉に入りたい!という方におすすめです。

浜千鳥の湯 海舟「大湯屋 浜千鳥の湯」
電話:0739-82-2220
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1698番1号
営業時間:15:00~21:00(温泉利用時間)
アクセス:白浜駅からバスで20分、草原の湯下車
公式サイト:https://www.hotespa.net/hotels/kaisyu/

白浜温泉公園(しらはまおんせんパーク)

大自然な感じ。ボロボロだけど気持ち良し(*゜Q゜*)笑っ。

syu-ichi sakikuboさん(@sa_ki_syu)がシェアした投稿 –

朝風呂サイコー!

akai_hitoさん(@akai_hito)がシェアした投稿 –

南紀白浜温泉屈指の敷地面積を誇り、高台にある絶景風呂森に囲まれた露天風呂など、様々な湯船が点在している源泉かけ流しの白浜温泉公園。

海を眺めながら湯船に入るもよし、森の中で自然を感じながらお湯を楽しむのもよしの温泉になっています。

貸切温泉や、会席料理のセットになったお得なプランもあるので、日帰りで温泉を楽しみたい方にぴったりです。

白浜温泉公園(しらはまおんせんパーク)
電話:0739-82-2615
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町2927-553
営業時間:9:00~22:00
アクセス:白浜駅よりバスで20分、草原の湯下車
公式サイト:http://onsenpark.com/

とれとれの湯

とれとれの湯は、海鮮マーケットや宿泊施設も併設している、とれとれPARK(パーク)の中にある温泉施設です。

露天風呂はもちろん、炭酸泉やジェットバスなどのさまざまな内風呂もあります。

岩盤浴やサウナもあるので、汗を流してリフレッシュすることができます。

電話:0739-42-1126
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田250
営業時間:9:00~23:00(最終入館22:30)
アクセス:JR白浜駅よりバスで「とれとれ市場前停留所」下車すぐ
公式サイト:http://www.toretore-spa.com/

南紀白浜の観光スポット

南紀白浜といえば、アドベンチャーワールドが有名ですよね。でも、そのほかにもたくさんの観光スポットがあるんです!

白良浜海水浴場

higaさん(@hgstnxxtmak)がシェアした投稿

ハワイのワイキキビーチと友好姉妹浜にもなっている白良浜は、その名の通り真っ白な砂浜が美しいビーチです。

例年5月3日が海開きとなっており、本州で最も早くビーチで海水浴を楽しむことができます。海の透明度が高く、まるで海外にいるかのような気分を味わえるビーチです。

白良浜海水浴場
電話:0739-43-5511(白浜観光協会)
住所:和歌山県 西牟婁郡白浜町1600番地
駐車場:季節により有料・無料あり
公式サイト:http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332737557

円月島(えんげつとう)

💘マイギズモ💘さん(@maigizmo1208)がシェアした投稿

正式な名前は高嶋(たかしま)ですが、島の中央にぽっかりと穴があいているため、円月島(えんげつとう)という通称で知られる有名な島です。

国の名勝に指定されていて、絶好の夕焼けスポットとして人気があります。

眺める角度によっては島の穴の間から夕日を見ることができ、多くの人がその瞬間をカメラに収めようと集まります。

円月島のおすすめ観賞スポットは「円月島展望地」で、海の岩場に降りて夕日を眺めることができます。

円月島(えんげつとう)
電話:0739-43-5511(白浜観光協会)
住所:和歌山県 西牟婁郡白浜町3740
アクセス:白浜駅から車で15分
公式サイト:http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332736052

三段壁(さんだんべき)

うーすけ△さん(@u1120_)がシェアした投稿

三段壁は海岸にそそり立つ長さ2km、高さ60mにも及ぶ断崖絶壁の名勝です。

三段壁の内部には洞窟もあり、波が打ち寄せては返す自然のダイナミックさを体で感じることができます。

三段壁洞窟施設前には足湯もオープンし、180度の太平洋パノラマビューを楽しみながらゆっくりとくつろげる人気スポットになっています。

三段壁洞窟
電話:0739-42-4495
所在地:和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
営業時間:年中無休 AM8:00~PM5:00(最終入場PM4:50)
公式サイト:http://sandanbeki.com/

白浜エネルギーランド

yumiさん(@yumi_1980)がシェアした投稿

和歌山のテーマパークといえばアドベンチャーワールドと考えがちですが、白浜エネルギーランドも忘れてはいけません。

白浜エネルギーランドは、エネルギーについて学べる体験型のテーマパークで、迫力ある3Dの映像や、目の錯視を利用したアトラクションを体感することができます。

立地も白良浜の目の前なので、エネルギーやトリックアートに興味のある人はぜひ訪れてみてください。

白浜エネルギーランド
電話:0739-43-2666
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3083
営業時間:季節によって変動があるため、営業カレンダーを参照してください。
営業カレンダーの案内はこちら
休館日:毎週火曜日
アクセス:JR白浜駅よりバスで13分
公式サイト:https://www.energyland.jp/

でもやっぱりアドベンチャーワールドも気になりますよね!GOTTA内では以前にアドベンチャーワールドを紹介していますので、興味のある方はこちらも要チェックです!

アドベンチャーワールドにパンダの家族を見に行こう!お土産やグルメも忘れずに!

アドベンチャーワールドにパンダの家族を見に行こう!お土産やグルメも忘れずに!

幻の魚クエも!白浜温泉の名物グルメ

クエ

天然物のクエは水揚げが非常に少なく、「幻の魚」とまでいわれています。

しかし近年、近畿大学水産研究所が養殖に成功し、安定して生産ができるようになりました。

クエといえばクエ鍋が定番ですが、南紀白浜温泉では刺身、クエ寿司、かき揚げ、クエ丼など、バラエティ豊かなメニューで幻の魚クエを味わうことができます。

南紀白浜でクエ料理が食べられるお店はこちら

海鮮グルメ

海が近いので、海鮮グルメが充実しています。手軽に食べられる海鮮丼や、魚や貝を使った海鮮バーベキューお寿司が人気です。

ここ紀州では、普段なかなか食べられないうつぼも食べることができます。

海鮮グルメなら、とれとれ市場がオススメ!

とれとれ市場
電話:0739-42-1010
住所:和歌山県 西牟婁郡白浜町堅田2521番地
営業時間:8時30分~18時30分(年末年始・ゴールデンウィーク・夏休み期間中は営業時間の変動あり)
カレンダーはこちら
アクセス:白浜駅より、白浜町巡回バスまたは湯崎方面行(とれとれ市場経由)「とれとれ市場前停留所」下車
公式サイト:http://www.toretore.info/

和歌山ラーメン

南紀白浜で海鮮系のグルメは外せませんが、お手軽に食べられるグルメも気になりますよね。

そんなあなたには、和歌山ラーメンがお勧めです。

和歌山ラーメンは、しょうゆ豚骨のスープが主流で、南紀白浜の和歌山ラーメン店「八両」もこのしょうゆ豚骨スープのラーメンが人気です。

和歌山ラーメン八両(千畳敷店)
電話:0739-42-4618
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1671−1
営業時間:11:00~22:00
アクセス:千畳口バス停下車 徒歩1分
公式サイト:http://www.wakayama-raumen.com/

生かげろう

紀州を代表する銘菓といえば、昭和8年創業の老舗『福菱』の「かげろう」が有名です。

その中でも、福菱の本店でしか味わえない「生かげろう」というものがあるのを知っていますか?

サクサクふわふわしたかげろうに生クリームがはさんであるお菓子で、季節によっていちごやチョコなど、様々な味が楽しめるスイーツです。

福菱 Kagerou Cafe(カゲロウカフェ)
電話:0739-42-3129
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1279-3
営業時間:8:00~18:00 ※時期によって変動します。木曜定休
アクセス:JR白浜駅より車・タクシーで10分
公式サイト:https://fukubishi.co.jp/kagerou_cafe/

南紀白浜温泉までのアクセス

電車

新大阪駅や京都駅から発車している特急「くろしお」なら、白浜駅まで一直線!新大阪駅から約2時間15分で到着します。

パンダのラッピングが施された「パンダくろしお」もあり、気分を盛り上げてくれます。

自家用車

2015年に南紀白浜ICが開通し、大阪方面からの車のアクセスもよくなりました。

南紀白浜ICから白浜温泉までは約4kmなので、とても便利です!

各方面からの、自家用車でのアクセス詳細はこちら

飛行機

関東方面からは遠くて日帰りは無理?いやいや!南紀白浜温泉なら、飛行機でのアクセスも可能です。

羽田空港から南紀白浜空港までは75分。空港から町の中心地まではタクシーで5分と、飛行機でのアクセスがとても便利です。

東京-南紀白浜便の運行時刻表はこちら

南紀白浜温泉の基本情報

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田
電話:0739-43-5511(白浜観光協会)
公式サイト:http://www.nanki-shirahama.com/index.php

なおみんさん(@naominwww)がシェアした投稿

moetinさん(@moetin2013)がシェアした投稿

南紀白浜には、温泉だけでなく足湯もたくさんあります。

歩き疲れた時や、足元が冷えてしまった時に、ぜひ足湯に入って癒されてみてください。

画像出典元:南紀白浜観光ガイド アクセス

本ページの内容は、2018年8月10日時点での情報です。

GOTTAのLINE@ができました!!

最新情報や、
人気の記事をお届け中!

友だち追加よろしくお願いします!

LINE@はこちら

※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。