あしかがフラワーパークはイルミネーションも美しい!開催期間と気になる混雑状況もチェック!

あしかがフラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」が今年も開催決定!


(※動画①)

kyo3さん(@kyo5286today)がシェアした投稿

sakuraさん(@sakurairo401)がシェアした投稿

藤の花で有名な「あしかがフラワーパーク」は、栃木県足利市にある花のテーマパークです。

でもこのあしかがフラワーパーク、有名なのは花だけじゃないんです!

2017年には、長崎県の「ハウステンボス 光の王国」、北海道の「さっぽろホワイトイルミネーション」と並んで日本三大イルミネーションに認定されました。

そのほかにも、夜景鑑賞士が選ぶイルミネーションランキングでは2016年、2017年の2年連続全国1位を受賞しています。

今年で17回目の開催となるあしかがフラワーパークのイルミネーション「光と花の庭」について、詳しくチェックしていきましょう。

イルミネーションの開催期間・点灯時間は?

今年の開催期間は、2018年10月27日(土) ~ 2019年2月5日(火)です。

点灯時間は、16:30~21:00 (土日祝は21:30まで)

期間によってテーマが異なり、3つのテーマを楽しむことができます。

10月27日(土) ~11月中旬 光とアメジストセージの融合

(※画像①)

11月下旬~12月下旬 クリスマスファンタジー

(※画像②)

元旦~2月5日 光と冬咲きボタンの競演

(※画像③)

見所はここ!人気のスポット5選

光と花に彩られた幻想的なお城「フラワーキャッスル」

💫さん(@3egkp_l)がシェアした投稿

「フラワーキャッスル」は2017年に登場した新作のイルミネーションで、約30万球のLED電球で装飾されたお城やお花畑が幻想的に浮かび上がります。

このお城は中に入って登ることができるので、イルミネーションで光り輝く園内を見渡すことができます。

本物のバラとイルミネーションのバラが共演する「光のバラ園」

マリーさん(@odekake_marie)がシェアした投稿

花をメインとしたテーマパークなので、花とイルミネーションのコラボレーションは見逃せません!

その中でも、ローズガーデンに広がる「光のバラ園」は、バラの形をしたLED電球が一面に広がる見ごたえ十分なスポットです。

イルミネーションのバラだけでなく、本物のバラも咲き誇っているので、香りまで楽しむこともできちゃうんです!

有名な藤の花がイルミネーションに!「奇蹟の大藤」

毎年春になると咲き誇る、見事なあしかがフラワーパークの「奇蹟の大藤」

この藤の花をイメージしたこちらのイルミネーションは、本物の藤の花にも負けない輝きを放っています。

しかもこのイルミネーション、ただのLEDをぶら下げているわけではなく、LED球にひとつひとつ手作業で藤の花のカバーがかけられているんです。

この藤の花のカバーのおかげで、イルミネーションに立体感が出て、遠くから見ても近くから見ても楽しむことができますよ。

水路に光る睡蓮が幻想的「光の睡蓮」

nono♪さん(@anzu.o)がシェアした投稿

「光の睡蓮」は、睡蓮の花を細部までこだわり再現させたイルミネーションです。

水に浮かぶ睡蓮は、まるで本物のよう。光が水面に映り、幻想的な雰囲気になっています。

水鏡効果で光が水面に映り込む不思議な空間「光のピラミッド」

Hiroshi Ishiharaさん(@boyackey184)がシェアした投稿

「光のピラミッド」は、池の水面に映り込む水鏡効果を利用しています。

鏡のような池の水面にイルミネーションのピラミッドが映り込み、不思議な空間になっています。

気になる混雑状況は?

イルミネーションを思う存分楽しみたいですが、混雑状況も気になりますよね。

例年、クリスマスの時期は周辺の道路から大混雑するようです。

時間帯は、18時を過ぎたあたりから混み始め、19~20時台が混雑のピークになります。

イルミネーションの点灯時間は16:30ですが、夜の部の入場は15:30からなので、混雑を避けるためになるべく早めに入場しておいた方が良さそうです。

クリスマスの時期だけでなく、イルミネーションが開始する直後の10月も混み合うようです。

イルミネーションをゆっくり観賞したいという方は、比較的混雑の少ない11月と1月に訪れるのがオススメですよ。

イルミネーション「光の花の庭」を見るための料金は?

イルミネーション「光の花の庭」の入園料金は、大人900円 子供500円です。

開園時間は、土日祝日は15:30~21:30平日は15:30~21:00になっています。

昼の部、夜の部の入替制で、夜の部はショッピングエリアから入園券が必要となるので、注意してください。

昼の部の入園料金、開園時間の詳細はこちら→入園料・開園時間

お得情報 メール会員になると入園料が割引なることも!

(※画像④)

 
あしかがフラワーパークでは、メール会員になるとイベント情報やお得なサービスを受け取ることができます。

期間限定で入園料が割引になったり、ソフトクリームや藤まんじゅうも割引になったりするサービスもあるので、ぜひチェックしてみてください。

メール会員の詳細はこちら→お得な会員情報

電車でのアクセスは?新駅誕生で便利になりました

2018年4月に、JR両毛線「あしかがフラワーパーク駅」が誕生しました。

栃木県内では35年ぶりのJR新駅で、この駅からあしかがフラワーパークまでは徒歩3分で行くことができます。

車でのアクセスは?クリスマスの時期は渋滞に注意

毎年、クリスマスの時期にはあしかがフラワーパークまでの道が大混雑するようです。

通常なら5分で進めるような道も、通り抜けるのに1時間かかることも。

そのため、イルミネーションの点灯時間より少し早めに入場しておいたほうがよさそうです。

駐車場は300台のスペースがありますが、すぐに満車になるため、臨時駐車場を目指していったほうがスムーズに入場できるかもしれません。

入り口から一番近い、300台停められる駐車場も6000台停められる臨時駐車場もどちらも無料で利用できます。

周辺には民間の方が運営されている駐車場もありますが、こちらは有料となっています。

遠くの臨時駐車場から歩いていくのは厳しい…という方は、こちらも利用してみてください。

小腹がすいたときのグルメ・レストランはここ!

屋台が多く出ているので、小腹がすいたときに手軽に軽食を食べることができます。

園内にあるレストラン「ウェステリア」は、200名が収容できる大型レストランで、窓側の席ではイルミネーションを観ながら食事をすることができます。

イルミネーション観賞の注意事項

あしかがフラワーパークでは、ペット同伴での入園ができません

そのほかにも、ベビーカーの貸し出しも行っていません

園内には細い道や、段差がある道もあるので、小さい子供を連れて行く場合は十分注意してくださいね。


(※画像⑤)

その他の注意事項はこちら→お問い合わせ/よくある質問

あしかがフラワーパークの基本情報



 
・あしかがフラワーパーク

  • 住所
  • 〒329-4216 栃木県足利市迫間町607

  • 電話
  • 0284-91-4939

  • 営業時間
  • 季節によって異なります。

  • 料金
  • 花の咲き具合により料金が変動します。

    営業時間・料金についての詳細はこちら→入園料・開園時間

  • アクセス
  • JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅より徒歩3分

  • 駐車場
  • 300台 ※臨時駐車場6,000台
    どちらの駐車場も無料で利用することができます。

  • 公式サイト
  • https://www.ashikaga.co.jp/index.html


    (※動画②)

    関東3大イルミネーションだけでなく、日本3大イルミネーションにも認定されたあしかがフラワーパーク。

    450万球を超えるイルミネーションで装飾されていて、花と光のコラボレーションがとても美しいです。

    近年は写真映えを狙って多くの見物客が訪れています。

    しかし、写真に夢中になりすぎて他の人の迷惑にならないよう、マナーを守ってイルミネーション観賞を楽しんでくださいね。

     

    ▼イルミネーションだけでなく、あしかがフラワーパークについて気になった方はこちら!▼

    あしかがフラワーパークの藤が美しすぎる!開花情報や見頃をお届け!

    本ページの内容は、2018年10月1日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。