エレベーターが斜めに動く!便利で快適、めずらしい斜行エレベーター

話題のニュース

エレベーターが斜めに進む?

通常、上下にしか動かないはずのエレベーター。

しかし、全国各地には、斜めに動くエレベーターが存在しているんです。

見たことのない人にとっては、「?」ですよね。

今回は、ゴンドラやケーブルカー、リフトのように斜め上に動く、斜行エレベーターをご紹介します。

斜め上に進むエレベーターの動画はこちら

まずは、百聞は一見にしかず!

斜め上・斜め下に進むエレベーターの動画をご覧ください。

扉や内装などは、普通のエレベーターと変わらないのに、中に乗って動き出すとなんだか不思議な感覚になります。

行き先のボタンも、斜め上「↖」・斜め下「↘」になっていることが多いので、これもおもしろいですよね。

スポンサーリンク

斜めに動くエレベーターはマンションによく設置されている

Twitterで、斜め上に動くエレベーターが話題になりましたが、
「うちのマンションにもある!」
「斜行エレベーターがあるマンションを知ってる!」

という声も多くありました。

丘の上や坂の上などの傾斜地に建っていて、下からマンションまで登っていく場合や、マンション自体が斜面に設計されている場合に、多く設置されているようです。

斜行エレベーターがあるマンションって、なんだか近未来を感じますよね・・・!

斜めのエレベーターが日本で初めて設置されたのは花山!

今でこそ、たまに目にするようになった斜行エレベーターですが、日本で初めて設置されたのは1984年、兵庫県神戸市北区の花山東団地という場所です。

The elevator which moves aslant (斜行エレベーター)/花山東団地

神戸電鉄有馬線「花山駅」から団地までの勾配を登ることができ、住民の方達にとって、斜行エレベーターはなくてはならないものになっています。

見慣れない人にとってはレアだと感じるこのエレベーターも、この辺りの住民にとっては、めずらしくない「日常」であり、大切な足となっているようです。

熱海にも斜めに動くエレベーターがある

熱海は坂が多いため、斜面に設計された建物が多く、斜行エレベーターの宝庫ともいえます。

特に有名なのは、大型リゾートマンションの熱海パサニアクラブ

遠くから見ても目立つ、要塞のような大きな建物の中央には、2基の斜行エレベーターが設けられています。

スポンサーリンク

長崎にもエレベーターが斜めに動くスポットがある

長崎の有名な観光地「グラバー園」に向かう坂にも、グラバースカイロードという、斜行エレベーターがあります。

グラバースカイロードは、グラバー園と合わせて、有名な観光スポットのため、「ここで斜行エレベーターを初めて見た」という方も多いのではないでしょうか。

エッフェル塔に登るにはエレベーターで斜め上へ

斜めに動くエレベーターがあるのは、日本だけではありません。

実は、フランスのパリにあるエッフェル塔にも、完成した当時から、斜行エレベーターが稼動しています。

3階276mにある展望台まで外が見えるエレベーターで登っていくので、かなり恐怖を感じます・・・。

日本にある斜行エレベーターとは規模が違いますね。

スポンサーリンク

斜行エレベーターは意外と目にする機会がある

実は、マンションや観光地の他、駅やホテル(旅館)にも斜行エレベーターが設置されています。

斜めに進むエレベーターは、以前は珍しい存在でしたが、バリアフリーの観点でも、今は、かなり数が増えてきているようです。

見たことがない、乗ってみたいという方は、ぜひ調べてみてくださいね!

本ページは2019年5月17日時点での情報です。
タイトルとURLをコピーしました