ヘアアイロンでポップコーンを作る動画に「やってみたい」の声

話題のニュース

ヘアアイロンポップコーン、どういうこと!?

ヘアアイロンとポップコーン、一見関わりがなさそうな2つで、「?」と思っている方も多いはず。

まずは、どりあくんさんがTwitterに投稿したこの動画をご覧ください。

一瞬のことで、何が起きているかわからないという方もいるかもしれませんが、これ実は、ヘアアイロン(ストレートアイロン)でポップコーンを作っているんです。

ヘアアイロンでポップコーンを作る動画

ヘアアイロンを使ってポップコーンを作る動画は、TwitterやYouTubeで、たくさん投稿されています。

ずっと変化が起こらないのに、バチンと音を立てて、一瞬で爆発するのが「かわいい」「シュール」「じわる」との声があがっています。

確かに、短い動画なのに、永遠に見ていられる気持ちよさがありますよね。

動画を見て、実際にやってみたくなったという方もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヘアアイロンを使ったポップコーンの作り方

作り方は至ってシンプル!

トウモロコシの粒を、ヘアアイロンに挟むだけです。

しばらく挟んでいると、突然その時がやってきます・・・!

本当に不思議で、魔法みたいですよね。

ちなみに、弾ける瞬間は、結構な衝撃があるそうなので、気をつけてください。

トウモロコシとヘアアイロンを買って、ポップコーンを作ってみよう

この方法でポップコーンを作るために必要なのは、ヘアアイロンとトウモロコシの粒(ポップコーン用)だけ!

ヘアアイロンは、女性なら持っている方も多いと思いますが、トウモロコシの粒は、こちらから購入できます。

1kg入って、500円前後なので、コスパも最強ですね。

ヘアアイロンは、基本的にどんなものでもOKですが、あまり温度が低すぎると、ポップコーンが弾けません。

最低でも180度~200度くらいで挟むと、うまく作れる可能性が高いです。

動画の中で、どりあくんさんが使用していたものはこちら。

このヘアアイロンは、MAX230度まで上がるので、ポップコーンがうまく弾けます。

amazonランキングでも常に上位にランクインしているので、本来の使い方としても、人気のある商品です。

スポンサーリンク

ヘアアイロンでポップコーンを作る際の注意点

もちろんヘアアイロンの本来の使い方ではないため、ポップコーンを作る際は、くれぐれも注意が必要です。

弾けた後も挟み続けると、燃える可能性がありますので、できあがった後は、すぐにヘアアイロンから外してください。

また、中には、トウモロコシにサラダ油を塗ってから挟むと、温度が上がりやすく、早く作れるという声もありますが、塗りすぎると、油が飛ぶので、火傷しないようにしてくださいね。

ちなみに、1個ずつだと時間がかかり過ぎるため、一気に何個か作りたくなりますが、たくさん挟むと、失敗しがちです。

本ページは2019年5月5日時点での情報です。
タイトルとURLをコピーしました