台湾カステラのレシピをご紹介!【簡単】丸型・パウンド型・スクエア型の作り方

レシピ

台湾カステラとは?

少し前からネット上でもよく話題になっている台湾カステラ

2020年6月12日(金)には、大阪に関西初の台湾カステラ専門店「澎澎(ポンポン)」がオープンし、まだまだブームが続いていますよね。

そもそも台湾カステラとは、台湾の地元の人が愛してやまない屋台のB級グルメです。

シフォンケーキのようなふわふわ・ぷるぷるの食感が特徴のケーキで、一度食べたら、病みつきになること間違いなし!

今回は、そんな話題の台湾カステラを、自宅でも簡単に作れるレシピをご紹介します。

詳しい情報は下記の項目でまとめていますので、ぜひご覧くださいね。

台湾カステラのレシピはプロの料理人えもじょわさんの動画が人気

ネット上には、台湾カステラのレシピがたくさんアップされています。

その中で、今回はフランスのプロの料理人「えもじょわ」さんのYouTube動画をご紹介します。

Taiwanese Castella Cake Recipe |台湾カステラの作り方| Emojoie Cuisine

材料もシンプルで、動画もとてもわかりやすいので、作ってみたくなりますよね。

動画の作り方を簡単にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※材料の分量や焼き時間は、型の種類によって異なりますので、次の項目でご紹介します。

下準備

・卵を常温に戻し、卵黄と卵白にわけておく。
・オーブンを150℃に予熱しておく。
※予熱温度になってすぐに焼くよりも5分ほど予熱状態を維持してから焼く方が温度も下がりにくく、ムラも少なくなります。

台湾カステラの作り方

  1. 薄力粉をよくふるってボウルに入れる。
  2. バターと牛乳を小鍋に入れ、火にかけてバターを溶かす。(50℃程度)
  3. 1.に2.を入れて混ぜた後、卵黄を入れて混ぜ合わせる。
  4. バニラエキストラクトまたはバニラエッセンスを入れる。(なくてもOK)
  5. 卵白と砂糖でメレンゲを作る。(少し柔らかめに仕上げるのがポイント)
  6. 5.のメレンゲの中に、先ほどの生地を一度に加えて、ホイッパーで混ぜ合わせた後、仕上げにゴムベラで優しく混ぜる。
  7. 型にクッキングシートを敷く。(焼くと膨らむので生地があふれないように高さをつけてください)
  8. 型に生地を流し込む。ゴムベラを使って、生地を平らにする。
  9. 天板に、80℃のお湯を2㎝程の高さまで入れて、150℃のオーブンで湯煎焼きにする。
  10. 焼けたら、すぐにクッキングシートを剥がす。

メレンゲを立てすぎると、焼いた時に、小さな亀裂が入ってしまい、少し冷めただけで、表面がシワシワになってしまいます。

また、湯煎焼きする際に沸騰したお湯を使うと、よく膨らみますが、膨らみすぎると、やはり大きな亀裂が入ってしまいます。

つまり、ポイントは「メレンゲは少し緩め」「湯煎焼きのお湯は80℃」です。

※オーブンによって焼き上がりが変わる場合がありますので、取り出す前に焼け具合を確認してから取り出してください。

スポンサーリンク

台湾カステラ作り方:パウンド型(18cm)の分量

【18cmのパウンド型を使う場合】

  • 薄力粉35g
  • 無塩バター35g
  • 牛乳35g
  • 卵黄 2個
  • バニラエキストラクト小さじ1/3 またはバニラエッセンス1、2滴
  • 卵白 2個
  • 砂糖35g
湯煎焼きの時間:30~35分

台湾カステラ作り方:丸型(15・18cm)またはスクエア型(15・18・20cm)

【15cmの丸型を使う場合】

  • 薄力粉52g
  • 無塩バター52g
  • 牛乳52g
  • 卵黄 3個
  • バニラエキストラクト小さじ1/3 またはバニラエッセンス1、2滴
  • 卵白 3個
  • 砂糖52g
湯煎焼きの時間:40~45分
【18cmの丸型・15cmのスクエア型を使う場合】

  • 薄力粉65g
  • 無塩バター65g
  • 牛乳65g
  • 卵黄 4個
  • バニラエキストラクト小さじ1/2 またはバニラエッセンス数滴
  • 卵白 4個
  • 砂糖65g
湯煎焼きの時間:50~55分
【18cmのスクエア型を使う場合】

  • 薄力粉100g
  • 無塩バター100g
  • 牛乳100g
  • 卵黄 6個
  • バニラエキストラクト小さじ1 またはバニラエッセンス数滴
  • 卵白 6個
  • 砂糖100g
湯煎焼きの時間:60分
【20cmのスクエア型を使う場合】

  • 薄力粉115g
  • 無塩バター115g
  • 牛乳115g
  • 卵黄 7個
  • バニラエキストラクト小さじ1 またはバニラエッセンス数滴
  • 卵白 7個
  • 砂糖115g
湯煎焼きの時間:65分

《台湾カステラレシピ》バターはサラダ油でもOK

無塩バターは、太白ごま油、米油、サラダ油など、植物油でも代用できます。

油を使うと、卵の味や風味がしっかり残ります。

逆に、たっぷりのバターを使うと、焼き上がりの香りがとてもいいですよ!

スポンサーリンク

台湾カステラの口コミ

焼き立ての台湾カステラはぷるぷる・しゅわしゅわとした食感が特徴です。

残った分は、冷やして食べると、きめ細かい生地が、柔らかくしっとりとした口溶けに変わりますよ!

少しカロリーは気になりますが、カステラとカステラの間にホイップクリームを挟んで食べると、より絶品!

ネット上には、米粉で作るレシピや、炊飯器を使って作るレシピもあります。

ぜひ、おうちで台湾カステラを作ってみてくださいね。

本ページは2020年6月23日時点での情報です。施設・お店・記事内でご紹介している内容の最新情報については、必ず公式サイト等で、ご確認をお願いいたします。
タイトルとURLをコピーしました