急にお金が必要になった時の対処法を徹底解説!解決方法まとめ

予期せぬタイミングで急にお金が必要になるということは、誰にでもあることです。

普段から貯金をしていて、その貯金を充てられればいいですが、貯金もなくて急にお金が必要な状況なのに、給料日もまだ先・・・という場合などには、どうしたらいいかわからなくなってしまい、気持ちが焦ってしまいますよね。

ここでは、急にお金が必要になった際に知っておくと役立つ情報や、お金を調達する方法を徹底解説していきます!

急にお金が必要になる理由は何がある?

急にお金が必要になる理由は、人それぞれですが、中でも以下の理由が多いです。

  • 冠婚葬祭
  • 生活費
  • 医療費
  • 娯楽費
  • 引越し費用

お金が必要になる代表的な理由として、冠婚葬祭が重なってしまったり、突然の事故病気によって医療費がかかったりすることが多いです。

そのような場合、移動手段によっては交通費がかかることも多いため、さらに金欠になってしまうということも決して珍しくありません。

また、給料日前で今月の生活費が足らなくなってしまう場合もかなり多いです。

急にお金が必要になって焦っていたり、不安な気持ちになったりしている時は、冷静な判断ができなくなっている場合もありますが、まずは一旦気持ちを落ち着けましょう。

お金が足らなくて困っている方は、たくさんいますが、こうしてスマホやパソコンで情報収集をしてこの記事を読んでいるということは、それだけ今の状況を何とかしたいと思っている証拠です。

次の項目から、急にお金が必要になった際に、お金を用立てる方法を詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてご自身に合う方法を見つけてくださいね。

急にお金が必要になったら即日払いのアルバイトで稼ぐ

即日払いのアルバイト

お金が必要になる日までに、まだ数日の余裕があるのであれば、即日払いのアルバイトでお金を稼ぐという方法があります。

アルバイト求人サイトで即日払いのアルバイトを検索すると、さまざまな求人情報が出てきます。

日雇いのアルバイトを選ぶ際に、確認しておきたいポイントがいくつかあるので、以下をご覧ください。

チェックポイント
  • 時給や日給
  • 給与支払種別
  • 給与支払方法
  • 給与支払場所
  • 給与支払日
  • 交通費支給の有無
  • 髪型や服装の条件指定

気になる求人を見つけたら、上記の項目を求人の詳細情報でしっかりと確認しましょう。

働いた当日に給与の支払いをしてほしい場合は、「当日現金手渡し」「即日払い」という記載があるかどうかをチェックしましょう。

一般的に、給与の支払方法が現金手渡しの場合は、印鑑が必要になることが多いため、持参すると良いですね。

案件によっては、給与の支払い方法や支払い場所が、派遣会社の事務所での手渡しであったり、銀行口座への振込であったりすることも多いです。

勤務先と自宅の往復にかかる交通費が支給されるかどうかも、意外と重要な観点になります。

ただでさえお金がない状況なので、交通費といえどもきちんと全額支給されるところを探しましょう。

注意点として、案件によっては、髪色や服装が指定されていることがあるため、髪型や髪色、服装、ピアスなどに関する条件指定があるかどうかの確認を忘れないようにしてください。

今後も急にお金が必要になる可能性がある場合には、複数の派遣会社にスタッフとして登録しておくと、働きたいと思った時にスムーズに仕事が出来るでしょう。

アルバイト情報サイトによっては、体験談やバイトのノウハウ、ビジネスマナーのコラム記事などがあるので、それらを活用すると役立つでしょう。

即日払いのアルバイトを探すならタウンワーク

おすすめのアルバイト情報サイトとして、リクルートグループ運営のタウンワークは、希望する条件の詳細設定検索がしやすかったり、PDFの履歴書が無料でダウンロードできたりと人気があります。

掲載求人数が78万件以上(2017年12月15日時点)であり、他サイトと比較して求人数が圧倒的に多いので、ぜひ活用して、あなたにぴったりの求人を探してみてくださいね。

急な出費でお金に困ったら家族・友人に借りる

急な出費でお金に困った際には、人間関係が崩れることも覚悟して、家族や友達から借金するというのも一つの手です。

出来れば自分一人で解決したいものですが、親兄弟や友人にお金を借りる場合は、変に言い訳や口実を作るよりも、正直にお金が必要な理由と、どのくらいの期間お金を借りることになるのかを伝えましょう。

お金を貸して欲しいと頼まれてお金を貸す側は、あなたを信用して貸してくれるので、出来る限りの誠意を見せることが重要になります。

そこで、身内の人や親しい友人にお金を借りる場合でも、口約束ではなく、借用書もしくは金銭消費貸借契約書を作成しましょう

借用書や金銭消費貸借契約書を作成し、金銭の貸借内容を書面上に明記し保管しておくことで、トラブル防止になります。

借用書と金銭消費貸借契約書は、記載する項目に少し違いがあります。

借用書に記載すべき項目

  • 借用書の作成日付
  • 貸主の氏名
  • 借主の氏名、住所、押印(直筆)
  • 金銭貸借日
  • 借用金額
  • 返済期日、返済方法
金銭消費貸借契約書に記載すべき項目
上記の借用書に記載すべき6項目に加えて、

  • 貸主の氏名、住所、押印(直筆)
  • 返済期間
  • 利息
  • 遅延損害金

借用書や金銭消費貸借契約書は簡単に作成できますが、法的効力を持たせたいという場合には、公正証書の作成をおすすめします。

公正証書は信頼性が高いため、万が一、裁判になった際には、有力な証拠になります。

借用書や金銭消費貸借契約書、公正証書に関する詳しい内容については、徹底解説した記事がありますので、よろしければご覧ください。

借用書は書き方が重要!簡単な物よりも公正証書にしておくべき!

借用書は書き方が重要!簡単な物よりも公正証書にしておくべき!

急な出費でお金が必要になったら、クレジットカードでキャッシングする

クレジットカード

急な出費があってお金が必要になった際には、クレジットカード(クレカ)のキャッシング枠を利用してお金を調達する方法もあります。

ショッピング機能はお買い物する際に利用しているという方も多いですが、クレジットカードには、ショッピング枠の他にキャッシング枠が付帯している場合が多いです。

クレジットカードのキャッシング枠は、契約時に付帯させるかどうかを選択できるので、お手持ちのクレカにキャッシング枠が付帯していないか確認しましょう。

既にキャッシング枠が付帯されている場合には、すぐに利用可能です。

クレジットカードのキャッシング枠には、利用限度額が設定されていますが、一般的に数万円~数十万円であることが多いです。

お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯していない場合には、クレジットカード会社にキャッシング機能の追加を申込み、審査を受ける必要があります。

キャッシング枠を追加で付帯する際には、審査に時間がかかり、審査に通過しないと利用できないため、今すぐにお金が欲しいという場合には厳しいでしょう。

まずは、ご自身のクレジットカードにキャッシング機能が付いているかを、確認してみてください。

緊急で今すぐお金が必要な時は、カードローンを利用する

緊急で今すぐお金を用意しなければならないという場合には、即日融資が可能な消費者金融のカードローンを利用する方法があります。

大手消費者金融のカードローンのテレビCMを、よく見かけるという方も多いのではないでしょうか?

カードローンへの申込は、インターネット電話店舗への来店で簡単に申込むことができて、借入方法は自分の銀行口座への振込キャッシング提携ATMなどから借り入れる方法があります。

インターネットからであれば、時間を気にすることなく24時間いつでも申込・借入ができるので、かなり便利ですね。

しかし、初めてカードローンを利用するという方は、どこの業者のカードローンを利用すればいいのかわからないという方も多いかと思います。

そこで、カードローン初心者向けの、業者選びのポイントをご覧ください。

カードローン業者選びのポイント

  • 無利息期間サービスがある
  • 大手消費者金融である
  • 申込や借入、返済がインターネットから可能

お金を借りる際には、借りた日数に応じて利息(金利)が発生します。

初めてカードローンを利用するという方限定で、無利息期間を設けている業者を選ぶことによって、利息の節約ができますし、無利息期間内に一括返済できれば利息なしでお金を借りることができますね。

記事の後半では、急にお金が必要になった際の救世主になり得る“最短即日融資が可能な大手消費者金融のカードローン”を紹介しているので、ぜひ検討してみてくださいね。

→急にお金が必要な時に便利!最短即日融資可能なおすすめカードローン

急にお金が必要になった時の注意点!未成年はカードローンを利用できない

未成年の方でもカードローンを利用したいと考える方がいますが、未成年者が取り交わした契約は、民法上、取り消すことができるとされているため、どの業者も貸し倒れのリスクの高さから未成年の方への貸付は行っていません。

もし、未成年者への貸付を行っているような業者があったら、悪徳業者である可能性もあるので、ご注意ください。

基本的に大手消費者金融は、貸付対象をだいたい満20歳以上~満69歳の安定した収入がある方としています。

そのため学生や主婦の方であっても、安定した収入があれば申込むことができます。

未成年の方で急にお金が必要になったという場合には、カードローンに頼ろうとするのではなく、不用品を売却するか、記事の前半部分で紹介したような、両親にお金を貸して欲しいとお願いするか、未成年でも出来るアルバイトでお金を稼ぐ方法を検討してみましょう。

カードローンを利用して、最短でお金を借り入れるコツ

コツ

急にお金が必要になって消費者金融のカードローンを利用する時には、急いでいるからこそ、なるべく最短でお金を借りたいですよね。

そこで、ここからは消費者金融のカードローンを利用して、最速で借り入れするコツを紹介していきます。

最速で借り入れるコツ
  1. 即日融資可能な大手消費者金融を利用する
  2. インターネットで申込む
  3. 事前に必要書類を準備しておく

すぐにお金を借りたい時の申込方法として、大手消費者金融のカードローンにインターネットで申込む方法がおすすめです。

ウェブからの申込であれば、24時間いつでも申込むことができます。

また、事前に必要種類を用意しておくことで、スムーズに手続きを進めることができます。

審査を受けるにあたって、以下の書類が必要であるという業者がほとんどです。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

上記3つのうちどれか1つ

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

上記3つのうちどれか1つ

カードローンに申込む際には、上記の本人確認書類や収入証明書類の提出が必要になりますが、借入希望額が50万円以下の場合には、収入証明書類が不要という業者がほとんどです。

いずれも提出する書類は、最新のものにしましょう。

業者によっては、必要書類が異なるケースがあります。

急にお金が必要な時に便利!最短即日融資可能なおすすめカードローン

大手消費者金融として人気がある業者は、プロミス・アイフル・アコム・レイクなどがありますが、急にお金が必要になった際には、最短即日融資が可能なプロミス・アイフルが特におすすめです。

初めてプロミスやアイフルを利用する方なら、最大30日間の無利息サービスが利用できます。

30日間も無利息で利用できるので、初心者の方にはかなり嬉しいですね。

プロミス・アイフルの詳細については、以下のリンクから徹底解説した記事がご覧いただけるので、ぜひ検討してみてくださいね。

プロミス

プロミスについての調査結果!審査や金利などまとめ

プロミスについての調査結果!審査や金利などまとめ

アイフル

アイフルについての調査結果!審査や返済などまとめ

アイフルについての調査結果!審査や返済などまとめ

SMBCモビット

また、無利息期間サービスはありませんが、WEB完結申込が可能なSMBCモビットもおすすめです。

SMBCモビットについての調査結果!返済や金利などまとめ

SMBCモビットについての調査結果!返済や金利などまとめ

本ページは、2017年12月19日時点での情報です。

GOTTAのLINE@ができました!!

最新情報や、
人気の記事をお届け中!

友だち追加よろしくお願いします!

LINE@はこちら

※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。