旭山動物園の見どころはこれ!ペンギンの散歩の他にも魅力が満載

旭川市旭山動物園



北海道の旭川市旭山動物園は、行動展示といわれる見せ方と取り入れたことによって、一躍有名になった動物園です。

行動展示とは「動物本来の美しさや尊さを見せる」ことを目的とした展示手法です。

動物本来の生き生きとした自然な生活風景を見ることが出来るため、老若男女関わらず、全国から多くの人が旭山動物園に訪れる人気な観光スポットとなっています。

今回は、旭山動物園の魅力やお得情報などをご紹介していきます!

旭川市旭山動物園は、動物たちの本来の生活風景を見られる場所

日本の最北端にある動物園、旭川市旭山動物園は、昭和42(1967)年7月1日に開園しました。

旭山動物園では、冒頭でもお話した「行動展示」といわれる展示手法を取り入れていることによって、他の動物園だとなかなか見られない、のびのびと生活している動物本来の生活風景を見て癒されることができます。

北極圏に生息するトナカイやホッキョクグマ、北アメリカに生息するシンリンオオカミやアライグマなど珍しい動物がいることも、旭山動物園の魅力の一つですよ。

旭山動物園では100種類以上の動物たちに出会える!

動物も生き物なのでいつも同じ数の動物がいるわけではありませんが、旭山動物園ではだいたい150種類ほどの動物が生息しています。

旭山動物園の見ごたえ満点なおすすめ施設

あざらし館

アザラシの泳ぎまわる様子を観察できる「あざらし館」は、旭山動物園の名物にもなっていておすすめです。

館内には円柱水槽や大水槽があり、アザラシが泳いでいる様子を至近距離で見ることができますよ。

ほっきょくぐま館

「ほっきょくぐま館」には、巨大プールとシールズアイ(カプセル)の2ヵ所の展示場所があります。

巨大プールの設置場所では、ホッキョクグマの迫力のある飛び込みや自由に泳ぐ姿を眺めることができるでしょう。

シールズアイ(カプセル)の設置場所では、檻のない陸上の放飼場にいるホッキョクグマをシールズアイと呼ばれるカプセルの中から覗くことができます。

ホッキョクグマが捕食するアザラシになった気分でホッキョクグマを観察できるので、貴重な思い出になること間違いなしです!

このおもちゃのような状況になったら、カプセル内とはいえ、恐怖で慌ててしまいそうですね・・・。

このほっきょくぐま館で、もう一つおすすめしたいポイントが「もぐもぐタイム」と呼ばれるイベント!

もぐもぐタイムは毎日もしくは随時開催され、飼育員さんがホッキョクグマにエサを与える様子を観察することができます。

ホッキョクグマのもぐもぐタイムの見学場所は水槽前となっており、たくさんの人が入ることができないため、入場制限がある可能性があります。

そのため、なるべく早めに見学場所に行くと良いでしょう。

このもぐもぐタイムは、ホッキョクグマ以外の動物(ペンギンやオランウータン、ニホンザルなど)でも開催されています。

何時からどの動物のもぐもぐタイムが始まるかは、毎朝公式ホームページや園内掲示板で発表されるので、しっかりチェックしてくださいね。

その他おすすめ動物施設

旭山動物園内には全部で28施設があり、どの施設も動物たちがのびのびと生活できるように工夫されています。

ここからは、実際に足を運んだ方々の声をご紹介していきます!

冬の旭山動物園も大賑わい!雪がお似合いの動物たち

厳しい寒さとなる冬の旭山動物園も、園内は多くのお客さんで賑わいます。

雪が降る冬場には、雪と動物たちのコラボレーションによって、より一層可愛らしい動物の姿を観察できますよ。

可愛い動物に癒されるとはいえ、冬の旭山動物園はやはり極寒です。

冬の旭川市は氷点下を下回る気温が基本ということも多いので、カイロや手袋など防寒対策をしっかりしていきましょう。

旭山動物園のペンギンの散歩は冬の大人気イベント!

旭山動物園では、毎年雪が降る時期(12月下旬頃~3月中旬頃)になると「ペンギンの散歩」が実施され、例年大人気のイベントとなっています。

ペンギンの散歩は、冬場のペンギンの運動不足解消を目的に行われています。

ペンギンの散歩の開催時間に関して、12月下旬頃から3月までは、午前11時と午後2時30分の2回開催で、3月以降は原則午前1回のみの開催になります。

ペンギンは園内約500mの散歩コースを飼育員さんと一緒に散歩し、歩いたり滑ったりしながらコースを進んでいきます。

ヨチヨチと散歩する可愛いペンギンの姿が見られますが、見学時にペンギンに触る、フラッシュ撮影をするなどは禁止されているので、これらに注意してペンギンを見学しましょう。

旭山動物園のランチ&休憩時のおやつには動物がいっぱい!

旭山動物園内の食堂や売店で販売されている食事やおやつには、かわいい動物をモチーフにした商品がたくさんあります。

園内を回っている時だけではなく、食事の際も動物に癒されることができますね。

旭川ならではの地元食材にこだわったご当地メニューも、豊富に用意されているので、動物園内で北海道名物の食事も楽しめそうですね。

旭山動物園中央食堂の「もぐもぐランチパック」も便利でかわいい!

あざらし館の横にある旭山動物園中央食堂の「もぐもぐランチパック」は、動物たちのもぐもぐタイムと掛けて作られたランチメニューです。

数量限定のランチボックスセットなら、もぐもぐランチパックの3種(ジンギスカンから揚げ丼・いも豚すき焼き丼・いも豚丼)のいずれか1つを選ぶと、オリジナルトートバッグとあざらしプリントランチボックスがついてきますよ。

旭山動物園のお土産は?とにかく可愛い動物たちを思い出と一緒に持ち帰ろう

お菓子編

旭山動物園で販売されているお土産は、かわいい動物とコラボしている商品が大半で、パッケージも中身もこだわりが詰まっています。

上記の写真は、北国銘菓の株式会社 壺屋総本店「き花」とコラボしたZOOショップオリジナルき花というお菓子で、旭山動物園のお菓子売上ランキングでも第1位を獲得している商品です。

クーベルチュールホワイトチョコをサンドしたアーモンドガレットで、見た目も可愛らしいですね。

これ以外にも、可愛らしいデザインのお菓子がたくさんあるので、お気に入りのお菓子を見つけてくださいね。

雑貨編

旭山動物園の売店には、こんな珍しいお土産も販売されていて、おうちに帰った後も動物園の楽しい思い出がよみがえりそうですね。

動物がデザインされた日用品もおすすめですよ。

中には、旭山動物園バージョンの鼻セレブもあるんです!

花粉症や鼻水でお悩みの方には、大活躍のお土産になりそうですね。

旭山動物園号は2018年3月24日(土)、25日(日)にラストランを終えました

旭山動物園号とは、札幌~旭川間を走行するJR北海道の特急列車で、車両全体に動物が描かれているのが特徴です。

この旭山動物園号は2007年に登場してから、親子や電車好きな方などさまざまな人に愛されていましたが、2018年3月24日(土)、25日(日)をもって車両の老朽化のため引退してしまいました。

車両全体に描かれていた動物は、旭山動物園の元飼育員である絵本作家のあべ弘士さんがデザインしたもので、キリンやトラなどが迫力満点に描かれていました。

車内も遊び心満載のつくりとなっていて、カバのボールプールや動物で出来た座席、キリンと背比べできる記念撮影ボードなどがありました。

旭山動物園号のラストランには大勢のファンが見送り&撮影をするためホームに訪れ、惜しまれながらも引退しました。

旭山動物園へのアクセスについて

電車→路線バスを乗り継いで「旭川駅」からは約40分!行列に注意

電車と路線バスを乗り継いで旭山動物園に行く場合、JR旭川駅から路線バスで約40分かかります。

旭川駅では旭山動物園に向かう路線バスに乗る人の行列ができて、混雑していることも多いので、時間に余裕を持っていくことをおすすめします。

バス内の床は木製で、なかなか見ることのない珍しい内装となっています。

車の場合、無料駐車場あり!民間の有料駐車場での呼び込み合戦に注意

旭山動物園には、正門(約180台)と東門(約520台)に無料駐車場があります。

しかし、動物園に向かうまでの道のりに民間の有料駐車場がたくさんあるため、動物園の無料駐車場があることを知らずに有料駐車場(約2,700台、1日500円)に車を停めてしまう方も多いです。

ただ、午前中には無料の駐車場は満車となってしまうことが多いようなので、無料の駐車場を利用したいという方は、早めに動物園に向かいましょう。

旭山動物園の基本情報

旭川市旭山動物園

【住所】
〒078-8205
北海道旭川市東旭川町倉沼

  • 公共交通機関でのアクセス方法
  • JR「旭川駅」から路線バスで約40分
    「旭川駅」東口前の6番のりばから、旭川電気軌道のバス(旭山動物園線41・42・47番)が30分間隔で運行
    料金:大人440円

    旭川駅周辺バス乗り場案内
    旭川駅~旭山動物園路線バス運行時刻表
    (出典:旭川電気軌道ホームページ

    JR「札幌駅」から「旭川駅」までは、有料特急列車を利用で約1時間30分です。

  • 自家用車でのアクセス方法
  • 旭川北ICから約12km(約24分)
    札幌市から約152km(約2時間)
    新千歳空港から約189km(約2時間20分)

    動物園周辺には、約500台の無料駐車場と、約1500台の民間の有料駐車場があります。
    旭山動物園駐車場案内図

  • 開園期間・時間
  • 冬季開園:
    2017年11月11日~2018年4月8日
    …10:30~15:30(最終入園15:00)

    夏季開園:
    2018年4月28日~2018年10月15日
    …9:30~17:15(最終入園16:00)
    2018年10月16日~2018年11月3日
    …9:30~16:30(最終入園16:00)
    夜の動物園:
    2018年8月10日~2018年8月16日
    …9:30~21:00(最終入園20:00)
    冬期開園:
    2018年11月11日~2019年4月7日
    …10:30~15:30(最終入園15:00)

  • 入園料(通常料金)
  • 大人(高校生以上)…820円
    小人(中学生以下)…無料

    詳しくは、旭川市旭山動物園公式サイトでご確認ください。

    今回は旭山動物園の魅力をご紹介しましたが、季節ごとにイベントもたくさん開催されているので、公式サイトでイベントの詳細情報もチェックしてみてくださいね!
    →旭川市旭山動物園公式サイトはこちら

    アクセスがちょっと大変な面もありますが、生き生きと暮らす動物たちを前にすればそんな苦労もひとっ飛びしそうです。

    大人気の冬の旭山動物園にお出かけの際は、交通機関の遅れや車の運転には十分にお気をつけください。

    本ページの内容は、2018年10月17日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。