沖縄は雨が降っても観光が楽しめます!室内のおすすめ沖縄観光スポット17選!

旅行

沖縄は雨でも楽しめる観光スポットがたくさんあります!

雨の日の沖縄

沖縄は亜熱帯気候なので、突然の雨はつきものです。

雨が降ったらホテルで過ごすのではなく、沖縄を大満喫するべく観光地に出かけましょう!

今回は、雨の心配をすることなく楽しめる、魅力的な観光スポットをご紹介したいと思います。

子供連れの方は、子どもが喜ぶ場所をメインに探したいですよね。

子供が楽しめる沖縄の観光スポットをエリア別で紹介している記事がありますので、合わせてご覧くださいね。

子供が楽しめる
スポンサーリンク

沖縄で雨でも観光を楽しもう!【那覇市エリア】

雨の日の那覇市内
まずは、沖縄の中心部である、那覇市エリアからご紹介したいと思います。

首里城

中国と日本の文化が融合した独自の建築様式に特徴がある首里城は、2000年、世界文化遺産に登録されました。

雨の降る量が多い場合、周囲を散策するのは難しいのですが、場内見学だと雨を気にしないで時間かけて見学することができます。

中国と日本の両方から影響を受けた琉球王国ならではの独特な雰囲気を、本土では体験することはできませんよ。

建築物や彫刻に目を奪われること間違いなしです。

この投稿をInstagramで見る

やっぱりお城とか歴史的建造物好き🏯✨ . #首里城 #沖縄旅行

MA♡さん(@1_am_a1)がシェアした投稿 –

場内では、琉球料理が楽しめるレストランや首里城のオリジナルお土産が買えるショップがあります。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2
【電話番号】098-886-2020
【営業時間】
<無料区域>8:00~19:30(4月~6月、10月~11月)
8:00~20:30(7月~9月)、8:00~18:30(12月~3月)
<有料区域>8:30~19:00(4月~6月、10月~11月)
8:30~20:00(7月~9月)、8:30~18:00(12月~3月)
※入場券の販売締め切りが閉場30分前なので気をつけてください。
【休日】7月の第1水曜日とその翌日

沖縄県立博物館・美術館

沖縄県立博物館・美術館は施設のつくりが一体となっているので、沖縄の自然、歴史、文化、芸術を一度に鑑賞することができるんです。

多彩なイベントを企画しているので、天候を気にすることなく、アカデミックな時間を過ごすことができます。

館内のミュージアムショップでは、オリジナルグッズをはじめ、伝統工芸品も販売しています。

おしゃれなミュージアムカフェでは、島野菜を取り入れたパスタやスイーツが楽しめるので、天候に関わらず、観光の合間に足を運んでみてはいかがですか?

沖縄県立博物館・美術館の駐車場は無料ですので、レンタカーを借りている方は気軽に足を運んでみてくださいね。

この投稿をInstagramで見る

最近は沖縄に来ても、ダイビングするばかりであまり観光をしていない。 なので今回は出掛けてみることにしました。 初日は天気が微妙だったので、おきみゅーへ。 久しぶりに沖縄ぜんざいを食べた。かき氷がふわふわでおいしかった🍧😋💕 黒蜜シロップ+きな粉+あずき+白玉+かき氷。 おきみゅーのミュージアムカフェ、カメカメキッチンはおしゃれでおすすめ🎵 #沖縄ぜんざい #かき氷 #おきみゅー #カメカメキッチン #沖縄県立博物館美術館 #ミルク神 #白玉ぜんざい #ミュージアムカフェ #沖縄 #那覇 #一人旅 #okinawa #naha #redbeanpaste #shavedice #okinawamuseum #museumcafe #okinawahistory

Maiさん(@mai6555)がシェアした投稿 –

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
【電話番号】098-941-8200(代表)
【料金】常設展
<博物館>一般:530円(団体420円)、高大生:260円(団体210円)、
県外小中学生:150円(団体120円)
<美術館>一般:400円(団体320円)、高大生:210円(団体170円)、
県外小中学生:100円(団体80円)
※団体の場合は20名以上。
※70歳以上、障がい者手帳をお持ちの方および介助者1名は無料。(証明書等の提示が必要)
【営業時間】
<火・水・木・日>9:00~18:00(入館は17:30まで)
<金・土>9:00~22:00(入館は19:30まで)
【休日】
毎週月曜日 年末年始(12月29日~1月3日)
※月曜日が祝日・振替休日又は慰霊の日の場合は開館し、その翌平日が休館
※メンテナンス休館あり

アーケード商店街

アーケード街は屋根があるので、雨の日にこそ足を運んで欲しいスポットなんです。

お土産や衣料品、沖縄の珍しい食材がずらりと並んでいるアーケード街は、見るだけでも楽しいのでおすすめです。

観光客と地元の人で活気に溢れていて、沖縄の生活感や地元の空気を味わうことができますよ。

平和通り商店街

この投稿をInstagramで見る

. . \梅雨に逆戻り😱☔/ . はいたい! まちぐゎー案内所ゆっくるです 16時頃から 雨がポツポツ降りはじめ… 土砂降りになってきました☔ まちぐゎー(商店街)のアーケードは 雨に打たれて すごい音がします😓 沖縄特有のスコールや 大雨、台風から 私たちを守る アーケードのありがたみ(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑✨ . . 国際通りから たくさんの人が商店街へ流れてきます 🐾🌺 まちぐゎー(商店街)には 色んなお店がございますので 雨☔でも お買い物が楽しめます 🎶 この先1週間近くは お天気崩れるようです😭 お足もとに十分ご注意の上 まちぐゎーにお越しください🐈🐾✨😊 . . #まちぐゎー案内所ゆっくる #まちぐゎー #平和通り商店街 #平和通り #観光スポット #まちまーい #沖縄 #那覇

まちぐゎー案内所ゆっくるさん(@yukkuru_machigwa_info)がシェアした投稿 –

平和通り商店街は、国際通りから脇にのびているアーケード商店街です。

通りの左右に、食品、衣料品、お土産の店が軒を連ねていて、沖縄の庶民の文化を肌で感じることができます。

ショッピングもおすすめですが、シーサーの色付けなどが体験できるお店もありますよ。

基本情報
【住所】〒900-0013 沖縄県那覇市牧志
【電話番号】098-863-1621
※那覇市平和通り商店街振興組合の電話番号です。
【営業時間】店舗によって異なる。
【休日】店舗によって異なる。
【アクセス】
・那覇空港から車で約10分
・ゆいレール牧志駅より徒歩約8分

第一牧志公設市場

沖縄に遊びに来た人が何度でも立ち寄りたくなってしまう第一牧志公設市場

ここの1階は「沖縄の台所」と呼ばれているスポットで、沖縄の珍しい魚や野菜が一同に集まっています。

沖縄の食文化を知った後は、2階の「食堂街」へ。

2階では、沖縄料理やスイーツを堪能することができます。

また、1階で食材を購入し、2階の飲食店で調理してもらえる「持ち上げ」というサービスがあるので、気になる食材があったら購入して、2階に持っていきましょう。

さて、第一牧志公設市場ですが、実は2019年6月30日をもって市場は閉場しているんです。

でも、安心してください!

2019年7月1日から仮設市場が開業し、仮店舗で営業してますのでそちらへ足を運ぶと、楽しむことができますよ。

仮設店舗への一時移転先は、以下の通りです。

第一牧志公設市場移転先

※画像1
基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2丁目10−1
【営業時間】8:00~21:00
※店舗により異なる。
【休日】毎月第4日曜日(12月を除く)
正月・旧正月・旧盆ほか
※店舗により異なる。
【アクセス】
・那覇空港から車で約16分
・ゆいレール牧志駅より徒歩約9分
・美栄橋駅より徒歩約10分

伝統工芸体験

首里琉染【サンゴ染め・紅型染め体験】

首里琉染では、沖縄の伝統工芸である、サンゴ染めと紅型(びんがた)染めが大人から子供まで体験ができます。

出来上がった作品は、当日そのまま持ち帰ることができるので、取りに行く手間がありません。

しかも、かさばらないので、帰りの荷物を気にしなくていいですよね。

知らなかったサンゴの世界を垣間見ることができますよ。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒903-0825 沖縄県那覇市首里山川町 1-54
【電話番号】098-886-1131
【営業時間】9:00~18:00
【休日】年中無休
【アクセス】
・首里城から徒歩約10分
・那覇空港から車で約30分
※店舗の無料駐車場は5台、満車の場合は近隣の 有料駐車場へ。

和珠本真珠専門店マザーシー【真珠珠だし体験】

珠本真珠専門店では、珍しい真珠珠だし体験ができるんです。

珠を取り出して、ペンダントトップやストラップに加工することもできます。

どんな真珠が出てくるのが、ドキドキですよね。

旅の思い出にオリジナルアクセサリーを作ってみてくださいね。

基本情報
【住所】〒900-0013  沖縄県那覇市牧志1-3-36 1F
【電話番号】098-953-1807
【営業時間】11:00~19:00
【休日】不定休
【アクセス】
・ゆいレール美栄橋駅より徒歩5分
・ドンキホーテ国際通り店から徒歩2分

スポンサーリンク

沖縄で雨でも観光を楽しもう!【南部エリア】

玉泉洞画像

※画像2

沖縄南部エリアには、鍾乳洞があるんです。

天候に不安があったら、地下に潜って洞窟探検するのもいいですね。

では、雨でも楽しめる南部エリアの観光スポットをご紹介したいと思います。

おきなわワールド(文化王国・玉泉洞)

おきなわワールドは、広大な敷地内に沖縄の自然、文化、歴史が体感できるアトラクション満載の観光テーマパークです。

雨の日でも思いっきり楽しめる「雨の日プラン」が充実しています。

例えば、施設内をセグウェイで散策できる「セグウェイ体験」は、雨に日でも体験できるようにカッパを無料で貸してくれるサービスがあるんです。

雨の日のセグウェイ体験

※画像3

雨天時には傘の無料貸出しがあるなどのうれしいサービスがありがたいです。

玉泉洞は、全長5000メートルの鍾乳洞で、迫力ある鍾乳石を間近で見ることができます。

地下に広がる鍾乳洞だったら雨の心配はいらないですよね。

そのほか、沖縄の伝統舞踊「エイサー」や、ハブ博物公園でのハブとマングースのショー
などは屋内で行われるので、雨に濡れることなく観覧することができます。


国・登録有形文化財である「琉球王国城下町」では築100年以上の沖縄の古民家を楽しむことができます。

城下町では、伝統工芸の体験教室が開催されているので、気軽に参加することができますよ。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒901-0616 沖縄県南城市玉城字前川1336番地
【電話番号】098-949-7421
【営業時間】
9:00~18:00
(最終受付17:00)
【休日】年中無休
【アクセス】
<車>
・那覇空港から約30分
・沖縄自動車道 南風原南I.Cから約10分
<バス>
那覇市外バスターミナルより出発
・琉球バス系統54番「前川線」
・琉球バス系統83番「玉泉洞線」
玉泉洞前バス停下車

琉球ガラス村

この投稿をInstagramで見る

#沖縄旅行 #琉球ガラス村

みんとの沖縄ライフ♪さん(@mint.okinawa)がシェアした投稿 –

琉球ガラス村では、ガラス工房で職人たちの手仕事を実際に見ることができます。

工房には琉球ガラスのショップやギャラリーがあるので、お土産選びにも最適です。

こちらで人気あるのが、琉球ガラス体験教室で、自分だけの作品をつくることができます。

アクセサリーやフォトフレームなどを作ることができるので、雨の日は職人気分で作品作りに集中するのもいいですね。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒901-0345 沖縄県糸満市字福地169番地
【電話番号】098-997-4784
【営業時間】9:00~18:00
※工場見学は17:30まで
※美術館は10:00~17:00
【休日】年中無休
【アクセス】
・那覇空港から車で約25分
→アクセスはこちらから

アウトレットモール あしびなー

約100あまりのブランドショップが勢ぞろいしているアウトレットモール あしびなー

世界的に有名なハイブランドをはじめ、カジュアルウェアやスポーツウェアまで、トレンドアイテムが盛り沢山です。

衣料品だけではなく、シューズや雑貨、お土産まで豊富に取り揃えられています。

大型駐車場が近くにあるので、雨の中を長時間歩くことがなく、ショップ沿いにはひさしがあるので、傘なしでもショッピングを楽しむことができます。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒901-0225 沖縄県豊見城市豊崎1-188
【電話番号】098-891-6000
フリーダイヤル:0120-15-1427
【営業時間】10:00~20:00
※飲食は店舗によって営業時間が異なる。
【休日】年中無休

スポンサーリンク

沖縄で雨でも観光を楽しもう!【中部エリア】

雨の日の中部エリア

雨の日でも楽しめる沖縄中部エリアをご紹介します。

体験王国むら咲むら

体験王国むら咲むらは、半日くらい時間をかけたほうが楽しめるので、雨が降ったときにこそオススメです。

というのも、こちらの施設は、32の工房で様々なジャンルの体験ができる体験型テーマパークとなっているからなんです。

体験王国むら咲むらは、元々はNHK大河ドラマのオープンスタジオとして使われていた場所です。

琉球王国時代を再現した建物の中で、伝統工芸はもちろん、三線、沖縄空手、沖縄の伝統料理など、他では味わえない体験ができるんです。

雨の日にあちこち行かなくても、様々な体験が一箇所でできるっていいですよね。

体験施設のほかにも、沖縄料理が楽しめるレストランや、準天然温泉を使用している入浴施設もありますよ。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒904-0323 沖縄県読谷村字高志保1020-1
【電話番号】098-958-1111
【営業時間】9:00~18:00(入園締切17:30)
【休日】年中無休

ぬちまーす観光製塩ファクトリー ぬちうなー

塩の特殊製法

※画像4

ぬちまーす観光製塩ファクトリー ぬちうなーでは、世界初の塩の特殊製法を無料で見学することができますよ。

こちらで製造された塩、「ぬちまーす」は沖縄県宮城島の太平洋側の海水のみを原料としており、添加物を一切使用していないんです。

見学後は、併設されているカフェで、「ぬちまーす」と沖縄の食材を使った食事を楽しむことができますよ。

しぼりたての牛乳と「ぬちまーす」の塩ソフトは絶品です。

直営ショップで「ぬちまーす」が購入できるので、おうちごはんにミネラルをたっぷり加えたい方は、お土産に買ってみてはいかがでしょうか?

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒904-2423 沖縄県うるま市与那城宮城2768
【電話番号】098-983-1140
【料金】工場見学無料
【営業時間】
工場見学・ショップ:9:00~17:30
レストラン:10:00~17:30(ラストオーダー17:00)
ランチ:11:00~15:00
※15時以降及び木曜日は軽食メニューです。
【休日】年中無休
【アクセス】
・那覇空港から 車(高速道路)で約70分
・那覇空港から 車(一般道)で約 1時間20分

イオンモール沖縄ライカム

イオンモールは地元でも行けるし・・・なんて思っていませんか?

イオンモール沖縄ライカムは、リゾート感あふれるつくりになっていて、沖縄の魅力が詰まったショッピングモールなんです。

正面玄関には容量100トンを超える巨大水槽が設置されていて、鮮やかな熱帯魚がお出迎えしてくれます。

ライカムでしか買えない限定アイテムやお土産、食事を楽しむことができます。

お住まい近くのイオンモールと比較しながらショッピングするとおもしろいかも。

休憩スペースが各フロアあちこちにあるので、ゆっくりのんびり一日中楽しめますよ。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒901-2300 沖縄県中頭郡北中城村
アワセ土地区画整理事業区域内4街区
【電話番号】
専門店:098-930-0425(10:00~22:00)
総合スーパー:098-983-8888(8:00~23:00)
【営業時間】
専門店:10:00~22:00
レストラン街:10:00~23:00
総合スーパー:8:00~23:00
※店舗によって営業時間が異なります。
【休日】年中無休

スポンサーリンク

沖縄で雨でも観光を楽しもう!【北部エリア】

沖縄北部エリア

最後に、雨の日でも楽しめる沖縄北部エリアの観光スポットをご紹介したいと思います。

海洋博公園

海洋博公園

海洋博公園は、昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会の記念公園として共用開始された国営の公園です。

水族館、植物園、プラネタリウムなどの様々な施設があるほか、エメラルドビーチや郷土村のような沖縄の自然と文化が楽しめるので、観光スポットとして人気があるんです。

海洋博公園内の「熱帯ドリームセンター」、「ウミガメ館」、「マナティ―館」は、屋根付きの施設なので、雨に関係なく楽しめます。

次に、海洋博公園内で雨の日でも楽しめる、人気スポットをご紹介したいと思います。

沖縄美ら海水族館

この投稿をInstagramで見る

壮大! #沖縄#美ら海水族館#ジンベイザメ#壮大#気持ちいい

Atsushiさん(@d_atsushi)がシェアした投稿 –

沖縄美ら海水族館は、天候に関係なく楽しめる人気の観光スポット。

「イルカショー」が開催される「オキちゃん劇場」は屋根付きの建物で、イルカを間近で観察できる「イルカラグーン」は一部屋根があるので、よほどの悪天候でない限り、プログラムを楽しむことができます。

世界最大級のアクリルパネルの中を、ジンベエザメや熱帯魚など、約740種、21000点の海の生き物たちが悠々と泳ぐ光景は、感動せずにはいられません。

また、東シナ海一望できるレストランでは、沖縄の食材を使ったランチビュッフェが楽しめます。

カフェ「オーシャンブルー」では、ジンベエザメやナンヨウマンタが泳ぐ大水槽を眺めつつ、カフェタイムを満喫できますよ。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒905-0206沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
【電話番号】0980-48-3748
【営業時間】
通常期(10月~2月):8:30~18:30(入館締切17:30)
夏期(3月~9月):8:30~20:00(入館締切19:00)
【休日】12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
【アクセス】
・那覇空港から車(高速道路)で約2時間。
→アクセスはこちらから

海洋文化館プラネタリウム

この投稿をInstagramで見る

めっちゃ面白かった😍💕 . モアナの世界観𓇼𓆡𓆉 ポリネシア文化に沖縄の文化 共に共通する文化😊 . . . 美ら海水族館もいいけど、 ここは穴場スポット✨ また行きたい😍 . . . ちなみに、 入場料は大人190円✨ 結構楽しめるよ😍 . . . 次行く時は あの格好して行こうかな😂w →ヒントは【世界観】😂w . . . #沖縄 #沖縄観光 #沖縄北部観光 #穴場スポット発見 #入場料格安 #海洋文化館 #海洋文化館プラネタリウム #モアナの世界観 #モアナと伝説の海 #南国の踊り #タヒチアンダンス #ポリネシア文化 #南の島の文化 #楽しすぎた #素敵な休日 #人生楽しんだもん勝ち #okinawa #okinawalife #okinawajapan

𓇼Masumin𓇼さん(@lilmasumin)がシェアした投稿 –

海洋文化館プラネタリウムでは、太平洋地域の海洋民族の歴史や文化を知ることができます。

大型カヌーなど、約750点の貴重な資料が展示されています。

プラネタリウムホールでは、1億4千万個もの美しい星がドームスクリーンいっぱいに広がります。

沖縄に伝わる星に関する民話など、様々なプログラムが上映され、大スクリーンに映し出されるデジタル放送は迫力満点ですよ。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
【電話番号】0980-48-2741(電話対応9:00~17:00)
【料金】
大人(高校生以上):190円(団体80円)
小人(小・中学生):無料
6歳未満:無料
※団体は20人以上
【営業時間】
通常期(10月~2月):8:30~17:30(入館締切17:00)
夏期(3月~9月):8:30~19:00(入館締切18:30)
【休日】12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
【アクセス】
→アクセスはこちらから

オリオンハッピーパーク

オリオンハッピーパークでは、沖縄発祥のビールである「オリオンビール」の製造工程を無料で見学できるんです。

見学の後は、待ちに待った作りたてホヤホヤのオリオンビールの試飲です!

ビール以外にも、ソフトドリンクもあるので、お酒が飲めない方も楽しめる施設となっています。

施設内にあるレストランでは、試飲に合わせて食事もオーダーできますよ。

施設内のショップでは、ビールのほか、Tシャツやアクセサリーなどの関連グッズがあるので、お土産におすすめです。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒905-0021 沖縄県名護市東江2-2-1
【工場見学予約電話番号】
0980-54-4103(受付時間:9:00~18:00)
【料金】見学無料
【見学時間】
9:20~16:40(20分毎、計23回のツアーがあります)
【休日】指定休業日(不定期)、12月31日~1月3日
【アクセス】
那覇空港から沖縄自動車道許田インターを降り、58号線を北へ約10分。
→アクセスはこちらから

琉球村

琉球村は、古きよき沖縄の文化や伝統を思いっきり楽しめることができるテーマパークです。

有形文化財指定の古民家で、雨の日でも楽しめる様々な沖縄の文化・芸能体験をすることができます。

所要時間1時間以内の体験プログラムが多いので、1日でいくつかのプログラムを体験することができます。

沖縄独自の風習に出会うことができるイベントが開催されていたり、沖縄グルメを堪能することが出来たりするので、天候が悪くても、楽しい旅の思い出が作れますよ。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒904-0416沖縄県国頭郡恩納村字山田1130
【電話番号】098-965-1234
【料金】
大人(16歳以上):1200円
小人(6~15歳):600円
※2019年10月から、大人1500円、高校生1200円、小人600円
【営業時間】9:00~17:30(最終受付17:00)
【休日】年中無休
※台風時にバスが止まる暴風域になると閉園します。

ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパークでは、駐車場からパーク入り口まで、パイナップルトレインに乗って移動できるので、雨の日でも心配なく遊べますよ。

パイナップル畑や南国のジャングルのような植物が生い茂っている園内を、パイナップル号に乗って見学します。

園内を冒険するだけではありません。

併設されたレストランでは、パイナップルを使ったスイーツが楽しめ、ショップでは、化粧品、ワイン、お菓子がすべてパイナップルで作られたオリジナル商品があるんです。

雨の日は、パイナップルを学んで味わって、パイナップルのすごさを体感してみましょう。

基本情報
【公式サイト】→公式サイトはこちら
【住所】〒905-0005 沖縄県名護市為又1195
【電話番号】0980-53-3659
【料金】
大人(高校生以上):850円
中人(中学生):600円
小人(小学生):450円
小学生未満:無料
【営業時間】9:00~18:00(最終受付17:30)
【休日】年中無休
【アクセス】
那覇空港から、沖縄自動車豊見城・名嘉地ICより名護向けに許田ICまで57.3km
国道58号、県道84号を中山方面へ車で13km

スポンサーリンク

【番外編】沖縄は雨が降ってもアクティビティが楽しめる

雨の日のアクティビティ

せっかく沖縄に来たのに、雨が降ったからといってアクティビティを諦めなくてもよさそうです。

というのも、主催会社によっては、雨が降っていても、海が穏やかであればアクティビティを開催しているんです。

アクティビティは、波の高さや風の強さなど、海の状況によって船の出欠航を決めているようで、逆に晴れていても、波が高く、強風の場合は開催しないようです。

また、強風といった、ベストな天候ではない場合、大人は参加できますが、子供は参加できないなど、参加条件が限定される場合がありますので気をつけてくださいね。

アクティビティを予約している方、これから予約する方は、開催会社に天候に関する開催条件について確認することをおすすめします。

本ページは2019年7月18日時点での情報です
タイトルとURLをコピーしました