仮想通貨Wowoo(ワォー)/WowBit(ワォビット)/WWBは将来性があるの?注目を集める理由を教えます!

Wowoo(ワォー)とはどんな仮想通貨なの?

仮想通貨Wowoo

Wowoo(ワォー)は、シンガポールに本社を構えているWowoo Pte.という企業がICOソリューションWowooとして開発した仮想通貨(暗号通貨)で、2017年にコンセプトが作られました。

Wowooは正確にいうとプラットフォーム名です。

プラットフォームとは、仮想通貨のネットワーク内におけるシステムの土台のことで、トークンを発行したり、プログラムを作動させたりします。

トークンとは、企業が独自に発行する仮想通貨のようなもので、企業は開発費を事前に調達するためにICO(Initial Coin Offering)という資金調達方法を実施します。

ICOは「トークンセール」または、「クラウドセール」とも呼ばれます。

ユーザーはICOでトークンを購入することで、上場して値が上がる前の仮想通貨を手に入れることができるのです。

ちなみにWowooの初回ICOでは、わずか12分でトークンが完売となりました。

Wowooは、ICOの基盤をサポートするシステムで、日本が開発したプラットフォーム型仮想通貨である「COMSA」のシンガポール版とも言われ、今注目の仮想通貨なのです。

ここでのまとめ
Wowoo は2017年に「Wowoo Pte.」というシンガポールの企業によって開発されたプラットフォーム型の仮想通貨である

Wowoo(ワォー)のトークンはWowBit(ワォビット)!特徴とは

Wowoo(ワォー)のトークンの名称はWowBit(ワォビット)です

WowooがICOで発行したトークン名はWowBit(ワォビット)です。

Wowooのプラットフォームで使用されるトークンはWowBitで、通貨単位はWWBとなります。

発行上限枚数はおよそ11億WWBで、発行上限枚数が2100万BTCであるビットコインに比べるとかなり多いですね。


さて、Wowooはプラットフォーム型の仮想通貨であるイーサリアム(Ethereum)と同じように、スマートコントラクトを実装している特徴があります。

イーサリアムをもっと詳しく知りたい方は下記をクリックしてくださいね。

→イーサリアム(Ethereum)とは?特徴って?仮想通貨イーサリアムの情報まとめ

スマートコントラクトとは、あらゆる契約をネットワーク内で保管し、さらに実行できる機能のことで、契約をスマートに行えるシステムのことをいいます。

よってWowBitは、Wowooのプラットフォーム上において、単に通貨の機能だけではなく、割引などに使えるクーポンの機能があるといった様々な用途があるんです。

Wowoo(ワォー)のシステムについて

Wowooの基本構造はブロックチェーンです。

ブロックチェーンとは、ネットワークの参加者が、情報のブロック(台帳)をチェーン状に連なる形で共有している構造のことで、中央に銀行のような特定の管理者を置かない、非中央集権を実現させる特徴を持っているんです。

Wowooは、ブロックチェーン技術を使っているビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と違ってマイニングが行われません。

Wowooのシステムが発行枚数などを管理しているのです。

ここであれっと思った方がいらっしゃるかと思います。

ブロックチェーンシステムを取り入れているWowooは、非中央集権の性質を持っているはずなので、Wowooのシステムが勝手に管理できない印象がありますよね?

実は、Wowooのシステムが管理していると言っても、発行枚数の増減のような大きな変更の案件は、特別決議機能というシステムによって決定されているのです。

「特別決議機能」?難しい言葉が出てきました。

Wowooには、Wowooを支える3つのシステムがあり、「特別決議機能」は3つのシステムの内のひとつなのです。

では次に、Wowooを支える3つのシステムを説明しますね。

Wowoo(ワォー)の特徴「自律・特別な解決」特別決議機能とは

Wowooでは、将来に起こりうるルールの変更や修正の可能性に備えて「特別決議機能」を導入しています。

発行枚数の上限を変更するなどの重要な案件は、WowBit所有者の投票によって決定されるべきとしています。

特別決議機能は、WowBit保有者の投票数の3分の2以上で決定される仕組みになっており、「特別な解決」によって自律した運営を実現しているのです。

Wowoo(ワォー)の特徴「安定化・リザーブシステム」準備金制度とは

Wowooは、トークンの金銭的な価値を守る、つまり将来起こるかもしれない損失に備えるために一定の換算レート(CR)で最小限の準備金を用意しており、新たなWowBitの発行量を常に操作しているんです。

このシステムによって、WowBitトークンの売り手と買い手の間のバランスを公正に保ち、安定化を図ることができるのです。

Wowoo(ワォー)の特徴「適用可能・SACによる権利の自由設計」とは

SACとは、Smart-Active-Control(スマート・アクティブ・コントロール)の略です。

Wowooで発行されるトークンの最大の特徴は、Wowooのトークンと、そこから派生した新しいトークンを自由にデザインできるといった応用がきくことです。

つまり、Wowooで新しくトークンセールを行うユーザーは、業界の特性と設計の意図を自由に組み込むことができるのです。

しかし、健全性を保つために、設計はWowooの審査が必要となります。

Wowoo(ワォー)トークンの投票機能で「感動の可視化」が実現できる!

ワォーのシステム

Wowooが発行するトークンには投票機能がついていて、感動的なものを提供してくれた人に、トークンの投票機能を使って、目に見えない感謝の気持ちを表現できるのです。

分かりにづらいと思いますので、上記のイメージ画像を元に説明したいと思います。

「Wowee」(Wee)は「価値を受け取る人」、「Wower」(Wer)を「価値を与える人」とします。

悩みがある「Wowee」(Wee)は、Wowooのネットワーク上にあるQ&Aサイトで、悩みを解決できる答えを見つけることができました。

解決策を提供した「Wower」(Wer)は、仕事としてではなく、善意(Goodwill)で答えていました。

悩みが解消された「Wowee」(Wee)は、解決策を教えてくれた「Wower」(Wer)に「感謝(Gratitude)の気持ちを表したい」と思い、少額のチップを送ろうと思いましたが、送金手数料が高額だったため諦めてしまいました。

Wowooのトークンは、低コストで少額の投げ銭を気軽に行うことができるメリットがあります。

この仕組みを利用し、人の善意や芸術といった、経済的な価値をつけにくいものに対して投げ銭を支払うことで、感謝や支援の気持ちを表そう、ということです。

Wowooは、人が見ることができない感動や価値を「見る」ことができるようにする、「感動の可視化」を実現することで、芸術や慈善事業の分野において、経済的な報酬に頼ることなく、作品を創作し、ボランティアで感謝されながらきちんと報酬を得ることができる理想的なモデルケースとなることを目指しているのです。

仮想通貨の財布WowooWallet(ワォーウォレット)を開発!

ワォーウォレット

(画像引用元:「Wowoo Wallet」をApp Storeで

Wowooでは、仮想通貨を安全に管理できるようWowooWallet(ワォーウォレット)の開発を行っています。

ウォレットとは、仮想通貨を保管する財布の役割をします。

WowooWalletは、仮想通貨を取引所に預けるのではなく、自分のモバイル端末で管理することができる無料のアプリなのです。

先にAndroid版がリリースされ、続いて2018年3月にios版がリリースされました。

WowooWalletは、タッチIDが搭載されていて、高セキュリティに加え、指紋認証で簡単・迅速にアプリへアクセスできます。

そして、WowBitをはじめ、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)のようなメジャーな仮想通貨やトークンを取り扱っています。

WowooWalletをもっと詳しく知りたい方は下記をクリックしてくださいね。(説明は英語です)

▼WowooWallet Android版はこちらをクリック▼

▼WowooWallet ios版はこちらをクリック▼

Wowoo(ワォー)がリリースしたO3 walletとは?

O3ウォレット

(画像引用元:O3

O3 walletとは、仮想通貨を守るウォレットのひとつで、モバイル端末にO3 walletのアプリをダウンロードして管理するので、使い勝手が良く持ち運びに便利な特徴があります。

iOSとAndroidの両方に対応していて、仮想通貨ネオ(NEO)のプラットフォームで活躍しているトークンを保管できるだけではなく、ネオ(NEO)の最新情報も知ることができるメリットがあるんです。

使い方も簡単で、サポート体制もしっかりしているので、WowBit(WWB)トークンやネオ(NEO)系のトークンであるNEP-5を安全に保管したい方にはおすすめです。

O3 walletをもっと詳しく知りたい方は下記をクリックして確認してみてくださいね。(公式HPは英語です。)

→O3 wallet公式HPはこちら

ワォー(Wowoo)が上場予定のWowooExchangeとは?

ワォーの仮想通貨取引所

(画像引用元:Wowoo Exchange

Wowooは、仮想通貨取引所であるWowooExchangeのウェブサイトを立ち上げることを発表しました。

WowooExchangeプロジェクトは、WowBitやWowooトークンと、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ネオ(NEO)、NEP-5(NEO系のトークン)のような人気のある仮想通貨やトークンを扱うことで、トークン取引の市場供給を早めようとしています。

WowooExchangeはイギリスをカバーし、東南アジアの仮想通貨市場をリードすべく、4箇所に拠点を置き、2018年度中にオープンするのではないかと言われています。

WowooExchangeのオープンを前に、WowooExchangeの ICOでは、WowooExchangeで取り扱われる通貨としてWWXというトークンが発行されました。

WWXとは?

WowooExchangeのICOではWWXが発行されました。

WWXは、WowooExchangで使われるトークンで、WowooExchangではWWXが取引のメインとなる通貨になるようです。

WowooExchangの利用者が増えれば増えるほど、WWXの需要が増え、取引手数料を安くすることでWWXの動きが活発になると価値も上がりそうですよね。

ここでのまとめ
  • Wowooはプラットフォーム名である
  • WowBitはWowooの中で使われるトークンである
  • Wowooのシステムは「自律」「安定化」「適用可能」の3つの柱に支えられている
  • Wowooのトークンには投票機能がついている
  • WowooはWowBitの流通を促すために「WowooWallet」と「O3 wallet」「WowooExchange」を開発した
  • 「WowooWallet」「O3 wallet」は仮想通貨を保管する財布のようなもの
  • 「WowooExchange」はWowooが開設した仮想通貨の取引所
  • WWXは「WowooExchange」という仮想通貨の取引所で使用するトークン

ワォー(Wowoo)のICOが注目される理由はコレだ!

Wowooが注目されるのには理由があるんです。

Wowooのプロジェクトには、有名なアドバイザーがついており、日本の企業も出資しているのです。

有名なアドバイザーや日本の企業は以下の通りです。

  • 「ビットコインの神様」という異名を持つロジャー・バー氏がアドバイザー
  • NEOの創業者でありCEOのDa Hongfei氏がアドバイザー
  • 日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」運営会社が出資
  • ロジャー・バー(Roger Ver)氏がWowooを絶賛!

    ロージャー・バー氏画像

    (画像引用元:Wowoo – Create Inspiring Value with Wowoo!!)

    ロジャー・バー(Roger Ver)氏は、「ビットコインの神様」として広く認知されており、仮想通貨の推進に大きな役をつとめてきた仮想通貨業界の第一人者です。

    ロジャー・バー氏は、Wowooの評議会に参加し、以下のコメントを述べています。

    ロジャー・バー氏のコメント
    「私は、Wowooの提供するサービスにとても感激しています。
    なぜなら、「OKWAVE」がQ&Aによる助け合いで人々をつなげてきたように、これからは、仮想通貨(クリプトカレンシー)やICO(イニシャルコインオファー)が、かつてない方法で人々を一つにつなげ、世界をより良いものにしていくと信じているからです。Wowooが目指す、「感動の価値化」のICOソリューション、これは世界にとって素晴らしいものになるでしょう。ありがとうございます。」

    仮想通貨の世界で影響力がある人をアドバイザーに迎えることで、Wowooの信頼性も高まりますよね。

    仮想通貨ネオ(NEO)の創業者でありCEOのDa Hongfei氏がアドバイザー

    Da Hongfei氏画像

    (画像引用元:Wowoo – Create Inspiring Value with Wowoo!!)

    仮想通貨ネオ(NEO)の創業者であり、CEO(最高経営責任者)のDa Hongfei氏も、Wowoo
    のプロジェクトに参加しています。

    ネオは、中国初のブロックチェーンを活用したプラットフォーム型仮想通貨で、イーサリアムの中国版とも言われていて、仮想通貨の時価総額ランキングでは、上位にランクインしている人気仮想通貨なのです。

    Da Hongfei氏がアドバイザーとして参加していることが関係しているのか分かりませんが、2018年2月にWowooはネオのプラットフォームに移行しました。

    2018年2月、この移行により、WowooのICOの実施は延期されました。

    ネオに移行するメリットとして上げられるのは処理能力、つまり取引スピードの速さです。

    ビットコインの取引スピードは1秒間に約7件、イーサリアムの場合は約15件であるのに対して、ネオは1秒間に約1000件の取引ができると言われているんです。

    ネオのプラットフォームへ移行することによって、より早い取引が可能になりそうです。

    何はともあれ、Da Hongfei氏がアドバイザーに就くことは、Wowooの信頼性がより高くなることはもとより、中国市場をはじめとしたアジア市場へ展開する期待材料となりそうです。

    日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」の企業が出資

    OKWAVE画像

    (画像引用元:株式会社オウケイウェイヴ

    日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営している、株式会社オウケイウェイヴは、「OKWAVE」の子会社OKfincを通じてWowooへの出資を行い、Wowooが展開するICOプラットフォームの事業を支援しています。

    株式会社オウケイウェイヴ代表の兼元氏は、元ホームレス上場企業社長として、知る人ぞ知る有名人です。

    こちらがその兼元氏です。

    オウケイウェイヴ兼元氏

    (画像引用元:Wowoo – Create Inspiring Value with Wowoo!!)

    このような日本の企業が支援している期待感からか、株式会社オウケイウェイヴの株価は上昇しているんです。

    株式会社オウケイウェイヴの2017年5月から2018年4月現在までの株価チャートは以下の通りです。

    OKWAVE株価チャート

    Q&Aサイト上で、感動や良い影響を与えてくれたユーザーに対して、仮想通貨の投げ銭ができることによって、仮想通貨で気軽に感謝の気持ちが表現できるようになることを期待したいですね。

    OKWAVEは、Q&Aという助け合いの場を軸に感謝の気持ちでつながるサービスを提供し、人と人とのつながりを大事にしている企業なのです。

    ワォー(Wowoo)の今後について

    LIFEXプロジェクトとは何?LIFEXトークンの販売予定は?

    2018年4月、LIFEXプロジェクトをリリースしました。

    LIFEXは先端医療情報事業を展開するプロジェクトで、再生医療分野とブロックチェーン技術を組み合わせることで、再生医療業界の発展に貢献することを目的としたプロジェクトなのです。

    例えば、医療分析結果や医療データ、健康データをブロックチェーン上に保存して、ユーザーへ有効な情報を提供することができるようになります。

    このプロジェクトは、OKWAVEと戦略的パートナーシップを締結したことが報告されています。

    詳しく知りたい方は以下をクリックして確認してみてくださいね。

    →LIFEXプロジェクトに関するOKWAVE公式HPはこちら

    LIFEXプロジェクトはWowooシステムを利用してLIFEX(LFX)トークンを公開する予定で、トークンの販売は、2018年5月に予定されています。

    WowooがサポートするZENプロジェクトって何?

    2018年3月、Wowooはブロックチェーン技術を用いた、オンライン寄付プラットフォーム「ZEN」の普及を目的としたZENプロジェクトをサポートするため、OKWAVEとレッドホースコーポレーション株式会社との業務提携を発表しました。

    レッドホースコーポレーション株式会社は、ふるさと納税サイト「ふるまる」の運営やおみやげ通販サイトなどの事業を展開している、東京に本社を構える日本の企業です。

    ZENプロジェクトは、寄付に仮想通貨を使うことによって、単に通貨として利用するたけではなく、寄付者への利便性の向上と、寄付金の使途管理を目的としたプロジェクトです。

    つまり仮想通貨によって、寄付業界における寄付金の使途の透明化と管理の効率化が図れるようになるのです。

    オリジナルのトークンは今後公開が予定されているのですが、詳細はまだ発表されていません。

    ZENプロジェクトの業務提携に関してもっと詳しく知りたい方は以下をクリックして確認してくださいね。

    →「ZEN」に関するOKWAVE公式HPはこちら

    ワォー(Wowoo)はいつ上場するの?

    公式HPに掲載されている、Wowooの今後のスケジュールは以下の通りです。

    ワォーのロードマップ

    • 2018年第1四半期1-A:Wowooトークンセール、システム開発
    • 2018年第2四半期1-B:Wowooシステム開発
    • 2018年第3四半期:Wowooサービス実装開始
    • 2019年第3四半期:WowooプラットフォームのAIサービス開始
    • 2019年第4四半期:Wowooエコシステムが成長

    Wowooの上場時期については、まだ公表されていないようです。

    上場後にICO価格の何倍になるのか、今後注目の仮想通貨になることは間違いなさそうですよね。

    Wowooのアドバイザーには有名人や大手の企業が参加しているので、詐欺通貨ではなさそうですが、仮想通貨の購入はあくまでも余裕資金で購入してくださいね。

    本ページの内容は、2018年4月11日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。