仮想通貨ネム(NEM)とは何?基本情報や将来性を分かりやすく解説します!

ネム(NEM)とは何?

ネム(NEM)は、「New Economy Movement」の頭文字をとって名づけられた仮想通貨(暗号通貨)です。

日本語に訳すと「新しい経済運動」で、従来の経済システムに縛られない、新しい経済を創り出すことを目標に誕生しました。

2014年1月19日に、Bitcoin Talkフォーラムにてフォーラムの参加者によって企画が提案され、2015年3月31日に公開されました。

ネムの開発チームに日本人が参加していたという噂もあり、当初より日本で注目をされていて、現在も人気のあるアルトコイン(オルトコイン)のひとつです。

しかし、ある事件によって、さらに注目を浴びることになります。

2018年1月、国内の仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)がハッキング行為を受け、当時の価格にして約580億円相当のネムが不正に外部へ送金されたのです。

この事件によって、世間により周知される仮想通貨となってしまいました。

仮想通貨のネム自体はビットコイン(Bitcoin)イーサリアム(Ethereum)のように不正や改ざんの起きにくいシステムと言われていて、事件後多くの報道では、コインチェックにおけるネムの保管方法に問題があったとして、コインチェックのセキュリティ意識の低さが批判されました。

ネムは、セキュリティ面のほか、新しく改良された機能を多く持ち合わせており、ビットコインやイーサリアムのシステム上の問題点を解消した仮想通貨といわれているんです。

ここでのまとめ
  • 2014年1月:Bitcoin Talkフォーラムにて参加者によって企画が提案される
  • 2015年3月:公開
  • 2018年1月:仮想通貨取引所コインチェックがハッキング被害を受け約580億円相当のネムが不正流出する

ネム(NEM)の通貨単位はXEM(ゼム)

ネムの通貨単位は「XEM(ゼム)」です。

発行上限枚数は、8,999,999,999XEMで、すでに発行済みで、投資家へ分配されています。

ネム(NEM)の時価総額と現在の相場チャート

ネム時価総額ランキング

※2018年3月14日現在の時価総額ランキングです。

2017年7月の時価総額ランキングでは第7位でした。

その後徐々にランクが下がり、2018年3月8日時点では第13位でしたが、数日後の2018年3月14日現在には第9位に浮上しました。

2018年3月14日現在のネムの相場チャートは以下の通りです。
ネム相場チャート

(画像引用元:CoinGecko Nemの価格

ネムの価格は、2017年の20円から2018年1月上旬に200円まで高騰しましたが、その後徐々に降下し続け、2018年3月14日現在では約50円となっています。

ここでのまとめ
  • ネム(NEM)の通貨単位はXEM(ゼム)である
  • ネム(NEM)は時価総額ランキング第9位(2018年3月14日現在)の仮想通貨

ネム(NEM)とビットコイン(Bitcoin)の違いを知ろう!

ネム(NEM) ビットコイン(Bitcoin)
公開日 2015年 2009年
発行上限枚数 約90億XEM
(すでに発行済み)
2100万BTC
用途 プラットフォーム 決済
ブロック生成時間 約1分 約10分
承認作業システム PoI PoW
承認作業 ハーベスティング
(収穫)
マイニング
(採掘)
消費電力 少ない 多い
報酬 貢献度が重要 計算量が重要

ビットコイン(Bitcoin)はProof-of-Work、ネム(NEM)はProof-of-Importance

ネムの大きな特徴として、承認作業のシステムに「プルーフ・オブ・インポータンス(Proof-of-Importance 略してPoI)を採用している点が挙げられます。

ビットコインでは「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」が採用されています。

ネムやビットコインは、情報のブロック(台帳)がチェーン上に連なる形をとるブロックチェーンを基本構造としていて、それぞれのネットワークの参加者が協力して、情報のブロックを承認し合ってブロック(台帳)作成しています。

ビットコインの場合、情報のブロックを承認し合ってブロック(台帳)作成することをマイニングといい、マイニングの報酬としてBTC(ビットコイン)がもらえる仕組みになっています。

つまり、ビットコインのマイニング方法はPoWという承認作業システムを採用しているということになります。

ちなみに、時価総額ランキング2位のイーサリアムもブロックチェーンを基本構造にしています。

現在はビットコインと同じPoWを採用していますが、いずれ「プルーフ・オブ・ステーク」(PoS)というシステムへ移行すると言われています。

後から誕生したネムのPoIは、ビットコインのPoW、イーサリアムのPoSのデメリットを解消したものになっているんです!

次にこのPoIをもっと詳しく見ていきましょう。

ネム(NEM)のココがすごい!特徴を解説します

ネム(NEM)は平等に稼げる仕組みがあります!PoI(Proof-of-importance)とは

ネムのPoIは、ビットコインのPoWやイーサリアムPoSの問題を解消するために開発されました。

問題とは、ビットコインの場合、PoWは高額なマイニングの機器が購入できる財力がある人に有利であり、イーサリアムの場合、PoSはコインを多く所有する人が有利になってしまう問題があるのです。

これでは、マイニングに必要なたくさんの電気料金を支払うことが可能で、高価なマシンを持てる一部の人に報酬が偏ってしまうことになるので、お金持ちだけがお金を得てしまいます。

しかしネムのPoIでは、ネムへの貢献の度合いによって報酬を得ることができ、ビットコインやイーサリアムに比べて平等に報酬を分配されるシステムになっています。

「貢献の度合い」?すごくあいまいな感じですが、PoIは、「Importance(重要)」という単語が含まれている通り、ネムに貢献している度合いが大きい人ほど「重要」と認識され、重要度の高い人からブロック(台帳)を作成できます。

よって、重要度の高い人ほど報酬を受け取りやすい仕組みなのです。

次に、何を持って「重要度がある人」と認識されるのか説明します。

ネム(NEM)ユーザーの重要度はどうやって決めるの?重要度を上げる方法とは

ネムのPoIでは、ネムのコインである「XEM(ゼム)」の保有数と、ネムの「取引頻度」が「重要度」に大きく関わってきます。

「重要度」を上げるためには、「XEM」の保有数だけではなく、ネムのネットワーク内でたくさんの取引をする必要があるのです。

「重要度」のことを「PoIスコア」といい、このPoIスコアを増やすためには、NEMを使って大勢の人と、たくさんの取引をすることが重要なのです。

■PoIスコアを上げるための条件

  • 1000XEM以上の送金をする取引であること
  • 30日以内(43200ブロック以内)の取引であること
  • 既得残高(VestedBalance)が10,000XEM以上保有するユーザーからの入金取引であること
  • ※既得残高とは、1日毎に増えていくネム(NEM)の残高です

要は、ただ「XEM」を持っているだけではなく、ネムのネットワーク内でよりたくさんの取引を行って成績を上げ、成績を上げた結果、報酬をもらえる確率が高くなるイメージです。

ただし、取引をたくさんしているように見せかけるために、同じアドレスへ繰り返し送金するようなズルをしても、「PoIスコア」が上がらないよう設定しているので気をつけてくださいね。

PoIのことがもっと詳しく知りたい人はネム(NEM)の公式ホームページを確認してみてください。(公式HPは英語です。)
⇒What is Proof-of-Importance (POI) and Why Is It Better, and What Is Vesting?

日本語で確認したい方は、以下のサイトで日本語に訳しているのでご確認くださいね。

⇒NEMブロックチェーン上でImportance(重要度)を上げるにはどうすればよいか?翻訳

ここでのまとめ
  • ビットコイン(Bitcoin)
  • ・PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
    ⇒電気代が高額になる、計算がたくさん出来た人ほど報酬がもらえる

  • イーサリアム(Ethereum)
  • ・PoS(プルーフ・オブ・ステーク)
    ⇒ETHの保有量が多い人ほど報酬がもらえる

  • ネム(NEM)
  • ・PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)
    ⇒ネム(NEM)への貢献度が高い人ほど報酬がもらえる

ネム(NEM)はマイニングしません!ハーベスティング(収穫)します

ネムは、ビットコインでいうマイニング(採掘)というものがありません。

ネムもビットコインと同じでブロック(台帳)の承認作業をしていく構造です。

ビットコインの承認作業でいうマイニングをネムではハーベスティング(収穫)といい、承認作業する人のことをハーベスト(収穫者)といいます。

ネムは、すでに約90億XEMすべての通貨を発行しているので、新規に発行されることはありません。

すでにあるXEMが報酬となるので、現存のXEMを収穫するという意味でハーベスティング(収穫)といわれているのです。

そしてネムは、取引の際に取引手数料を支払わなければなりません。

その取引手数料が、承認の作業をしてくれたハーベストへの報酬となります。

どうやってハーベスティング(収穫)するの?

ネムのハーベスティングには、ネムの公式ウォレットとして推奨されているナノウォレット(Nano Wallet)をパソコンにダウンロードして、ハーベスティング設定をする必要があります。

ナノウォレットは無料で利用することができ、ネムをウォレットに保管しておくだけでハーベスティングを自動で行い、報酬としてXEMが勝手に増えていくのです。

ハーベスティングには、パソコンを立ち上げたままで行うローカルハーベスティングと、パソコン電源を落として行ってもよい委任(デリゲート)型のハーベスティングがあります。

ハーベスティングは誰でも参加することができますが、参加条件があるんです。

ハーベスティングをするには、10,000XEM以上持っていないと参加できません。

そして、誰がハーベスティングするかは、ネムへの貢献度によって決められますので、貢献度を上げるためにたくさんの人とネムの取引をしましょう。

ネムは、ビットコインのように高額なマシンやたくさんの電力がなくても、貢献度さえあれば誰でも平等に報酬を得ることができることから、PoIの採用は、ネム独自の理念である「富の分配」「平等」を実現するものなのです。

ネム(NEM)のスーパーノードで夢の不労所得!?

ハーベスティングしているコンピューターのことをノードといい、ノードはネットワークの中で取引の記録をしています。

このノードの高レベル版、スーパーノードにハーベスティングを委任することができ、スーパーノードにハーベスティングを任せると、ほっといても格段の報酬を得ることができるのです。

スーパーノードになるためには、300万XEM以上の保有が必要であるほか、様々な必要条件があります。

スーパーノードはネムのネットワークの中核となる存在となるので、必要条件をクリアした方は運用者としての自覚を持ち、セキュリティ対策には万全を期しておきましょう。

ネム(NEM)は誰でもトークンを発行できるんです

ネムには、独自のトークンを発行できる機能があり、ネムのネムスペースモザイクを使ってトークンを発行することができます。

ネムスペースがドメインで、モザイクがそのドメイン内で使える通貨だったり、カードだったりする感じで、ネムで例えていうと、ネムスペースがネムで、モザイクがXEMといったイメージです。

発行するには、ネムの公式ウォレットであるナノウォレット(Nano Wallet)が必要なので、事前にダウンロードしておきましょう。

ネム(NEM)は安全性の高いシステムを導入しています

ネムのセキュリティを支えているのはEigentrust++というシステムです。

このシステムは、評判システム(reputation system)と言われ、悪意のあるコンピューターを特定し、悪いことをしないように見張っています。

この評判システムを導入していることで、ネムは安全性が高いと言われているのです。

ここでのまとめ
  • ネムのシステムPoIは、ビットコインのPoW、イーサリアムのPoSの報酬の偏りというデメリットを解消したシステムになっていて、平等に報酬が受け取れる仕組みがある
  • ブロック(台帳)の承認作業のことをビットコインはマイニング(採掘)、ネムはハーベスティング(収穫)という
  • ネム(NEM)は独自のトークンを発行できる
  • ネム(NEM)は安全性が高い

ネム(NEM)の今後が知りたい!将来性について

NEM不正流出事件で大活躍したNEM財団って?

ネム財団

NEM財団(NEM.io Foundation Ltd)は、「NEM技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること」を目的に、2016年にシンガポールを拠点にして有限責任保証会社として設立されました。

コインチェックNEM不正出金事件の際には、NEM追跡プログラムを作成し、流出したNEMを追跡しました。

この事件時にツイートしたNEM財団会長Lon Wong氏のコメントは以下の通りです。

■日本語意訳:コインチェックがハッキング行為を受けたことは非常に残念だ。でも、私たちはあらゆる手を尽くして助けたいと思う。

このネム財団のすばやい対応とサポート体制に世界中が評価し、今後もNEM財団の活動に注目が集まりそうです。

事件解決に向けて不正を監視するサポートをするほか、様々なプロジェクトを進め、イベントを開催するようです。

ちなみに日本国内の仮想通貨業界でリーダーシップを取っている、テックビューロ株式会社のCEO朝山貴生氏は、2017年6月に正式に理事(評議会員)に就任しています。
ネム財団理事に就任した日本人
このテックビューロ株式会社は国内の大手仮想通貨取引所であるザイフ(Zaif)を運営している会社で、取引所を運営するほかに、NEMチームを日本に誘致して、テックビューロ社オリジナルのブロックチェーンを開発したんです。

NEMの技術を応用したmijinは日本の企業が開発しました!

テックビューロ社は、NEM開発チームを日本に誘致して、「mijin」というプライベートブロックチェーンを開発しました。

この「mijin」は、さくらインターネット株式会社とテックビューロ社が開発したオリジナルのプライベートブロックチェーンで、大幅なコスト削減と高セキュリティ、そして、システムがダウンすることなく稼働し続けるゼロダウンタイムなどの実現を可能にしました。

ちなみに、ビットコインやネムのブロックチェーンが誰でも参加できるパブリックなものであるのに対して、「mijin」は自分の管理ネットワーク内で指定したコンピューターのみしか参加できないプライベート型のブロックチェーンで、迅速な処理ができる特徴があるんです。

すでに様々な分野で試験運用されていて、導入の申込み企業は、国内外合わせて430社以上もあり、今後も導入企業が増えていくと予想されています。

コムサ(COMSA)もネム(NEM)が関係しています

コムサについて

(画像引用元:COMSA公式HP

コムサ(COMSA)は、企業とブロックチェーンの架け橋となるべく、日本発の総合ICOソリューションとしてテックビューロ社が開発しました。

ICO(Initial Coin Offering)とは、資金調達を目的とした手法で、「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、企業はそれを販売することで、開発費や研究費を調達するのです。

つまりコムサは、企業が信頼性のあるICOを実地できるよう、プラットフォーム(基盤)をサポートする目的で開発されたのです。

コムサでは、ビットコインやイーサリアムだけではなく、ネムのブロックチェーンも利用してトークンを発行していて、ネムを使っての資金調達が可能です。

このことから、今後ますますネムの需要が高まることが期待されています。

その他、今後のネムの価格が上昇する期待材料として、時期アップデート「カタパルト」があるので紹介します。

カタパルト(Catapult)はネムの切り札になる!?

カタパルト(Catapult)は、今のネムの性能をさらにパワーアップするための大型アップデートのことです。

カタパルトが実装されると、現在ある仮想通貨の中でもトップレベルの性能を持った通貨に進化すると言われ、カタパルトの実装を誰もが待ち望んでいるのです。

カタパルトが実際に行われると、処理速度が圧倒的に速くなります。

どのくらい早くなるかというと、人気仮想通貨の処理スピード比較は以下の通りです。

    1秒あたりにできる処理件数

  • ビットコイン(Bitcoin):6~14件/秒
  • イーサリアム(Ethereum):13~15件/秒
  • リップル(Ripple):1500~3000件/秒
  • ネム(NEM)3000~4000件/秒(カタパルト実装後)

このように、処理スピードが非常に速くなるだけでなく、安全性も大幅に高くなるといわれています。

カタパルトの実装時期は2018年中とうわさされていますが、今のところ未定です。

実装されると、ネムの価格が上がることは間違いなさそうです。

ここでのまとめ
  • ネムを開発したNEM財団の理事に日本人が就任している
  • テックビューロ社はネム開発チームを日本に誘致してプライベートブロックチェーン「mijin」を開発した
  • コムサ(COMSA)にはビットコイン、イーサリアムだけではなくネムのブロックチェーンも使っている
  • カタパルトによってネムは仮想通貨トップレベルの性能を持つことが期待される

ネム(NEM)はどこの取引所で購入できる?購入方法とは

ネムは国内の仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)コインチェック(coincheck)で購入可能です。

しかし、コインチェックは販売所で、指定された金額で購入しなければならないため、割高になってしまいます。

ザイフ(Zaif)指値注文といって、自分で購入したい値段を指定して購入することができるのでおすすめです。
仮想通貨取引所ザイフ

(画像引用元:ザイフ(Zaif)HP

ザイフ(Zaif)をもっと詳しく知りたい方は以下ををクリックしてくださいね。
⇒ザイフ(Zaif)は手数料が圧倒的にお得!扱うトークンも豊富で選ぶ価値あり

ネムは(NEM)どうやって保管する?おすすめのウォレットとは

ウォレットは大切な仮想通貨を保管する財布の役割があります。

仮想通貨取引所のウォレットでネムを保管することができますが、セキュリティ面を考慮するとハードウェアウォレットでの保管がおすすめです。

仮想通貨の保管にはレジャー社(Ledger)トレザー社(TREZOR)のハードウェアウォレットが人気です。

レジャー社のハードウェアウォレットでは、「Ledger Nano S」と「Ledger Blue」が有名ですが、ネムに対応していないのでネムを保管することができません。

なので、ネムに対応しているトレザーをおすすめします。
トレザーについて紹介

(画像引用元:TREZOR公式HP)

⇒TREZORの公式HPはコチラから

トレザーは初期設定が簡単で、使いやすいという点に人気があります。

トレザーがネムのほかに対応している仮想通貨は、

  • ビットコイン(BITCOIN)
  • ライトコイン(LITECOIN)
  • ダッシュ(DASH)
  • ジーキャッシュ(ZCASH)
  • ビットコインキャッシュ(BITCOIN CASH)
  • ビットコインゴールド(BITCOIN GOLD)
  • イーサリアム(ETHEREUM (+ all ERC-20 tokens)
  • イーサリアムクラシック(ETHEREUM CLASSIC)
  • エクスパンス(EXPANSE)
  • ユービック(UBIQ)
  • モナコイン(MONACOIN)
  • などです。(2018年3月現在)

    ハードウェアウォレットをもっと詳しく知りたい方は以下をクリックしてくださいね。
    ⇒仮想通貨を守るハードウェアウォレットLedgerとTREZOR!仕組みと安全性まとめ

    ⇒TREZOR(ホワイト)をアマゾンで見たい方はコチラから

    ⇒TREZORを楽天市場で見たい方はコチラから

    ※正規代理店以外から購入しないよう、ご注意ください。

    本ページの内容は、2018年3月14日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。