仮想通貨を守るハードウェアウォレットLedgerとTREZOR!仕組みと安全性まとめ

2018年1月、世間が仮想通貨(暗号通貨)に熱狂している最中に、コインチェック580億円流出事件が起こりました。

この事件を受けて、仮想通貨が安全に管理できるデバイス、ハードウェアウォレットを購入する人が急増しているようです。

自分の資産は他人に任せず、自分で守らないといけません!

今回はハードウェアウォレットについて説明します。

仮想通貨を保管するウォレットは4種類あります

ウォレットとは、日本語に直接訳すと「財布」で、その名の通り、仮想通貨を保管するための重要なお財布なのです。

仮想通貨を保管する形式が違う様々なウォレットがあり、ウォレットによってセキュリティの高さや利便性が異なります。

ウォレットには、インターネットに接続された状態のオンラインで保管される「ホットウォレット」と、インターネットに接続されていない状態のオフラインで管理される「コールドウォレット」の2つのタイプがあります。

イメージで言うと、ホットウォレットは決済に便利で、コールドウォレットは安全に管理できるといった感じです。

そして、このような特性を持つ仮想通貨のウォレットは大きく4種類に分けられます。

仮想通貨を保管する4種類のウォレット

  • オンラインウォレット(ウェブウォレット)
  • クライアントウォレット(ローカルウォレット)
  • ペーパーウォレット
  • ハードウェアウォレット

オンラインウォレット(ウェブウォレット)

オンラインウォレット(ウェブウォレット)とは、インターネット上でサービスを提供し、仮想通貨を管理するウォレットです。

bitFlyerビットフライヤー)Zaif(ザイフ)のような仮想通貨取引所のウォレットもこれにあたります。

オンライン上に存在するウォレットのため、ハッキング対策として複雑なパスワード設定や、2段階認証などのセキュリティを強化し、信用できる運営会社や取引所のサイトを選ぶ必要があります。

  • メリット
  • 口座開設・各種設定が簡単にでき、非常に便利

  • デメリット
  • ハッキングにより仮想通貨が盗まれるリスクがある
  • 取引所のウォレットの場合は破綻リスクがある

クライアントウォレット(ローカルウォレット)

クライアントウォレット(ローカルウォレット)は、自分のパソコンやスマホにソフトウェアをダウンロードして、ローカル環境という、インターネットに接続されていない状態での操作が可能なウォレットです。

インターネットに接続されていない状態で保管するので、オンラインウォレットと比べるとセキュリティが高いウォレットと言われています。

  • メリット
  • オンラインウォレットと比較するとセキュリティが高い
  • 取引所が潰れても影響しない

  • デメリット
  • インストール・設定に手間がかかり、パソコンの容量が必要
  • パソコンやスマホが壊れたら仮想通貨が取り戻せなくなる
  • 個人でウイルス対策、セキュリティ対策が必要

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは仮想通貨を運用する際に必要なアドレスやパスワードを紙で保管する方法です。

インターネットから完全に遮断されているため、安全性が高い管理方法と言われていますが、紙なので紛失や破損に注意しないといけません。

  • メリット
  • 取引所が破綻しても影響がない
  • ハッキングやウイルス感染の恐れがない

  • デメリット
  • 紛失や破損の可能性がある
  • 残高確認が面倒で利便性が悪い

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、USBメモリのような端末をパソコンに接続して利用するウォレットです。

インターネットと切り離して管理できるため、ハッキングに強くセキュリティが高いと言われています。

  • メリット
  • ハッキング、ウイルス感染に強い
  • 取引所が破綻しても影響がない

  • デメリット
  • 信用できる端末を購入しないといけない
  • 端末を利用する際に必要なパスフレーズなどを厳重に管理する必要がある
ここでのまとめ
  • ウォレットは仮想通貨を保管する大事なお財布の役割がある
  • ウォレットによって、保管方法・セキュリティの高さ・利便性が違う
  • では次に、仮想通貨にハッキングの脅威があると知れ渡ったコインチェックの一件以降、注目度が急上昇中のウォレットである「ハードウェアウォレット」をもっと詳しく見てきましょう。

    仮想通貨のお財布には安全性の高いハードウェアウォレットがおすすめ

    仮想通貨取引所に保管しておくとハッキングリスクが高まります。

    対して、ハードウェアウォレットは、インターネットから切り離して保管できる端末なので、ハッキングリスクがない安全なウォレットとして注目されているのです。

    ハードウェアウォレットで保管していれば、取引所で起こる仮想通貨流出事件に巻き込まれることがありませんし、取引所が破綻しても自分には影響がありません。

    ただ、端末型のウォレットといっても、そのハードウェアウォレット本体の中に、仮想通貨が入っているわけではないのです。

    「え?どういうこと?」と思った方もいらっしゃるかと思いますので、次にハードウェアウォレットの仕組みを説明したいと思います。

    ハードウェアウォレットの仕組みを説明します!

    ハードウェアウォレットの仕組み
    実はハードウェアウォレットの中には、仮想通貨は入っていません。

    ハードウェアウォレットの中には、仮想通貨にアクセスするための必要な鍵が入っているんです。

    インターネットを介して仮想通貨のデータにアクセスするためには、公開キー(各通貨のアドレスで公開鍵ともいわれる)と自分しか知らない秘密キー(秘密鍵)が必要で、仮想通貨を送金するためには、その公開キーと秘密キーが一致しないと送金できないのです。

    仮想通貨のデータにアクセスするための大事な秘密キーのデータが、ハードウェアウォレットの中に保管されているというわけなのです。

    オンライン上の仮想通貨のデータが金庫に入っていると仮定してみましょう。

    金庫の中の仮想通貨を狙っている泥棒に仮想通貨を取られないためには、あなたは金庫をロックする必要があります。

    また、金庫を開けるためにはロックを解かなければなりません。

    そのロックを掛けたり、解いたりする鍵がハードウェアウォレットなのです。

    鍵がささったままでは、泥棒に金庫を簡単に開けられてしまいますので、鍵であるハードウェアウォレットをパソコンから抜いてオフラインの状態で保管しておけば、ハッキングの被害から仮想通貨を守れるのです。

    ここでのまとめ
    ハードウェアウォレットはオンライン上の仮想通貨にアクセスする際に必要な鍵のような役割

    PINコードとリカバリーフレーズは重要です!

    PINコードとは、ハードウェアウォレットで最初に設定するパスワードで、本体を立ち上げる際に入力を求められます。

    つまり、ハードウェアウォレットが盗まれても、PINコードが分からないとハードウェアウォレットは使用できないのです。

    このPINコードを入力しないと、ハードウェアウォレットが使えず仮想通貨にアクセスできないので、PINコードは忘れないように気をつけましょう。

    万が一PINコードを忘れたら、リカバリーフレーズで再設定が可能です。

    リカバリーフレーズとは、初期設定時に書き出す12~24の英単語が並んだ秘密キーのようなもので、自分のウォレット(仮想通貨)すべてといってもいいくらい大事なものです。

    復元パスフレーズ、復元フレーズ、リカバリーシードなどとも言われ、自分の全てのウォレットのバックアップをとっている感じです。

    このリカバリーフレーズを他人に知られないようにすることで、自分のウォレット(仮想通貨)を守ることができるんです。

    ハードウェアウォレットの故障・紛失したときの対処法

    ハードウェアウォレットが故障・紛失しても、リカバリーフレーズさえあれば復元が可能で、逆にリカバリーフレーズを失ってしまうと、二度と自分のウォレット(仮想通貨)を復元することができません。

    リカバリーフレーズは、初期設定時の12~24の英単語を厳重に保管することがポイントですので、無くさないようにするのはもちろんのこと、誰かに見られたり、盗まれたりしないように保管しましょう。

    ここでのまとめ
    • PINコードとリカバリーフレーズは絶対に忘れてはいけない
    • PINコードはハードウェアウォレットが他人に使用されるのを防ぐイメージ
      リカバリーフレーズは自分の仮想通貨が他人に使用されるのを防ぐイメージ

    • リカバリーフレーズは
    • 12~24個の英単語からなるパスフレーズ
      リカバリーフレーズがあればハードウェアウォレットが故障・紛失の際も復元が可能なので管理を厳重にする必要がある

    ハードウェアウォレットの使い方

    ハードウェアウォレット本体をパソコンに接続して、PINコードを入力します。

    PINコードを打ち込むとロックがはずれて、仮想通貨の取引が可能になります。

    ハードウェアウォレットの中に、暗号化されたリカバリーフレーズが入っているので、PINコードの入力だけで仮想通貨にアクセスできて送受金ができるのです。

    万が一、PINコードを忘れてしまった場合は、リカバリーフレーズがあれば再設定できますので安心してくださいね。

    ここでのまとめ
    • 本体をパソコンに接続してPINコードを入力すれば取引が開始できる
    • PINコードを忘れてしまってもリカバリーフレーズで再設定できる

    おすすめのハードウェアウォレットをご紹介します
    Ledger Nano S,Ledger Blue,TREZORを比較

    ハードウェアウォレットの中でも有名なLedger Nano S(レジャー・ナノS) 、Ledger Blue(レジャー・ブルー)、TREZOR(トレザー)がありますが、これらは仕様や対応している仮想通貨がそれぞれ違うようです。

    Ledger Nano S (レジャー・ナノS)

    レジャーナノSについて

    (画像引用元:Ledger Nano s公式HP)

    ⇒Ledger Nano S の公式HPはコチラから

    フランスのLedger社が開発しているハードウェアウォレットLedger Nano Sです。

    保管に対応できる仮想通貨が多く、2018年2月の時点で27種類の仮想通貨が対応可能で、今後も対応通貨が増えていくようです。

    Ledger Nano Sが対応している仮想通貨は以下の通りです。
    レジャー対応仮想通貨

    (画像引用元:Ledger Nano s公式HP Companion apps )

    2018年2月現在、Ledger Nano Sが対応できるのは、BITCOIN、ETHEREUM、LITECOIN、FIDO U2F、DOGECOIN、ZCASH、DASH、STRATIS、RIPPLE、HELLO、BITCOIN CASH、KOMODO、ETHEREUM CLASSIC、POSW、ARK、STELLARなどです。

    ▼Ledger NanoS 日本正規販売代理店からのご購入はコチラから▼

    Ledger Nano Sの使い方

    初期設定を行い、設定が終わったら、パソコンにLedgerWalletの仮想通貨アプリをインストールして利用します。

    →詳しい使い方は公式HPをクリック

    公式サイトは英語です。

    仮想通貨取引所Zaifが「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)日本語マニュアル」を紹介しているので日本語で確認されたい方は、こちらを確認してくださいね。
    →Zaif「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)日本語マニュアル」

    気をつけていただきたいのは、Ledger Nano Sは保管に容量があるので、4~5種類以上の仮想通貨を同時に保管することができません。

    対応できるすべての仮想通貨を1台にインストールして操作することができませんので、多くの仮想通貨を保管したい方は2台以上を購入する必要があるんです。

    2台以上の端末を使って管理するのが面倒な方は、次に紹介するLedger Blueをおすすめします。

    Ledger Blue(レジャー・ブルー)

    レジャーブルーについて

    (画像引用元:Ledger Blue公式HP)

    ⇒Ledger Blueの公式HPはコチラから

    Ledger Blueは、スマホのような液晶画面のあるタイプのハードウェアウォレットです。

    価格が、Ledger Nano Sと比較して3万円程度高額に設定されていますが、タッチスクリーンでUSB接続が可能なので、操作しやすく使い勝手が良いです。

    仮想通貨に関しては、Ledger Nano Sが対応している仮想通貨が27種類に対して、Ledger Blueは25種類なので保管ができる仮想通貨が2つ少ないです。

    その通貨は、Ark (ARK)Stellar (XLM)の2つです。

    このArk (ARK) とStellar (XLM)を保管したい方は、Ledger Nano Sの利用をおすすめします。

    また、Ledger Blueは、充電タイプなので、バッテリーが切れていると充電する必要があり、画面が立ち上がるまで時間がかかるデメリットもあります。

    Ledger Blueの最大のメリットは、8~10種類の仮想通貨を1台で保管できること!

    Ledger Nano Sが1台で保管できる仮想通貨の種類は4~5つなので、より多くの種類を1台で管理したい場合は断然、Ledger Blueがおすすめです。

    5種類以上の仮想通貨を持っていて、「1台で管理したい!」という方は、Ledger Blueをチェックしてみてください。

    ⇒Ledger Blueをアマゾンで見たい方はコチラから

    ⇒Ledger Blueを楽天市場で見たい方はコチラから

    Ledger Blueの使い方

    初期設定はLedger Nano Sとほとんど同じで、設定が終わるとLedgerアプリをインストールして利用します。

    Ledger Blueでインストールできる仮想通貨は8~10種類ですので、必要に応じてインストールして利用してくださいね。

    →詳しい使い方は公式HPをクリック
    ※公式HPは英語です。

    TREZOR(トレザー)

    トレザーについて紹介

    (画像引用元:TREZOR公式HP)

    ⇒TREZORの公式HPはコチラから

    TREZOR(トレザー)はLedger Nano SやLedger Blueほど対応している仮想通貨がありませんが、パソコンにUSB接続してウォレットにアクセスすると簡単に利用できるので、使いやすさで人気があるようです。

    TREZORが対応している仮想通貨は以下の通りです。
    トレザー対応仮想通貨

    (画像引用元:TREZOR公式HP TREZOR Frequently Asked Questions)

    2018年2月現在、TREZORが対応できるのは、BITCOIN、LITECOIN、DASH、ZCASH、BITCOIN CASH、BITCOIN GOLD、ETHEREUM (+ all ERC-20 tokens)、ETHEREUM CLASSIC、EXPANSE、UBIQ、NEM、MONACOINなどです。

    ⇒TREZOR(ホワイト)をアマゾンで見たい方はコチラから

    ⇒TREZORを楽天市場で見たい方はコチラから

    TREZORの使い方

    TREZORはLedgerと比較して初期設定が簡単です。

    TREZORは、Ledgerと違って、初期設定を済ませると仮想通貨のアプリをインストールする必要がありません。

    「TREZOR Bridge」というソフトウェアをインストールすることで、対応している仮想通貨の送受金が可能になります。

    ETHEREUMやETHEREUM CLASSICなどは「EtherWallet」、NEMは「NEM Nano Wallet」をダウンロードすると保管が可能になります。

    →詳しい使い方は公式HPをクリック
    ※公式HPは英語です。

    公式サイトは英語ですが、仮想通貨取引所Zaifが「TREZOR™(トレザー)日本語マニュアル」を紹介しているので日本語で確認されたい方は、こちらをご確認くださいね。
    →Zaif「TREZOR™(トレザー)日本語マニュアル」

    Ledger Nano S,Ledger Blue,TREZOR比較

    Ledger Nano S・Ledger BlueとTREZORの大きな違いは対応している仮想通貨の種類です。

    Ledger Nano SとLedger Blueの強みは、リップルに対応している点です。

    リップルを保有したい方はLedger Nano SあるいはLedger Blueの購入をオススメします。

    ビットコインイーサリアムなど、TREZORが対応している仮想通貨の保有で十分な方は、インターネット上の口コミでも使い勝手が良いと評判の高いTREZORをおすすめします。

    ここでのまとめ
  • 対応仮想通貨が多いのはLedger Nano Sだが保管できる仮想通貨は4~5種類まで
  • ひとつの本体で8~10種類の仮想通貨を管理したい場合はLedger Blue
  • リップルを保管したい場合はLedger Nano SかLedger Blue
  • 初期設定が簡単で使い方が分かりやすいのはTrezor
  • ハードウェアウォレットの注意点とリスクについて

    今のところ安全性が高いといわれているハードウェアウォレットですが、100パーセント安全とは言い切れません。

    例えば、ハードウェアウォレットを購入する先に注意する必要があります。

    Amazon、ヤフオク、フリマなどで、商品の出所が不透明な出品者から購入すると、不正なプログラムが仕込まれている可能性があるんです。

    現にメルカリは、ハードウェアウォレットの出品を禁止しています。

    ハードウェアウォレットは必ず正規販売代理店のものだと確認してから購入しましょう。

    ※アマゾンは、「新品の出品」のリンクから「コンディション」の文章で確認できます。

    不正なプログラムを仕込まれている場合、送金時に身に覚えのないアドレスに摩り替わっていることがあります。

    送信ミスで仮想通貨を失うのを防ぐためにも、送金の際は自分が送ろうとしている先のアドレスかどうか、ハードウェアウォレットのスクリーンを毎回確認してから送金しましょう。

    また、少額をテスト送金してから、本送信を行うことをおすすめします。

    ハードウェアウォレットを購入すると、初期設定は必ず自分で行いましょう。

    ハードウェアウォレットは、どのメーカーでも最初に自分で初期設定を行うものです。

    初期設定済みの状態で送られてきたものは、すでに何者かが設定している証拠で、仮想通貨が盗まれてしまいます。

    ハードウェアウォレットを購入の際は、必ず自分で初期設定をしましょう。

    仮想通貨は法定通貨と違って銀行のような後ろ盾がありません。

    すべて自己責任で行うものですので、常にセキュリティの意識を持っておきましょう。

    ここでのまとめ
    • ハードウェアウォレットは必ず正規販売代理店で購入すること
    • 初期設定は必ず自分で行うこと
    • 送金する際は送金先アドレスを必ず確認し、テスト送金を必ず行うこと
    • ハードウェアウォレットでもリスクがあるのでセキュリティ意識を持っておくこと
    本ページの内容は、2018年2月20日時点での情報です。

    GOTTAのLINE@ができました!!

    最新情報や、
    人気の記事をお届け中!

    友だち追加よろしくお願いします!

    LINE@はこちら

    ※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。