リップルを買う取引所はどこを選べばいい?日本・海外のおすすめ取引所10選!

ここ最近は、チャート推移を見るのがこわい程、上がり下がりが激しい仮想通貨ですが、できるだけ下がったタイミングに買うということが重要です。

そのため、リップルも、下がり続けている今がまさに買い時ということが言えるのです。

以前のページでは、リップルの今後、将来性について解説しました。

リップルの今後を予想!2018年以降は価格が上がるのか下がるのか?


今回は、リップルコインを買うことができる取引所・販売所を、初心者の方でもわかりやすいように、ご紹介していきます。

リップルコイン(XRP)を購入できる取引所・販売所一覧

仮想通貨を購入するには、「取引所で買う場合」と「販売所で買う場合」の2つのパターンが考えられます。

そもそも、この2つの違いは何でしょうか。

最も大きな違いは、取引相手です。

・取引所は、ユーザー同士が直接、売買する場所
・販売所は、業者相手に売買する場所

その他にも、取引画面や手数料・スプレッドにも違いがあります。

どちらがいいかは、一概には言えませんが、少しでも安く買いたい人は取引所、早く買いたい人は販売所を使うといいでしょう。

リップルを扱う国内取引所・販売所

・Bitbank(ビットバンク)
・Coincheck(コインチェック)
・GMOコイン
・Bittrade(ビットトレード)
・DMM Bitcoin
・Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)

リップルを扱う海外取引所

・Binance(バイナンス)
・Bittrex(ビットトレックス)

2018年にリップルの取扱いを開始する予定の取引所

・BITPoint(ビットポイント)
・SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)

リップルを取引所で購入するには? 口座開設から購入までの流れ

取引所によって、多少の違いはありますが、概ね次のような手順になります。

①リップルが買える仮想通貨取引所で、アカウント作成をする

それぞれのサイトで、メールアドレスやパスワードを入力し、アカウントを作成します。

メールアドレスは、普段使っているものを使いまわしするよりも、仮想通貨取引専用のものを取得するといいでしょう。

②SMS認証

携帯番号を入力し送信することで、SMS等で認証番号が送られてきます。

その番号を、登録画面に入力すれば、完了です。

③個人情報を入力する

氏名、性別、生年月日、郵便番号、住所などを入力していきます。

提出する本人確認書類と同じ表記で入力するようにしてください。

例えば、○丁目◎番地を、○-◎と表記すると、通らない可能性があります。

④本人確認書類をアップロード

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどの画像をアップロードします。

取引所によって、本人確認書類として有効な書類が異なりますので、注意してください。

⑤後日、本人確認完了のハガキが送られてくる

問題なければ、数日後、登録した住所に、本人確認完了のハガキが送られてきます。

ハガキが手元に届くまでには、早いと2日程度で、遅いと1ヶ月以上掛かる場合もあるようです。

このハガキを受け取ったら、口座開設が完了となります。

⑥日本円もしくはビットコインを入金する

リップルコインをはじめ、仮想通貨を購入するためには、取引所にお金を入れる必要があります。

取引所の銀行口座に日本円を振り込む方法や、クレジットカードでビットコインを購入する方法、コンビニ入金する方法、ペイジーを利用したクイック入金をする方法などがあります。

⑦実際に仮想通貨を購入する

後は、好きな仮想通貨を購入するだけです。

買う数量を選んで、確定ボタンを押しましょう。

リップルを取引所で購入した後はリップル専用ウォレットに!それぞれの特徴を比較してご紹介

仮想通貨を始めるにあたり、最も気になるところは、何と言っても「セキュリティ面」ではないでしょうか。

実際に、ハッキング被害が、全世界中で頻繁に起きており、いつ自分が被害に遭ってもおかしくない状況です。

そこで、仮想通貨を守ってくれるのが、「ウォレット」と呼ばれる電子財布です。

仮想通貨は、購入後、取引所のウォレットに保管されますが、それをそのまま取引所に保管するのは、ハッキングされて盗まれてしまう可能性があるので、危険です。

そのため、各自のウォレットに移動させて保管することをおすすめします。

ウォレットは、大きく分けて4種類存在しています。

①オンラインウォレット(ウェブウォレット)
②ローカルウォレット(PC:デスクトップウォレット、スマホ:モバイルウォレット)
③ハードウェアウォレット
④コールドウォレット(ペーパーウォレット)

それぞれの仮想通貨専用のウォレットを使うことが一般的で、リップルを買った方へにおすすめは、下記の4つです。

①Gatehub(ゲートハブ)


画像出典元:Gatehub公式サイト

Gatehubは、リップル用に開発されたオンラインウォレットで、自分で秘密鍵(シークレットキー)で管理するタイプです。

日本語が非対応で、英語表記なのですが、直感でわかる部分が多いので、安心です。

②Toast Wallet!(トーストウォレット)


画像出典元:Toast Wallet!公式サイト

Toast Wallet!は、オフライン環境でも使用できる、モバイルウォレットです。

AndroidにもiPhoneにも対応しています。

③Ledger Nano S(レジャーナノS)


画像出典元:Ledger Nano S公式サイト

Ledger Nano Sは、リップルだけでなく、ビットコインやイーサリアムなどにも対応しているハードウェアウォレットです。

USBのような専用媒体に保管するもので、Amazonでも売られています。

セキュリティ面から見ると、1番のおすすめです。

④Ripple Paper Wallet Generator(リップルペーパーウォレットジェネレーター)


画像出典元:Ripple Paper Wallet Generator公式サイト

Ripple Paper Wallet Generatorは、秘密鍵を発行し、紙に印刷して保管しておくペーパーウォレットです。

ハードウェアウォレットと並び、リスクが少なく、安全にリップルを保管できる方法です。

リップルの投資をするなら、いろいろな情報を見て最新情報を耳に入れておくこと


リップルをはじめ、仮想通貨投資をする上で重要なのは、情報収集をすることです。

価格が刻一刻と変化するため、情報も常に新鮮な情報を手に入れておく必要があります。

例えば、リップルの場合では、リップル公式ブログや、リップルの公式ツイッターは、欠かさずチェックしておくといいでしょう。

その他には、海外ニュースや2chなどの掲示板にも、たくさんの情報が溢れています。

ただし、掲示板はデマや、自分に有利になるポジショントークも多いので、注意してください。

毎日、こまめに最新情報をチェックすることこそ、仮想通貨の投資が成功するかどうかを左右すると言っても過言ではありません。

リップルを購入する際の取引所の選び方

国内だけでも、リップルを取り扱う取引所はたくさんあり、それぞれメリット・デメリットも違います。

では、「結局どこを選べばいいんだろう?」と迷いますよね。

取引所を選ぶ際には、簡単に言うと、以下の4つの点がポイントになります。

1.セキュリティ体制・安全性の高さ

取引所の破綻や、仮想通貨の盗難などが多く発生しているので、セキュリティ体制が万全で、信頼できる取引所を選ぶ必要があります。

例えば、二段階認証トークンの入力などを一定回数間違えると、ロックされるかどうか、外部へ送金する際に、様々な認証を設けているかどうかなどを、選ぶ基準にするといいでしょう。

2.手数料の安さ

取引手数料、入出金手数料、レバレッジ手数料など、掛かる手数料ができるだけ安い取引所を選びましょう。

取引所によって、1回数十円~数百円の違いが出る場合もあります。

3.スマホアプリ画面の使いやすさ

仮想通貨の取引をする場合、多くの方が、スマホを使うと思います。

「この取引画面が見やすいしわかりやすい」という感覚が、人によって違うので、自分が使いやすいと思う取引所を使うというのも、1つの選ぶ基準になりそうです。

4.取引通貨の豊富さ

取引所によって、取り扱う仮想通貨の銘柄が違います。

リップルを購入した後、別の仮想通貨も買いたいと思うかもしれませんので、最初から、なるべく取り扱うアルトコインが多い取引所を選んでおくといいでしょう。

まとめ

仮想通貨を買いたいと考えている人は、1日でも早く、取引を開始したいと思っていますよね。

しかし、現在、仮想通貨に人が殺到していて、本人確認ハガキの郵送に時間が掛かっている状況です。

そのため、複数の取引所に登録をしておけば、受け取ったものから購入ができるので、時間短縮になります。

また、取引所によって、仮想通貨の価格差がありますので、複数の口座開設をしておいて、どこで買うのかを選択するという方法もおすすめです。

基本的に、アカウント作成は無料ですので、いくつかの取引所に登録して、試してみてはいかがでしょうか。

本ページの内容は、2018年2月16日時点での情報です。

GOTTAのLINE@ができました!!

最新情報や、
人気の記事をお届け中!

友だち追加よろしくお願いします!

LINE@はこちら

※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。