仮想通貨とは?ビットコイン誕生から現在までを徹底解説!

テレビや雑誌で「仮想通貨」「ビットコイン」という言葉を頻繁に目にするようになりました。

子どもから「仮想通貨って何?」「ビットコインって?」と聞かれたら「知らない」とはなんとなく言い出しにくい雰囲気になってきましたよね。

今回は、世間をザワつかせている仮想通貨やビットコインについてまとめてみました。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は600種類以上あるといわれています。
出典:ビットコイン用語集 仮想通貨 bitFlyer

仮想通貨(バーチャル・カレンシー)は、インターネット上で「通貨」としてやり取りすることができる、目に見えない仮想の通貨なんです。

イメージしやすいのが、オンラインゲーム内で使える仮想の通貨や電子マネーですが、これらとの徹底的な違いは、仮想通貨は日本円、ドルなど法定通貨と交換することができる点です。

また、日本円やドルのような法定通貨は、中央銀行に管理され、金融機関を経由してやりとりしますが、仮想通貨は真ん中に管理者がいて全体をコントロールする存在を持っていません。

つまり、国家による保証が無く、中央銀行のようなものが存在しないため、自由にお金のやり取りを行うことができるのです。

このような仕組みによってどのようなメリットがあるのかというと、例えば、送金や決済の時間が大幅に短縮でき、送金手数料を安く抑えれるといったことが挙げられます。

そして現在、仮想通貨は1000種類以上あると言われていて、今もなお増え続けています。

何千種類ある仮想通貨を語る上で忘れてはいけないのがCryptocurrency Bitcoin(暗号通貨ビットコイン)、通称ビットコインです。

ビットコインは仮想通貨のひとつで、このビットコインこそが仮想通貨の誕生に深く関わっているんです。

ちなみに仮想通貨の先駆けとなったビットコインは、日本では仮想通貨として通っていますが、海外では暗号通貨(クリプト・カレンシー)として通っているようです。

なので、呼称の違いで、仮想通貨と暗号通貨の意味に違いはありません。

仮想通貨とは
  • 仮想通貨はインターネット上で「通貨」として取引できる目に見えない通貨
  • 仮想通貨は中央銀行を持たないので自由にやり取りができるが、国家という後ろ盾がないため保証もない

そもそも、仮想通貨ってどうやって誕生したのでしょうか?

仮想通貨の誕生から現在までの歴史

仮想通貨の生い立ち

仮想通貨第1号はビットコイン!ビットコインの生い立ちとは

仮想通貨の歴史は、2008年に、「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が公開した論文から始まりました。

「サトシ・ナカモト」は、ビットコインという仮想通貨を用いて、これまでの「中央で管理者が通貨を発行する」という仕組みではなく、高度な暗号技術を使って、金融機関を介在しないでお金の取引ができる「仮想通貨」のアイデアを論じました。

この発想の背景について、「サトシ・ナカモト」が2008年のリーマンショック時に、アメリカ中央銀行の対応から現在のお金の仕組みに疑問を持ったことが開発の始まり、とか、アメリカ国内の送金時間をより早く、送金手数料をより安くすることを目的したのが開発の始まり、などと言われています。

仮想通貨が生まれた理由
  • 国家や中央銀行に管理されないで世界中と自由にお金のやり取りをしたい!という思いで初の仮想通貨ビットコインが誕生した

仮想通貨ビットコイン取引の始まり

「サトシ・ナカモト」の論文を読んで触発された研究者やエンジニア集まってプログラミングを行い、2009年1月にビットコインが初めて発行されました。

そして、2010年2月に、ビットコインの両替ができる取引所が誕生し、同年5月にビットコインを使った初の決済が行われました。

このとき、あるエンジニアが1万ビットコインでピザ2枚を注文したという逸話があります。

この取引は、初めてのビットコイン取引と言われていて、現在のレート(2018年1月)に換算すると、約120億円でピザ2枚を購入したことになるんです。

ここまでの歴史まとめ
  • 2008年:「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が公開した論文が仮想通貨の始まり
  • 2009年:ビットコイン運用開始
  • 2010年5月:アメリカで初めてビットコインが決済に使われる

仮想通貨ビットコインが決済手段として利用される理由

このビットコインが決済手段として利用されるようになった理由は、ブロックチェーンという信頼性の高い技術にあるんです。

ブロックチェーンとは、ビットコインを構成している要素のひとつで、情報と情報のブロックを「チェーン」状につなげているような形をとっていることからこの名がつきました。

分散してユーザー同士が管理し合える構造と、情報のブロックがつながることでデータの改ざん予防が行える画期的な技術により、ブロックチェーンを使ったサービスは、決済手段はもとより、様々な業界での活用が期待されているんです。

このような理由から、仮想通貨ビットコインは、次第に基盤が整い、普及し続けます。

ブロックチェーンという信頼性の高い技術に加えて、即時に送金が完了し、送金手数料が安いという理由から、誰もが仮想通貨ビットコインの利便さに魅了されたのです。

情勢が不安定な国の人は、金融危機を乗り越える方法として、不安定な自国の通貨をビットコインに換えて金融危機を乗り越えました。

一方で、ビットコインの半匿名性を悪用し、違法サイトの決済手段にビットコインが使われため、ビットコインの黒歴史が作られてしまうことにもなったのです。

仮想通貨ビットコインを使った闇取引

2011年にオンライン闇市場、違法サイトの「シルクロード」が誕生しました。

「シルクロード」は、薬物や銃などの違法のものの取引に使われるサイトで、そのサイトでの決済手段にビットコインが使われていたのです。

結果として、2013年10月に「シルクロード」の創業者はFBIに逮捕され、サイトは閉鎖されました。

サイトが閉鎖されたものの、仮想通貨が闇社会で使用された事実により、仮想通貨の悪用に対する懸念は、いまだ払拭されていません。

仮想通貨ビットコインで金融危機を乗り越える

2013年3月、キプロス共和国は財政破綻してしまい、キプロス国内の銀行では預金封鎖が実施される事態に陥りました。

そこで、自分たちの預金を守る方法のひとつとして、仮想通貨のビットコインが使われました。

通貨は国家の財政破綻により価値を失いますが、中央銀行を持たないビットコインは、政府の影響を受けることなく、それによって価値を失うことがないのです。

自国の通貨よりビットコインが安全だと考えたキプロスの預金者は、資産をビットコインに分散させ、銀行が閉鎖された状況下でも、ビットコインで決済し、ビットコインのATMで現金を引き出すことができたのです。

このような経緯により、ビットコインは、仮想通貨の有効性を世界中の人々に認識させることになったのです。

ここまでの歴史まとめ
  • 2011年:違法サイト「シルクロード」の決済手段としてビットコインが使われる
  • 2013年10月:違法サイト「シルクロード」閉鎖
  • 2013年3月:キプロス金融危機にビットコインが大活躍

仮想通貨ビットコインの価値が上昇し始める

仮想通貨の価値が上がる
次第に認知されるようになった仮想通貨のビットコインの価値は上昇し始めます。

ビットコインは、採掘(マイニング)によって発行される仕組みで、量も調整されていて、発行総量は2140年までに2,100万 ビットコインと決められています。

しかも4年ごとに発掘できる量が半分になるようプログラムされているので、少しでも多くのビットコインを手に入れようと採掘競争が激しくなりました。

次第に採掘が難しくなったので、現金をビットコインに交換し、値上がりを待つ人が出てきたことにより取引所がスタートし、現在のように1ビットコイン=いくらで取引するようになったのです。

さらに、2013年10月、中国の富裕層がビットコインを爆買いし、ビットコインの価格が一気に上がります。

中国でビットコインが拡大した理由は、国内での厳しい規制が背景にあるんです。

中国国内では、中国元を米ドルやユーロに換えることが難しく、送金の手続きには手間がかかるようです。

なので、中国元をビットコインに換えて、それから米ドルやユーロに換えることで規制の網からうまく逃れることができ、海外企業との取引をしやすくしたのです。

しかし、2013年12月には中国の金融機関はビットコイン取引を禁止する声明を発表し、これにより、ビットコインの価値は急落してしまいました。

ビットコインが狙われた!マウントゴックス事件

2014年2月、恐れていたことが起きます。

世界最大の取引所である、株式会社MTGOX(以下マウントゴックス)が、115億円相当のビットコインをハッキング行為により盗まれて倒産する事件が起きたのです。

この事件は、良くも悪くも日本国内で仮想通貨ビットコインが広く認知されるきっかけとる事件となりました。

そして、仮想通貨の印象は一時的に悪くなったものの、インフラが整い、取引所が増えたことによって仮想通貨の利益に期待した投資家が増加し、仮想通貨時代へと突入していくことになったのです。

ここまでの歴史まとめ
  • 2013年10月:中国の富裕層がビットコインを爆買いする
  • 2013年12月:中国の金融機関がビットコインの取扱いを制限
  • 2014年2月:多額のビットコインがハッキング行為により盗まれ、ビットコイン取引所マウントゴックスが破産

仮想通貨のサービスが開始される

決済手段ではなく、投機目的で仮想通貨を購入する個人投資家が増え始めます。

イーサリアムや日本初の仮想通貨モナコインなど、ビットコインを元にして作成されたアルトコインが続々と誕生しました。

2014年には、日本国内に仮想通貨取引所が次々とサービスを開始し、様々な仮想通貨が取引できるようになりました。

同年6月には国内初ビットコインATMが登場し、仮想通貨ビットコインの価値がますます上昇していきます。

そして2017年4月、これまで購入時に消費税がかかっていた仮想通貨が非課税となり、仮想通貨が商品から通貨へと認められることとなったのです。

この法整備により仮想通貨が「支払い手段」や「投資目的」として日常的なものとなり、今日に至っているのです。

ここまでの歴史まとめ
  • 2014年:日本での仮想通貨取引所が次々とサービスを開始する
  • 2014年6月:国内初、ビットコインATMが登場
  • 2017年:仮想通貨が非課税となり、通貨として認められる

仮想通貨の入手方法とは?どうやって手に入れるの?

仮想通貨の入手方法
ところで、仮想通貨ってどうやって手に入れるのでしょうか?入手方法をご紹介します。

仮想通貨取引所で購入!まずは口座開設から始めよう

大半を占める仮想通貨の入手方法は、仮想通貨取引所において法定通貨(日本円やドル)で仮想通貨を購入する方法です。

仮想通貨取引所では、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」を仲介するサービスを提供しており、仮想通貨の値段は「買いたい人」と「売りたい人」の気持ちで決まります。

まずは仮想通貨取引所に自分の口座を開設しましょう。

日々増え続けている様々な仮想通貨を購入するためには、今のところ、支払い通貨となる仮想通貨のビットコインやイーサリアムが必要となっています。

仮想通貨取引所に口座開設をし、現金でビットコインやイーサリアムを購入しておき、欲しい仮想通貨をいつでも購入できるようにしておきましょう。

仮想通貨はICOで手に入れよう

仮想通貨で現在注目されている入手方法は、未公開時の仮想通貨を購入する方法です。

仮想通貨は、取引所で売買のやり取りができるように上場公開されて行いますが、取引所に上場公開される前に、仮想通貨の発行元の資金調達を目的に、ICO(Initial Coin Offering)というクラウドセールを行い、上場公開前の未公開仮想通貨を販売するのです。

このICOは、プレセール、またはトークンセールとも言われ、上場前にこのようなイベントで事前に仮想通貨を発行して資金を調達しているのです。

仮想通貨を取引所に上場公開し、売買が開始されると、仮想通貨の価格が上がる可能性があります。

このように、上場前の安い価格で購入し、上場後、価格が上がって売却することで差益を得る手法で多額の利益をあげた結果、今話題の「億り人(おくりびと)」になった方が続出しました。

ICOの情報は、購入したい仮想通貨を発行している企業のページを確認してみましょう。

また、ICOの送金や受取り時にはウォレットと呼ばれる電子的な財布が必要になってきます。

ウォレットは仮想通貨を管理する上で重要な役割を持っているので、必ず作っておきましょう。

仮想通貨の入手方法
  • 仮想通貨取引所に口座開設して購入する
  • ICO(トークンセール)で購入する
  • 仮想通貨を始める時には管理するためのウォレットを作っておくこと

仮想通貨で儲ける(億る)ための手法は人それぞれです

おくりびとへの道
仮想通貨はボラティリティ(価格の変動)が非常に激しいので、そこが長所でもあり短所でもあるんです。

なので、自分が好きな仮想通貨を買ったあとは、長期間売らずに、値が上がるのをじっと待っておくのもよし、1日で取引を完結させる短期トレードで利益を出すのもよし、人それぞれです。

リスクを覚悟で、草コイン(誰が作ったのかわからない、先行きが不透明で価値があるのかもわからないコイン)を購入し、大儲けを期待するのも夢がありますよね。

初心者の方は、まずは少額からスタートしてみましょう。

仮想通貨を購入する前に、その仮想通貨がどういった目的で作られたものなのか、これからの方向性など、皆が価値を認めた仮想通貨に投資することをおすすめします。

いずれにせよ情報収集が必要となるので、仮想通貨に関するニュースをしっかりと毎日チェックしておきましょう。

本ページの内容は、2018年2月2日時点での情報です。

GOTTAのLINE@ができました!!

最新情報や、
人気の記事をお届け中!

友だち追加よろしくお願いします!

LINE@はこちら

※記事内のTwitter、instagram、Youtubeの引用は、「Twitterサービス利用規約」、「instagram利用規約」、「Youtube利用規約」に基づいて行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。